仕事を覚える際の苦労は「聞ける人がいないこと」が4割以上 シニアがいきいき働ける職場とは?

「anレポート」が60代~70代の現役シニアバイトの価値観を調査

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)が運営するアルバイト求人情報サービス「an」<http://weban.jp/>は、人事・採用担当者のための情報サイト「anレポート」にて、60歳~79歳のアルバイト・パート従事者343人を対象に就業時の理想的なケアついて調査しましたので、結果を発表いたします。
※シニアがいきいき働ける職場とは? ~現役シニアバイトの価値観を調査~
http://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/trend/20160317.html

<図表1>仕事を覚える際に苦労したこと

 

<図表2>体力面でケアしてほしいこと

 

■仕事を覚える際の苦労は「仕事を教えてほしい時に聞ける人がいない」が4割以上
シニアがアルバイトを始めてから仕事を覚える際に苦労したポイントを聞いたところ、41%の人が「教えてほしい時に聞ける人がいない」と回答しました。具体的には「仕事を覚えるまでは、分からないことはきちんと質問して確認したい」「分からないことを聞いても嫌な顔をせず、丁寧に教えてもらいたい」という声が挙がっており、仕事を教える側には、最初のうちはよく目をかけて仕事をフォローするとともに、気軽に質問できるような雰囲気作りが求められています。続いて、27%の人が「覚えなければいけないことが多すぎる」と回答。具体的には「明確な業務のマニュアルがなく困っている」という声が寄せられています。シニアの視点に立ったわかりやすいマニュアル作りも、優先的に取り組みたい対策の一つと言えます。

 ■55%のシニアが「体力・健康状態の把握・理解」を望む
体力面で考慮してほしいことについて聞いたところ、「体力・健康状態や持病は把握しておいてほしい」という声が55%にのぼりました。シニアを雇用する際は、一人ひとりの体力面、体調面を気にかけながら、仕事がきつくないか等マメに声掛けすることがポイントとなるでしょう。また回答者からは「冷暖房について配慮してほしい」という声が複数挙がっており、寒さ、暑さは想像以上にシニアの身体にこたえていることが伺えます。シニア層の労働環境を整備する上では、空調も重要なチェックポイントとなっています。


「anレポート」サイトでは、上記のほかシニアの「人間関係で苦労した点」「自分へのご褒美」に関する調査結果を掲載しています。詳しくは下記URLからご確認ください。
※シニアがいきいき働ける職場とは? ~現役シニアバイトの価値観を調査~
http://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/trend/20160317.html

 ■「anレポート」について http://weban.jp/contents/an_report/
「anレポート」は人材採用・育成に携わる人事・採用担当者のためのメディアサイトです。人材採用に関連したオリジナルの統計・データや平均賃金、採用のプロによる面接や教育ノウハウ、アルバイトを生かす企業の取り組みなど、採用・育成に役立つ情報をお届けしています。

 ■「an」について http://weban.jp/
「an」は、1967 年、「日刊アルバイトニュース」として創刊された求人媒体で、以降 40 年以上にわたり、主に若年アルバイト層の支持を受け、全国でアルバイトを中心とした求人情報提供を行ってきました。現在は、スマートフォン・PCの Web サイト、フリーペーパー、アプリのメディアミックスによるサービスを展開。より多くの人と組織の最適なマッチングを目指してまいります。 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アルバイト求人情報サービス「an」 >
  3. 仕事を覚える際の苦労は「聞ける人がいないこと」が4割以上 シニアがいきいき働ける職場とは?