新ホワイトペーパー発表、優れたECプラットフォームが買い物客にとって必ずしも優れているとは限らない理由

ECプラットフォーム企業は継続的に便利な機能追加をすることで競い合っていますが、ウェブパフォーマンスについてはいまだ見逃されがちです。たとえ最新鋭の機能をずらりと並べても買い物客が使い心地が悪いと感じてしまったら、その高度な機能を楽しむ前に買い物客は離れてしまうでしょう。何よりもまずスピードが肝心です。
グローバルCDNプロバイダの株式会社シーディーネットワークス・ジャパン(東京都新宿区、以下CDNetworks)は、近年アジアを中心に成長著しいEC市場を支えるECプラットフォームのウェブパフォーマンスの重要性についてまとめたホワイトペーパーを本日発表しました。

本資料では、未だ多くのECプラットフォーム企業に見逃されがちなウェブパフォーマンスについて様々なデータを公開しています。そして、これを解消するためのベストなCDNプロバイダを見極める方法についても紹介しています。

ECサイトで最新鋭の便利機能を提供しているにも関わらず、ユーザエクスペリエンス向上がなかなか図れない、ECサイトからの買い物客の離脱率が高いなど、ウェブパフォーマンスにまつわるお悩みを抱えている企業のご担当者さまは、是非ご一読の上、貴社のウェブサービス改善のヒントとしてお役立てください。

ホワイトペーパー:
優れたECプラットフォームが買い物客にとって必ずしも優れているとは限らない理由
https://www.cdnetworks.co.jp/data/whitepaper.html#wp-26

 


目次:
1.ウェブパフォーマンスが収益に及ぼす影響
2.ECプラットフォームの欠点はウェブパフォーマンスの低さである
3.ウェブパフォーマンス向上のためにすべきこと
4.ベストなCDNを見極める方法 など



CDNetworksのCDNサービス「ウェブパフォーマンス・スイート」についてはこちら
https://www.cdnetworks.co.jp/service/
CDNetworksは、お客様のウェブサイトやウェブアプリケーションのパフォーマンス、信頼性、拡張性、安全性を包括的に向上するためのサービスを提供しています。これらは、高度に相互連携するよう最適化されているため、組み合わせてご利用いただくことでより高いパフォーマンスを発揮します。

以上

About CDNetworks
CDNetworksは、CDN(コンテンツ・デリバリ・ネットワーク)プロバイダとして、グローバルリーチに優れ、豊富なキャパシティをベースに大規模に展開するCDNプラットフォームにおいて日々40,000以上のウェブを高速化しています。また独自開発の高い技術力と柔軟できめ細やかなサービス力で、エンタープライズ・アドテク・ソフトウェア・eコマース・ハイテク・メディアおよびゲームなど幅広い業界のお客様へサービスを提供しています。中国や東南アジア、そしてインド、中東、ロシア、アフリカ、中南米などの新興市場においても自社拠点(PoP)によって企業のグローバルな配信をサポートしている、唯一の、そしてアジア最大級のグローバル企業です。2000年に設立されたCDNetworksは、日本・韓国・中国・シンガポール・英国、独国、そして米国にオフィスを構えています。詳細については、https://www.cdnetworks.co.jpをご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CDNetworks Japan >
  3. 新ホワイトペーパー発表、優れたECプラットフォームが買い物客にとって必ずしも優れているとは限らない理由