テラドローン、県営名古屋空港内において、無人航空機(ドローン)を活用した実証実験に成功

PRESS RELEASE

平成29年9月29日
テラドローン株式会社

県営名古屋空港内において、無人航空機(ドローン)を活用した実証実験に成功しました

テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:徳重徹)名古屋鉄道株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:安藤隆司)、中日本航空株式会社(本社:愛知県西春日井郡豊山町、代表取締役社長:柴田拓)、株式会社コハタ(本社:北海道旭川市、代表取締役社長:木幡光範)は、共同で無人航空機(以下、ドローン)による滑走路や施設点検の実用化に向けた実証実験に成功しました。

今回実施した実証実験は、県営名古屋空港内の駐機場および中日本航空株式会社の社屋上において、ドローン搭載型レーザ計測装置(TOKI)による3次元計測と空撮用ドローンによる運行管理を行い、路面および建屋のデータ収集を図りその状態を把握するためのもので、今回の実験では計3回(約15分)の計測飛行を行いました。
今後も今回の成果を活かし、ドローンによる施設点検サービスの実用化に向けた取り組みを進め、将来的には空港における施設点検の効率的な体制づくりを目指します。
詳細は下記のとおりです。


1.実験内容 ドローンによる滑走路や施設点検の実用化に向けた実証実験
         ・ドローン搭載型レーザ計測装置(TOKI)による格納庫・路面・施設点検
・空撮用ドローンによる撮影
・ソフトウェア(TERRA UTM)による運行管理

2.日   時 9月1日(金) 5:00~6:00

3.場   所 県営名古屋空港内の駐機場および中日本航空株式会社社屋周辺

                         
○テラドローン株式会社

設立:2016年
資本金:1億3,300万円
事業内容:土木測量、鉱山測量、橋梁等施設・インフラ点検などの産業向けドローンサービスのグローバルプロバイダー。年間400件以上のサービス提供実績と共に、ドローンの運行管理(TerraUTM)および画像解析(TerraMapper)のソフトウェア開発力も強み。


【ドローン概要】
○ドローン搭載型レーザ計測装置(TOKI)


サイズ:1.5m×1.5m
飛行時間:20分
重量:約30kg
搭載機材:VUX-1(Riegl製)


○空撮・運行管理用ドローン(Phantom4 Pro)


サイズ:30cm×30cm
飛行時間:30分
重量:1.4kg
搭載機材:カメラ




○運行管理に使用したソフトウェア
今回使用したソフトウェアTerra UTM (UAV traffic management)は、安心・安全なドローンの自動運行を実現するためにテラドローンが開発するソフトウェアで、飛行前に地図や気象情報に沿って飛行プランを設定すると、飛行中には多数のドローンの動向をリアルタイムでモニタリングでき、指定した地点で動画像を撮影することが可能です。飛行終了後には、飛行記録の管理、撮影情報の保管・再生という一連の過程を全てこのソフトウェア1つで行えます。



■本件に関する問い合わせ
テラドローン株式会社
電話 : 03-6419-7193
メール: info.jp@terra-drone.co.jp
HP : http://www.terra-drone.ne.jp
  1. プレスリリース >
  2. テラドローン株式会社 >
  3. テラドローン、県営名古屋空港内において、無人航空機(ドローン)を活用した実証実験に成功