ゼノデータ・ラボ、テクノロジーを駆使して将来予測を行う「Forecast Tech(フォーキャストテック)」のカオスマップを公開

~ビッグデータの発展により米国を中心に参入企業が急増、小売から予防医療、経済情報まで〜

ニュースを解析することで企業・経済に与える影響をAIが予測するSaaS型AIサービス「xenoBrain」を開発するスタートアップのxenodata lab.(本社:東京都渋谷区、代表取締役:関洋二郎、以下「ゼノデータ・ラボ」)は、「Forecast Tech(フォーキャスト・テック)カオスマップ」を作成・公開いたしました。


■Forecast Tech(フォーキャスト・テック)とは
Forecast Tech(フォーキャスト・テック)とは、予測を意味する「Forecast」と「Technology」を組み合わせた新しい言葉で、業種や取扱うサービスに関係なく、『テクノロジーを駆使して、将来における何らかの「予測」を行う』企業群を指しています。

近年のAIをはじめとしたテクノロジー技術の発展と、解析用のデータ(ビッグデータ)の爆発的な増加、開発資金の流入を背景として、米国を中心として予測情報を提供する企業が広い業界で登場し、大規模な資金調達を行うなど盛り上がりを見せています。

■Forecast Tech企業の動向
テクノロジーを駆使した予測技術は各分野に発展し、特に米国を中心に多くの企業が登場しています。米国では、小売の売上・販売数・客数予測を行うRELEX、工場の生産設備の更新時期を予測し、設備投資の最適化を支援するC3.ai、セキュリティリスクの事前検知に特化したSecurity Scorecard等、複数のスタートアップがこれまでに累計100億円以上の資金調達を実施しています。日本においても、電力需要予測と発電最適化ソリューションを提供するパネイルや、IoTセンサーを用いて介護現場における高齢者の排泄予測を行うD FREEなどのスタートアップに注目が集まっています。一方で、スタートアップに限らず、Amazonは、時系列データに基づく製品需要予測サービス「Amazon Forecast」のローンチを発表、日本でもソニーが機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One」を発表するなど、大手企業においても、テクノロジーを活用した予測サービスの開発・提供が加速しています。

■経済情報におけるForecast Tech
上記のように、テクノロジーを活用した予測サービス自体は、業界、対象を問わず広く流行していますが、その中でも、経済事象に特化した予測サービスを提供する企業群があります。

経済事象の予測分野においては、株価や先物価格の予測のみならず、株価や経済に大きな影響を与える事象を予測し、リアルタイムにデータ提供を行うDataminirが累計577億円の資金調達を完了、ユニコーン(企業価値が10億ドル以上の非上場企業)企業としての評価を得ています。また、経済事象全般の予測サービスを行うKensho.com(2018年3月にS&Pが約550億円で買収)やIR情報の解析により市場動向予測を行うPrattle Analytics(2019年6月にLiquidnetが買収、金額は非公開)、法人向け経済リスクを予測するAYASDI(累計106億円の資金調達を完了)など、米国では既に大型の資金調達・買収が相次ぎ、大きな盛り上がりを見せています。

日本においても、独自のアルゴリズムに基づく株価予測を提供するAlpaca、ビッグデータを用いた企業の売上予測を提供するNowcast、自然言語処理技術を用いたニュース解析により企業業績を予測するゼノデータ・ラボなどの企業が登場しており、今後も経済事象の予測領域は更なる盛り上がりを見せることが見込まれます。

■ゼノデータ・ラボの将来予測サービス「xenoBrain」概要
AIが経済ニュースや決算情報を自然言語処理技術で解析・理解し、経済事象と経済事象の間の関連性を読み解く事で経済・企業の将来予測をリアルタイムで提供する、全く新しいアプローチの企業向けSaaS型AIサービスです。今日起きたニュースから、次に起こる経済事象、将来的に影響を受ける企業をAIが瞬時に予測することで、金融機関の業務効率化、事業会社の経営意思決定のサポートを実現します。
・提供開始(正式版):2019年6月
・URL:https://www.xenodata-lab.com/service/

▲xenoBrainサービス概要図▲xenoBrainサービス概要図


■ゼノデータ・ラボの会社概要
会社名:株式会社xenodata lab.
所在地:〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-29-1 渋谷クロスロードビル5階
設立年月日:2016 年 2 月 12 日
代表者:代表取締役 関 洋二郎
資本金(準備金含む):7億6,000万円
https://www.xenodata-lab.com/

■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社xenodata lab.
広報:北口 万里子
Email:pr@xenodata-lab.com

※本カオスマップは2019年8月現在ゼノデータ・ラボの独自調査により作成しており、網羅性や正確性を完全に担保するものではありません。
※次回更新時に掲載を希望する場合はこちら(pr@xenodata-lab.com)までご連絡ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社xenodata lab. >
  3. ゼノデータ・ラボ、テクノロジーを駆使して将来予測を行う「Forecast Tech(フォーキャストテック)」のカオスマップを公開