Synamon、「KDDI DIGITAL GATE」のバーチャル空間を活用した体験ツアーに技術提供

専用のVR機器がなくても体験共有できることを目指す

VR/AR/MR領域に対するプロダクトの企画・開発を手掛ける株式会社Synamon(読み:シナモン、本社:東京都品川区、代表取締役:武樋 恒、以下 Synamon)は、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)が2020年5月15日から開始する5Gビジネスの開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」のバーチャル空間を活用して施設案内を行う体験ツアー(以下 本運用)に技術提供をいたしました。

オープンスペースで施設概要説明オープンスペースで施設概要説明

バーチャル空間を活用した体験ツアーイメージ図バーチャル空間を活用した体験ツアーイメージ図

「KDDI DIGITAL GATE」は、デザイン思考をベースとしたワークショップやアジャイル開発チームによるプロトタイピングを通じて、お客さまの潜在的な課題を発見するとともに、最先端のテクノロジーを用いて、それら課題を解決するソリューションを設計し、構築・検証を素早く実行することでお客さまをサポートしています。

 

このたび「KDDI DIGITAL GATE」は、新型コロナウイルスの感染拡大の防止に加え、お客さまの所在地に関わらない柔軟な利用を可能とするため、バーチャル空間を活用した施設の体験ツアーを新たに開始します。本運用は、Synamonの展開する「NEUTRANS BIZ」を利用しバーチャル空間にそのまま再現した虎ノ門の施設(注1)と、現実空間の参加者をWeb会議ツールを用いて繋ぐことで、実際の体験ツアーと同様の体験が可能です。これにより、「KDDI DIGITAL GATE」では、オンラインでもこれまでと同様のサービスでお客さまの課題解決や新規事業創出をサポートしていきます。

今後もKDDIとSynamonは、両社のアセットを相互に活用し、バーチャル空間のさらなる活用やサービス開発を目指してビジネス共創を推進していきます。

<参考>
■「KDDI DIGITAL GATE」(https://biz.kddi.com/digitalgate/)について

2018年9月5日に開設した「KDDI DIGITAL GATE (東京・虎ノ門)」は、開設以来、のべ380社を超える企業(注2)のお客さまが来訪し、多くの課題解決や新規ビジネスの創出をサポートしています。
また、オープンイノベーション拠点として、スタートアップの斬新なアイデアや先進的なテクノロジー、5G実証実験環境、およびKDDIグループによる技術的なサポートを提供することで、次世代技術を活用したビジネス共創を推進しています。
新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、現在は施設の利用は停止しています(注2)。お客さまの課題・ニーズの深堀りを行うワークショップやスクラム開発は、リモートで実施しています。

KDDI DIGITAL GATE(東京・虎ノ門)KDDI DIGITAL GATE(東京・虎ノ門)

バーチャル空間上に再現したKDDI DIGITAL GATEバーチャル空間上に再現したKDDI DIGITAL GATE

 

 

KDDI DIGITAL GATEのオンライン対応KDDI DIGITAL GATEのオンライン対応


■「NEUTRANS BIZ」(https://neutrans.space/)について
「NEUTRANS BIZ」は、「XRが当たり前にある世界」の実現を目指すSynamonが開発した、BtoB向けのVRコラボレーションシステムです。
複数人が同じVR空間に入ってリアルタイムでコミュニケーションをとることができ、オフライン会議やビデオ会議とも違った、新しい価値を提供しています。会議や研修、説明会など幅広いシーンでご活用いただいております。

■株式会社Synamon会社概要
商号:株式会社Synamon(Synamon Inc.)
代表者:代表取締役 武樋 恒
所在地:東京都品川区西五反田7丁目22−17 TOCビル 9階1号室
設立:2016年8月
事業内容:VR/AR/MRプロダクトの企画・開発、XR技術の研究開発
URL:https://synamon.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Synamon >
  3. Synamon、「KDDI DIGITAL GATE」のバーチャル空間を活用した体験ツアーに技術提供