喘鳴センサが「グッドデザイン・ベスト100」に選出

ネブライザ2機種も、2020年グッドデザイン賞を受賞

オムロン ヘルスケア株式会社(本社:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲)の、喘鳴センサ「HWZ-1000T」とメッシュ式ネブライザ「NE-U200」、コンプレッサー式ネブライザ「NE-C106」、が、公益法人 日本産業デザイン振興会が主催する「2020年グッドデザイン賞」を受賞しました。さらに、喘鳴センサは2020年度グッドデザイン賞対象の中で、審査委員会により特に高い評価を得た「グッドデザイン・ベスト100」に選出されました。当社は1984年以来、今年で37年連続グッドデザイン賞を受賞しています。

今回、「グッドデザイン・ベスト100」に選出された喘鳴センサ「HWZ-1000T」は、喘息症状が悪化した時に発生する、喘息特有の「喘鳴音」を検知する機器です。症状の伝達が難しい小児の喘息治療において、専門医でないと特定が難しい喘鳴音を家庭で検知することを可能にしました。症状や服薬状況をと記録・管理することができる専用アプリ「Asthma Diary」と併用すると、管理状況を医師と共有できます。2020年4月に欧州で販売しました。喘息発作の早期発見や重症化予防につながるという喘鳴センサが提供する新たな価値が評価されました。

メッシュ式ネブライザ「NE-U200」は、使用後毎回洗浄が必要だった薬液用メッシュパーツを1回の使い切り(ディスポーザブル)とし、洗浄の手間と衛生面を大幅に改良した小型ネブライザです。また、静音設計で携帯性にも優れ、就寝中や外出先などでも安心して使えます。
薬液用メッシュパーツを使い捨て可能にしたことで、機能性と安全性を追求し使用者の負担軽減を実現したことに加え、ディスポーザブル化の実現において重要となる技術的難易度の高い微細孔構造を持つメッシュ部の樹脂化を実現したことが高く評価されました。

コンプレッサー式ネブライザ「NE-C106」は、初めての方でも使いやすいネブライザを目指し、素材や本体のチューブ、スイッチの位置、凹凸のない形状などを大幅に見直しました。コンパクトでシンプルな設計などの使いやすさを通じて治療機器に重要となる安心感・信頼感を与えることと同時に、排気ガスや工場排煙などによる大気汚染などにより呼吸器疾患が多いとされている新興国でも購入しやすい価格帯に抑えている点が評価されました。

今回「2020年グッドデザイン賞」を受賞した3商品は、当社が呼吸器事業で掲げるビジョン「喘息発作ゼロ」実現に向けた商品です。大気汚染や食品などに含まれる化学物質等の増加による喘息、喫煙によるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などの呼吸器疾患患者は、世界で4億4000万人にものぼり、グローバルに増加しています。
私たちは、喘息発作の兆候に気づき、正しく投薬・対処することのできる商品・サービスを通じて喘息治療をサポートし、喘息患者とその家族が安心して生活を送ることができる社会の実現を目指します。

これからも、世界中の人々がQOLを向上し、健康寿命を延伸するために、ユーザビリティに優れた新しい商品・サービスを創造していきます。

【グッドデザイン賞】
グッドデザイン賞は、1957年に通商産業省によって創設された「グッドデザイン商品選定制度」を継承し、1998年より日本作業デザイン振興会で行われている、日本で唯一の総合デザイン評価・推奨の精度でs。「人間(HUMANITY)」「本質(HONESTY)」「創造(INNOVATION)」「魅力(ESTHETICCS)」「理論(ETHICS)」を審査基準に、形の美しさだけでなく、機能性や安全性、使いやすさ、環境への配慮などが総合的な見地から高い基準で認められた製品に授与されます。

【審査員のコメント】
■喘鳴センサ HWA-1000T
小児喘息は、本人からの症状の伝達が難しいだけでなく、明確な症状がなかったとしても、体内では炎症が起きているケースがあるという。その治療において、家庭で喘鳴を測るという新たな習慣を生み出すことは、血圧を測る習慣をつくってきた企業ならではの視点であり、センシングを核としたヘルスケアに取り組む一貫した姿勢に共感を覚える。正しい測定に導くためのフォルムとインターフェースの工夫、優しく適度に愛嬌のある表情、そして先進性の表現が高い次元で調和しており、家庭で喘息を管理するという新たない価値を提供する優れた提案である。

■メッシュ式ネブライザ NE-U200
従来は使用のたびに洗浄が必要だった薬液用メッシュパーツのディスポーザブル化によって、機能性と安全性を追求し、突発的な喘息の発作と付き合う使用者の負担軽減を実現している。微細孔構造を持つ、メッシュ部の樹脂化にともなう技術的難易度は想像に難くないが、地道で誠実な技術開発の取り組みも高く評価した。
 
■コンプレッサー式ネブライザ NE-C106
コンパクトなサイズ、1.05kgという軽量さ、そして凹凸のないシンプルな設計は、使いやすさを通じて安心感・信頼感を与えるものとして、高く評価した。また世界的にも増えている喘息や呼吸器系疾患の患者さんに向けて、新興国でも購入しやすい価格帯に抑えている点は、グローバルに事業展開を図るオムロンならではの提案である。

【喘鳴センサ HWZ-1000T 「WheezeScan」】 

 

 

欧州にて発売中欧州にて発売中

 

 【メッシュ式ネブライザ NE-U200】
 

 

【コンプレッサー式ネブライザ NE-C106】

インド、インドネシア、ベトナムで発売中インド、インドネシア、ベトナムで発売中

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オムロンヘルスケア株式会社 >
  3. 喘鳴センサが「グッドデザイン・ベスト100」に選出