ゲーム業界が提唱する「#PlayApartTogether」「#離れていっしょに遊ぼう」プロジェクトにゲシピが賛同

『eブカツ』で仲間と一緒に自宅からeスポーツを楽しもう!

eスポーツクラブ活動ツール「eブカツ」やeスポーツトレーニングジムなどの「eスポーツトレーニングプラットフォーム」を展開しているゲシピ株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:真鍋 拓也、以下「ゲシピ」)は、新型コロナウイルス感染症に対して、日本国内・世界中のユーザーにゲームを通じて物理的な距離を取ることを啓発する「#PlayApartTogether」「#離れていっしょに遊ぼう」に賛同いたします。

 


■ゲシピからのメッセージ
ゲシピは「eスポーツをもっと気軽にもっと身近に」をコンセプトに、eスポーツのアマチュアプレイヤー向けのeスポーツトレーニング動画「ゲシピ」やeスポーツクラブ活動ツール「eブカツ」を提供してきました。また、2019年からは企業間交流を目的とした企業間交流戦や、eスポーツ初心者向けの体験会といったイベントも多数開催してまいりました。
新型コロナウイルス感染症の影響によりイベントについてはすべて無期限延期としておりますが、プレイヤーが自宅でも楽しめるeスポーツサービスを提供し、子供から大人まで自宅で有意義な時間を過ごせるよう努めてまいります。

■「#PlayApartTogether」とは
「#PlayApartTogether」とは、世界保健機関(WHO)の感染症予防ガイドラインにある「人と人との距離をとる」「手を洗う」「咳エチケットを守る」など、新型コロナウイルス感染症の拡大スピードを遅らせる行動を促すために、世界のゲーム事業に関わるリーダー企業が提唱しているキャンペーンです。
プロジェクト公式サイト: https://www.playapart-japan.com

■クラブ活動支援サービス「eブカツ」  https://ebukatsu.gg/


「eブカツ」とはeスポーツプレイヤー向けのコミュニケーションサービス。eスポーツをチームや部として取り組む人向けに、日々の連絡や予定の調整などをサポートする機能を提供しています。 eブカツにクラブを作成することでクラブ運営が円滑に行えるようになります。

- クラブ内コミュニケーションを活性化する「部室」
クラブの活動の拠点は「部室」です。部室にはメンバーが集まり、練習や試合の予定、新しいテクニックの情報、気になる新ゲームなどの情報を自由に交換することができます。部室により今まで以上にクラブ内コミュニケーションが活性化します。

- クラブの予定は「スケジュール」機能で楽チン調整 クラブの予定は、アンケートで調整して、スケジュールに登録できます。クラブの共通スケジュール表ができあがり、個別調整が不要になるので管理が一気に楽になります。

- 他チームと対戦や交流
自分たちのレベルや特徴にあわせて対戦相手を探すことができるので、効果的な練習が行えます。クラブの連絡先にコンタクトをとることができます。

■ゲシピについて
会社名:ゲシピ株式会社
所在地:東京都中央区八重洲一丁目9−9 東京建物本社ビル5階
設立:2018年1月
代表者:代表取締役 真鍋 拓也
資本金:5,010万円(準備金含)
コーポレートサイト:https://gecipe.co.jp/
事業内容:eスポーツトレーニングプラットフォーム事業
- eスポーツクラブ活動支援サービス「eブカツ」
https://ebukatsu.gg/
- eスポーツ学習サービス【ゲシピ(gecipe)】公式サイト
https://gecipe.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ゲシピ株式会社 >
  3. ゲーム業界が提唱する「#PlayApartTogether」「#離れていっしょに遊ぼう」プロジェクトにゲシピが賛同