【甲斐市双葉ふれあい文化館】チケット for LINE Hybirdの分かりやすい料金体系が決め手!コストを抑えながらチケットの電子化やLINEを活用したマーケティングを実現

株式会社インフォメーションクリエーティブ(本社:東京品川区/JASDAQ4769)が開発した、LINEと連携したクラウド型販売サービス【チケットfor LINE Hybrid】を、甲斐市双葉ふれあい文化館(山梨県甲斐市)に導入頂き、事業ご担当者様に当サービス導入の決め手についてお伺いしました。

  • 導入までの経緯!3つの質問!
Q1.システム導入はいつから検討されていましたか?
ご担当者様:チケット for LINEの導入を決める10ヶ月前から検討していました。

Q2.システム導入に至った経緯を教えてください。
ご担当者様:別のサービスを利用しておりましたが、コストパフォーマンスの点で課題を感じておりました。また、チケットの電子化やWEB販売、キャッシュレス決済などデジタル化をする必要性を感じており、それに対応できるシステムを探していました。

Q3.なぜ、導入に至りましたか?
ご担当者様:小中規模の公演が多い中で、初期費用や固定費用がかからずチケット1枚毎の販売手数料のみという料金体系が導入の決め手になりました。また、コロナ禍において電子チケットによる非接触入場ができお客様に安心して公演をお楽しみいただけるようになる点、およびLINEと連携しイベントの告知ができスピーディーに情報が届けられる点についても魅力を感じています。
 
  • 甲斐市双葉ふれあい文化館について

甲斐市双葉ふれあい文化館は、山梨県甲斐市の西部に位置し、北に八ヶ岳、南に富士山、西に南アルプスを望む、自然豊かな地域にあります。

周囲はJR中央線、中央自動車道、中部横断道、国道20号線が走り、県内文化施設の中でもアクセスの良い最高のロケーションに位置されています。
ホールは客席数506席と大きくはありませんが、このサイズだから出来る特色ある公演を企画、開催しています。 コンサートや落語会など主催イベントには甲斐市民はもちろん、市外、県外からもお客様がやってきます。
 
  • 「チケットfor LINE Hybrid」はどんなシステム?

全国公文協*が策定した「劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に準じたシステムです

*公益社団法人全国公立文化施設協会

今まで通りの窓口対応・電話予約などの業務を簡素化。加えて、スマホだけで席選択・ネット決済・チケット取得が可能となり市民の利便性が向上。コロナ禍ニーズにも対応できるシステムとして好評を得ております。


1.タッチレス入場(接触回避) 
2.LINEで一斉発信(公演延期や感染者情報など)
3.席の間引き設定(3密回避)


<主な導入実績>
富山県砺波市出町子供歌舞伎曳山会館、NPO法人府中アスレティックフットボールクラブ、徳島県藍住町芸術文化鑑賞実行委員会、茨城県ひたちなか市文化会館、茨城県取手市文化会館、神奈川県横浜市栄区民文化センターリリスなど(順不同)

公式HP  https://bit.ly/3ntmP1h

<導入のお問合せ>
◆フリーダイアル:0120-937-681
◆メール:package@ic-net.co.jp
◆担当:森元(もりもと)、小蕎(こそば)
 
  • インフォメーションクリエーティブとは?/会社概要
システム開発・運用で40年以上、チケットシステムに携わり25年以上のIT会社です。
当社は、1978年に設立され、IT業界の中で40年以上の歴史を持つ会社です。現在800名ほどの社員を擁し、ソフトウェア開発とコンピューター管理・運用サービスの両面で、幅広い実績を積み重ねています。またチケット管理システムでは25年以上の実績があり、プロ野球興行でも当社のシステムを利用していただいています。

■本社所在地:〒140-0013 東京都品川区南大井6-22-7 大森ベルポートE館9F
■設立:1978年2月20日
■公式HP:https://www.ic-net.co.jp/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社インフォメーションクリエーティブ >
  3. 【甲斐市双葉ふれあい文化館】チケット for LINE Hybirdの分かりやすい料金体系が決め手!コストを抑えながらチケットの電子化やLINEを活用したマーケティングを実現