株式会社T-ICU、京都府スーパーシティ構想の具体化に向け知見提供

医療機関やIT企業と連携し、医療現場における新たな価値を創造

遠隔ICUサポートサービスを展開する株式会社T-ICU(本社:兵庫県神戸市、代表取締役CEO:中西 智之、以下「当社」)は、京都府が推進するスーパーシティ構想の具体化における連携事業者として選出されました。

WEBサイト:https://www.t-icu.co.jp/

この度の事業提携では、集中治療医・集中ケア認定看護師のチームを擁し病院向けに専門性の高いサポートを提供する日本唯一の事業会社として、当社が独自で提供する遠隔相談システム「リリーヴ」および遠隔モニタリングシステム「クロスバイ」の技術や知見を活用し、医療機関やIT分野の企業と連携して京都府のスーパーシティ型国家戦略特別区域指定を目指します。
 
  • 京都府スーパーシティについて
内閣府が掲げる「スーパーシティ型国家戦略特区」の指定取得へ向けて、けいはんな学研都市(関西文化学術研究都市)におけるスマートシティの取り組みを更に発展させる京都府の取り組みです。便利で快適な暮らしの実現化に向けて、各分野のプロフェッショナルと協力し、策定に向けた取り組みを進めています。

参考URL:http://www.pref.kyoto.jp/bunkaga/news/supercity/result.html
 
  • スーパーシティ構想連携に向けてのコメント
T-ICU代表取締役 / 医師 中西 智之

スーパーシティ構想はテクノロジーの発展だけを求めるのではなく、テクノロジーをいかに日常生活に取り込んでいくかが重要なコンセプトとなっています。一方、遠隔ICUは最新のテクノロジーを用いながらも、現場の医療スタッフや患者様とのコミュニケーションを大切にし、ひとつでも多くの生命を救う取り組みであり、「ヒト×テクノロジー」の点において、両者には共通点があります。遠隔ICUを、スピード感を持って身近なものにし、少しでも早く、みなさんが最新の集中治療を受けられる環境を作りたいと思っています。その取り組みを、私の第二の故郷である京都府で始められることを大変うれしく思っています。
 
  • 提供サービスについて
遠隔相談システム「リリーヴ」


全国的に専門家が不足する重症患者診療の現場を、集中治療医・集中ケア認定看護師で構成されたメディカルチームが24時間365日サポート。命に関わる重症患者診療を担う医療スタッフの不安に寄り添い、呼吸・循環管理、鎮静・鎮痛、感染症治療などの全身管理を最新の知見と豊富な経験で支援する遠隔相談システムです。

「リリーヴ」サービス紹介URL:https://www.t-icu.co.jp/service/relieve/

遠隔モニタリングシステム「クロスバイ」

ベッドサイドに配置した高性能カメラにより、これまでにない患者観察が可能に。患者の表情や顔色、呼吸様式の観察までもが可能となり、人工呼吸器を含む各種医療機器と接続することで、多面的な患者情報を院内の離れた場所へ届けることが可能な遠隔モニタリングシステムです。COVID-19患者受け入れ病院での医療の提供と医療従事者への感染防止策としても、導入頂いております。

「クロスバイ」サービス紹介URL:https://www.t-icu.co.jp/service/closeby/
 
  • 会社概要
名称:株式会社T-ICU
所在地:〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通3丁目2-5 IN東洋ビル605
代表取締役社長・医師:中西 智之
事業内容:集中治療支援・医療情報提供サービス・医療コンサルティング等
URL:https://www.t-icu.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. T-ICU >
  3. 株式会社T-ICU、京都府スーパーシティ構想の具体化に向け知見提供