ファンタジースポーツ『SPORTS CROWN』運営のRabona 累計1.9億円の資金調達と社名変更に関するお知らせ

大湯 俊介氏、中川 綾太郎氏、國光 宏尚氏、里見 治紀氏、見城 徹氏、ベクトルが出資

新しいスポーツ観戦スタイルとして世界的に注目されているファンタジースポーツ『SPORTS CROWN』(読み:スポーツクラウン)を運営しているRabona Pte. Ltd.(本社:1 Raffles Place #23-04, One Raffles Place Singapore 048616、代表:石川貴大)は、社名を「SPORTS CROWN Pte. Ltd.」(以下、当社)に変更いたします。

また、第三者割当増資による総額1.2億円、累計1.9億円の資金調達が完了したことを合わせてお知らせいたします。

▼資金調達の背景と目的
今回、日本でファンタジースポーツを更に発展させ、新たなスポーツの楽しみ方を世の中に広めるため、1.2億円の資金調達を実施しました。

ファンタジースポーツとは、自分の好きな選手を選んで架空のスポーツチームを編成するシミュレーションゲームです。海外におけるファンタジースポーツの市場は非常に大きく、ファンタジー・スポーツ事業協会(FSTA)によると、米国でのユーザー数は約3,200万人で参加者は年間平均で467ドルを費やし、総額150億ドルの一大市場を形成しています。当社が提供するファンタジースポーツ『SPORTS CROWN』(以下スポクラ)は、2018年1月にサービスを開始し、日本最大級のファンタジースポーツに成長しています。

『SPORTS CROWN』は、新型コロナウイルスの影響で延期されていたプロスポーツの再開後もユーザー数を伸ばしており、以前のように数万人の観戦が難しい中で新たなスポーツの楽しみ方として注目され始めています。

今回調達した資金はマーケティングの強化やサービスの研究や開発に加え、エンジニアをはじめとする人材採用に積極的に投資していきたいと考えております。

今後の展開としては集積したデータを活用した企業プロモーション、地域産業と連携した地方創生に一役を担えるようなスポーツテック領域におけるリーディングカンパニーを目指します。


▼投資家情報
・大湯 俊介氏(コネヒト株式会社 創業者)
・中川 綾太郎氏(newn inc. 代表取締役)
・國光 宏尚氏(株式会社gumi 取締役会長)
・里見 治紀氏  (セガサミーホールディングス株式会社 代表取締役社長グループCOO)
・見城 徹氏(株式会社幻冬舎 代表取締役社長)
・株式会社ベクトル

【投資家からのコメント】
・大湯 俊介氏(コネヒト株式会社 創業者)

CEOの石川さんから「ファンタジースポーツ領域で戦いたい」とプレゼンを受けたのは、今から2年半以上前のことです。今でこそアメリカではDraftKingsなどが上場し有名ですが、当時は規制の面も含めてファンタジースポーツはよりカオスなテーマでした。事業自体はピボットするかもしれないなと思いながらも、彼の熱量がすごかったのが印象的で最初の投資家として投資させていただきました。

それから数年、驚くべきことに今日に至るまで彼はこの領域で突き通して走り続けてきました。彼の揺るがない想いと姿勢が新しい株主とチームを惹きつけたのだと思い、これからがより一層楽しみです。
 

・中川 綾太郎氏(newn inc. 代表取締役)

「スポーツで世界を一つにする」というCEOの石川さんの言葉と姿勢に可能性を感じました。あと、しつこさに負けました。SPORTS CROWNさんがスポーツビジネス界をリードし、市場の成長を加速させ数年後、彼らのサービスが文化になると信じています。


・國光 宏尚氏(株式会社gumi 取締役会長)

この度、スポーツクラウン社に出資させていただきました。

国内では、未成熟なファンタジースポーツ市場ですが、グローバルではユニコーン企業が生まれるなど非常に有望な市場です。私自身ファンタジースポーツは、「新しいゲーム」の形としてとても可能性を感じております。

石川さん率いるSPORTS CROWNチームが国内のマーケットリーダーとして、ファンタジースポーツ市場、ゲームの未来を切り開いてくれると信じています!!


・里見 治紀氏  (セガサミーホールディングス株式会社 代表取締役社長グループCOO)

SPORTS CROWNはこれからの時代に適したサービス設計によって、新しいスポーツ観戦の形を生み出しています。スポーツファンだけでなく誰もが安心して楽しめるサービスの展開を期待しています。


・見城 徹氏(株式会社幻冬舎 代表取締役社長)

成長著しいSPORTS CROWNに出資しました。2018年からいち早くファンタジースポーツを通じたサービスの運営に取り組んでおり、国内で多くの人に利用されるサービスへと成長しています。

今後、現在持っているユーザーデータを活用してさまざまなビジネス展開ができる点に大きな可能性を感じています。これまで様々なベンチャー企業を見てきましたが、きっと活躍してくれると感じており、全力でサポートしていきます。


・株式会社ベクトル(創業者・取締役会長 西江 肇司氏)

世の中のあり方、人と人との関わり合い方が急激に変容している最中、スポーツビジネス界に革新を起こそうとする彼らに共感し出資しました。

スポーツ観戦に新しいカタチを提案し続ける彼らのプロダクトは、今後より根付いていくと考えています。弊社の経営ノウハウ、PRやブランディングなど様々な観点からサポートできればと思います。
 

▼CEO 石川貴大のコメント

SPORTS CROWNは、「スポーツで世界を1つにする」というビジョンを掲げています。

サッカーを通じて国際紛争を止めた選手が実在するほど、スポーツの影響力は大きいにも関わらず、日本を含むアジア圏とヨーロッパのスポーツ市場の差は大きくなる一方です。その差を埋めるためにはスポーツ観戦におけるコンテンツの多様化が必要だと私達は考えています。スポーツが本来持っている「人」と「人」を繋げる可能性を信じ、ファンタジースポーツを通じて様々な取り組みを行っていきます。

スポーツビジネスに対する課題の一つとして、スポーツ市場の流通が少ないことが挙げられます。

平成28年6月に閣議決定された政府の「日本再興戦略 2016」において、2012年当時5.5兆円だったスポーツ産業を「2025年には15兆円まで拡大することを目指す」ことが目標に掲げられています。2017年の米国全体のスポーツ産業の規模は5199億ドル(約58兆1800億円)、人口比から考えると日本における15兆円という目標は無謀ではないものの、具体的な成果には至っておりません。

また新型コロナウイルスの影響でスタジアム観戦者が減った今、ますますスポーツビジネスに関わる選択肢が少なくなっている状況です。ファンタジースポーツを通じて家にいながらスポーツ観戦が楽しめ、スポーツが身近になる。スポーツに関わる人々が増えていくことで地域にも流通が増えていく仕組みづくりを目指します。


▼ファンタジースポーツとは?

ファンタジースポーツとは、活躍する選手を予想するゲームです。
まず、サッカーや野球、アメリカンフットボール、バスケットボールなど実際に行われているプロスポーツの中から活躍する選手を複数人予想し、自分だけのドリームチームを結成します。実際の試合の結果に応じて選手の活躍ごとにポイントが振り分けられる仕組みになっており、ユーザー同士で同じように結成されたドリームチームの合計ポイントを競い合います。


▼採用情報
【スポーツビジネスでグローバル展開を目指すエンジニアを募集!】

事業拡大に伴い、エンジニア、デザイナー、マーケター、学生インターンなど共に走ってくれる仲間を募集しています。テクノロジーを活用したスポーツの新しい文化づくりや、少数精鋭のチームで行うプロダクト開発に興味をお持ちの方はぜひご応募ください。
詳細はこちら→(https://www.wantedly.com/projects/504489



▼会社概要

会社名:SPORTS CROWN Pte. Ltd.
本 社:1 Raffles Place #23-04, One Raffles Place Singapore 048616
代表者:石川貴大
設 立:2018年1月29日
サービスURL:https://sports-crown.com/

会社URL:https://home.rabona-fan.com/



▼本リリースに関するお問合せ先
メールアドレス:shiori.sakamoto@sports-crown.com(広報:坂本)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SPORTS CROWN Pte. Ltd. >
  3. ファンタジースポーツ『SPORTS CROWN』運営のRabona 累計1.9億円の資金調達と社名変更に関するお知らせ