くりくりしためがかわいい 「ラマ」赤ちゃん誕生

伊豆シャボテン動物公園で他にも動物の赤ちゃんが誕生中

伊豆シャボテン動物公園では、2020 年10 月3 日(土)に、「ラマ」の赤ちゃんが1頭誕生いたしました。現在、赤ちゃんを含め8 頭のラマが元気に過ごしております。

ラマの赤ちゃん2020.10.3生ラマの赤ちゃん2020.10.3生

ラマ展示場にて、赤ちゃんと母親の「すだち」(2015 年5 月20 日生まれ)を、天候と体調を見ながら公開しております。

詳細はこちら→https://shaboten.co.jp/press/3069/

赤ちゃんは、体重が約9 キログラム、体長が約100 センチの雌で、母乳を飲みすくすくと育っています。
学名:Lama glama
英名:Lama
分類:偶蹄目 ラクダ科
分布:アンデス、ボリビア西部、チリ北東部、アルゼンチン北西部、標高2300 メートル

右側:母親「すだち」右側:母親「すだち」


ラマは、体長約120~225 センチ、肩高約109~119 センチ、体重約130~155 キロでラクダ科に属しており、背中のこぶがないため、コブナシラクダと呼ばれております。耳は大きく、尾が短いのが特徴で、足の底は幅が狭く2本の指に分かれ、先端にひづめ状の爪があります。頸や四肢は細く長く、体毛は羊毛状で、体色は変化に富んでおり、白色、黒褐色、褐色または斑などがみられることがあります。性質は温厚ですが、怒ると胃の中のものを吐き出し、相手にかけることがあります。草食性で、他の草食動物がさけるようなトゲのある植物やひからびた植物、アルカリ性の強いアカザ科植物などを食べることもあります。生まれた子は20 分ほどで起立し、2時間ほどで哺乳します。当園では草食獣用ペレット、ヘイキューブ、牧草(チモシー)や青草などを給餌しています。

 


他にも誕生した動物の赤ちゃんは、「クロカンガルー」、「リスザル」、「ショウガラゴ」などです。
赤ちゃんたちは、母親のおっぱいを飲んだり、仲間と一緒に過ごしたり、すくすくと成長しています。家族の仲睦まじい様子は、園内各所にて見ることができます。

詳細はこちら→https://shaboten.co.jp/press/3042/

クロカンガルーの赤ちゃん2020.8.24クロカンガルーの赤ちゃん2020.8.24

リスザルの赤ちゃん2020.9.2リスザルの赤ちゃん2020.9.2

ショウガラゴの赤ちゃん2020.9.4ショウガラゴの赤ちゃん2020.9.4


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社伊豆シャボテン公園 >
  3. くりくりしためがかわいい 「ラマ」赤ちゃん誕生