賃貸向け与信サービス『smeta』を展開するリース株式会社、『PRO-FEEL』を運営する株式会社CIN GROUPと業務提携

「個人の信用価値を最大化する」をミッションに掲げ、フリーランス(*1)特化型の賃貸向け与信サービス『smeta(スメタ)』を提供するリース株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:中道 康徳、以下「リース」)は、フリーランス向け案件紹介サービス『PRO-FEEL』を提供する株式会社CIN GROUP(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:篠宮 康伸、以下「CIN GROUP」)と業務提携いたしました。
これにより、『PRO-FEEL』にご登録されているフリーランス・個人事業主の方に、リースが展開する『smeta』をご利用いただけるようになりました(*2)。
(*1) 特定の企業や団体に専従せず、独立して仕事を請け負う個人事業主もしくは個人企業法人のこと。
(*2) 賃貸借契約を締結する際に『smeta保証』の利用が必須となります。

■提携の背景と目的:賃貸住宅を借りる際の課題となる与信の解決策を提供
リースはこれまで、「個人の信用価値を最大化する」をミッションに掲げ、不動産賃貸領域において、フリーランスや個人事業主といった社会的属性を理由に、既存の金融の仕組みでは「支払能力はあるのに社会的信用が無い」とみなされ正当な信用力の評価を受けられず、「賃貸住宅を借りられない・借りにくい」という与信課題を抱える方に向けて、賃貸向け与信アプリ『smeta』を通じて賃貸の入居審査に必須となる与信を提供してまいりました。

『PRO-FEEL』には多くのフリーランス・個人事業主がご登録されておりますが、こうした方々は賃貸住宅を借りる際に求められる与信が適正に評価されないという与信課題に悩まされるため、『PRO-FEEL』をご利用のフリーランス・個人事業主に十分な与信を提供し、与信課題を解消していきたいという思いから、この度の提携に至りました。

リースは今後も、ミッション実現に向けて様々な企業との提携を進め、フリーランスの信用インフラの整備と信用力の向上に貢献してまいります。

■リース株式会社について
リース株式会社は、信用経済社会(評価経済社会)における与信プラットフォームを目指すCredit Techのスタートアップとして、不動産×金融を切り口とした与信サービス『smeta』の開発・運営や、AIを用いた与信評価エンジンを企画・開発しています。「個人の信用価値を最大化する」というミッションの達成に向けて、個人の信用力の“見える化”(信用スコアリング)、与信データを自由に利活用できる与信プラットフォームの開発を通じて、不動産・金融市場および消費者信用産業市場の成長と発展に寄与いたします。
■リース株式会社 会社概要
設立: 2018年9月13日
代表者: 代表取締役 中道 康徳
本社所在地: 東京都港新宿区西新宿7丁目9-16 西新宿メトロビル 6F
URL: https://rease.co.jp/(コーポレートサイト)

■株式会社CIN GROUP 会社概要
設立: 2012年7月
代表者: 代表取締役 篠宮 康伸
本社所在地: 東京都渋谷区道玄坂1丁目19-9 第一暁ビル7F
URL: https://www.cin-group.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リース株式会社 >
  3. 賃貸向け与信サービス『smeta』を展開するリース株式会社、『PRO-FEEL』を運営する株式会社CIN GROUPと業務提携