話題の最新家電やフィットネス機器が使いたい放題になる定額プラン『アリスプライム(仮称)』、ひとり親世帯へのサポートプログラム『Single Parent Support Program』発表

SDGsシェアリングサービス『アリススタイル』の新サービス 企業との事業連携も強化し、この秋リリース、SDGs実現に向けリユース可能なアリススタイル専用バッグも導入

 50万人が利用しているモノの貸し借りアプリ「アリススタイル」を運営する株式会社ピーステックラボは、話題の美容家電や生活家電を毎月定額でレンタルできる『アリスプライム』とひとり親世帯へのサポートプログラム『Single Parent Support Program(SPSP)』を今秋より開始いたします。今回の新サービスの提供をきっかけとして、我々が考える新しい所有のカタチの実現に向けて、より多くの企業との事業連携を強化していく予定です。さらに、リユース可能な専用箱「アリスボックス」に加え、新たに「アリスバッグ」を通常配送に導入し、サスティナブルなサービス提供の徹底を目指します。
  • 事業連携によるシェアサービスを拡大。「新しい所有のカタチ」をより手軽に体験できる新サービス
『アリスプライム(仮称)』は毎月定額料金で話題の最新家電や高級フィットネス機器等をレンタル・交換できる新サービスです。アリススタイルの通常サービスでは、商品毎にレンタル費用が発生しますが、本サービスでは対象商品の中から自由にレンタルする商品をお選びいただけます。今回の新サービスでは、今後企業との事業連携も強化していきながら、より生活者の皆さまに満足いただけるよう新商品も随時追加していきます。
※利用料金や商品ラインナップなど、提供内容の詳細については後日公開予定です。

2021年に発表された帝国データバンクの企業調査(※)によると、SDGsに積極的な企業は39.7%で前年よりも増加傾向にある一方で、「取り組んでいない」と回答した企業は5割を超えています。企業との事業連携を推進することで、レンタル可能な商品ラインナップの拡充を強化するだけでなく、アリススタイルというプラットフォームを通して、ユーザー、企業とともに循環型社会の実現に取り組みます。
※参照:https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p210706.pdf
 
  • ユーザーにも地球にもやさしい消費行動へ 買う前に借りて「失敗しようのない買い物」をスタンダードに
たまにしか使わないモノをみんなでシェアすることでゴミを減らす取り組みももちろんのこと、「買ったけど気に入らなかった」「最新と聞いて衝動買いしてしまった」という買い物の失敗をなくすことも、我々のミッションです。レンタルした商品を気に入った場合は、お得な金額で買い取ることが可能です。リアルな生活の場で体験しなければ、モノ本来の機能性や実用性を確認することはできません。消費行動をよりサスティナブルなものへと変化させるーー買う前に借りて「失敗しようのない買い物」をスタンダードにすることで、生活者の豊かな暮らしとSDGsの両方を実現する、新しい所有のカタチを目指していきます。

       ※画像はサービスイメージです。提供内容は変更となる場合がございます。

 
  • 『アリスプライム(仮称)』を無償提供。ひとり親世帯へのサポートプログラム『Single Parent Support Program』
『Single Parent Support Program(SPSP)』は、アリススタイルが提供するひとり親世帯へのサポートプログラムです。近年、母子世帯・父子世帯への社会課題がより顕在化しており、地方自治体や専門機関への相談窓口は設置されていても、暮らしや住まい環境に関する悩みや、生活上のニーズを公的サポートだけで解決することは難しいのが現状です。

ピーステックラボでは、アリススタイルで構築してきたモノのシェアリングプラットフォームを課題解決に活用できないか、検討を重ねてまいりました。今回発表したSPSPでは、提供プログラムのひとつとして、今秋提供を開始する『アリスプライム(仮称)』を無償提供いたします。
※提供内容の詳細については後日公開予定です。
 
  • リユース可能な専用資材「アリスボックス・アリスバッグ」を使った配送へ
株式会社ピーステックラボは、SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)の実現に向けた取り組みの一つとしてリユース可能な専用資材「アリスボックス」と「アリスバッグ」を通常配送に導入いたします。

もっとエコでサスティナブルな「アリススタイル」に


アリスボックスは折りたたむことで省スペースでの保管ができるので、レンタルした商品の返却時にリユースいただけます。アリスバッグは、リユースできるだけでなくクッション梱包資材が不要なので、過剰包装を減らすことが可能です。

9月15日に開催したイベントにて公式アンバサダーに就任したお笑い芸人EXITのお二人はSDGsをテーマとする特別番組のMCとしてもご活躍中です。ピーステックラボは、これからの地球を支える若い世代に向けてSDGsを楽しく知るきっかけを提供するお二人とともに、「たくさん買って、たくさん捨てる社会」を変えるべく、サスティナブルなサービス提供の徹底を目指しています。

代表プロフィール

株式会社ピーステックラボ 代表取締役 村本理恵子(むらもと・りえこ)/1979年東京大学卒業後、時事通信社で世論調査・市場調査分析に従事。専修大学経営学部教授を経て98年、ガーラの代表取締役会長に就任、2001年ナスダックジャパン上場に貢献。ウーマン・オブ・ザ・イヤー ネット部門を受賞。09年エイベックス通信放送に入社し、モバイル動画配信事業「BeeTV」の立ち上げに参画。14年、エイベックス・デジタル取締役としてデジタル事業を推進。17年、ピーステックラボを起業しモノの貸し借りサービス「アリススタイル」を開始。21年、ウーマン・オブ・ザ・イヤーを受賞。

アリススタイルについて
アリススタイルは、「ちょっと貸してを、もっとみんなで」のコンセプトにした、個人と個人、企業と個人の家電や旅行用品などの貸し借り&フリマプラットフォーム。ユーザー間のレンタル予約、発送連絡、メッセージのやりとりは、全てサービス内で完結。商品には物損・盗難等の保険を適用するなど、利用者が安心して取引を行える環境を構築しています。
https://www.alice.style/
ピーステックラボは、2021年7月に約22.7億円(累計調達額34.6億円)の資金調達を完了しており、日本を代表する「SDGsインフラ」となるべく、今後もさらなる開発体制の強化とサービスの拡充に尽力いたします。

会社概要
株式会社ピーステックラボ
代表者  :代表取締役社長 村本理恵子
設立   :2016年6月
資本金  :480,340,500円(2021年6月末 現在)
住所   :東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8F MOV内
事業   :貸し借りアプリ 「Alice.style(アリススタイル)」の開発・運営、
      手ぶら旅行事業「アリススタイル・トラベル」、不動産向け事業「アリススタイル・ルーム」、
      BtoB向けレンタル「アリススタイル・ビジネス」
ウェブサイト :https://www.alice.style/


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ピーステックラボ >
  3. 話題の最新家電やフィットネス機器が使いたい放題になる定額プラン『アリスプライム(仮称)』、ひとり親世帯へのサポートプログラム『Single Parent Support Program』発表