【JAXA×BIZ NEWS】宇宙分野で働くイメージをクリアにするインターネットライブ配信を経産省・JAXAで共同開催!

『Space Career Forum 2020~VIRTUAL~』と称して、宇宙分野で活躍できる人材を求め、その分野で活躍されている方々が6/30(火)、7/17(金)、7/31(金)に集結!

 

 

 

今の宇宙ビジネスへの注目、および国内外の宇宙ベンチャー参入の活発化に合わせて、宇宙分野で活躍できる、知識や経験、高度な技術を持つ優れた人材、また、モチベーションの高い人材ニーズがますます高まってきています。本フォーラムは、経済産業省とJAXAが連携し、特に異業種・異分野の方々に「宇宙分野で働くイメージ」を持ってもらうこと、また、人材マッチングのプラットフォームとして、2019年12月から運用している経済産業省「S-Expert」(宇宙専門人材プラットフォーム)の活用につなげることを目的としています。

※宇宙専門人材プラットフォーム(S-Expert)
https://s-expert.jp/



インターネットライブ配信では3シリーズ(それぞれ3社が出演)を予定しており、人材コンサルティングの専門家と宇宙スタートアップのディスカッションを通して、宇宙ビジネスをけん引している宇宙スタートアップの事業、人材ニーズ、宇宙で働くとはどういうことなのか、転職の経験談などについて広く紹介していきます。

本フォーラムを契機に、宇宙関連の企業等に所属する方々、これから宇宙関連の企業に就職したいと考えている方々はもちろんのこと、宇宙分野以外での経験豊かな方々に、多様な働き方を通じ、宇宙ビジネスに貢献していただくことを期待しております。ぜひS-Expertをご活用いただき、円滑にマッチングができるようご協力させていただければと思います。
 

 

 



 

なお、新型コロナウィルスに関わる自粛要請により、2020年3月16日(月)、東京・日本橋にて開催予定としておりました『Space Career Forum 2020 Spring』は延期とさせていただきましたが、今後の見通しを立てるのが困難なこと、今後の働き方の見直しも考慮し、新たな取り組みとして『Space Career Forum 2020~VIRTUAL~』を実施するに至りました。

バーチャル環境を駆使し、より多くの方にご参加いただきたいと思っておりますが、同時に、本フォーラムをさらに発展させていくため、皆様からの提案、要望など、率直なご意見をいただけると嬉しく思います。


「Space Career Forum 2020 ~VIRTUAL~」
主催:経済産業省、宇宙航空研究開発機構(JAXA)
後援:デロイトトーマツコンサルティング合同会社
協力:新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

●配信方法:Youtube Live
●対象:どなたでも視聴・参加いただけます。
●参加費:無料
●参加方法:以下のURLからご視聴可能です
 https://www.youtube.com/channel/UCJu_8Y5ymFaOc2CLefvo8DQ/
●事前質問:事前に登壇者に聞いてみたいことなどありましたら、下記フォームで受け付けます。
 https://forms.gle/ZMtogjkQ96CwZDGS6

●配信スケジュール
<Series 1>2020年6月30日(火)14:00~15:15
【モデレータ】谷本浩隆氏(デロイトトーマツコンサルティング合同会社)
 ●田枝正寛氏(株式会社ispace)
 ●岡本章氏(株式会社アストロスケール)
 ●保田晃宏氏(株式会社SPACE WALKER)

<Series 2>2020年7月17日(金)14:00~15:00
【モデレータ】谷本浩隆氏(デロイトトーマツコンサルティング合同会社)
 ●詳細が決まり次第、別途、ご案内いたします

<Series 3>2020年7月31日(金)14:00~15:00
【モデレータ】谷本浩隆氏(デロイトトーマツコンサルティング合同会社)
 ●詳細が決まり次第、別途、ご案内いたします
 
(Series 2・3参加予定企業)
 ●株式会社ALE
 ●株式会社Synspective
 ●SpaceBD株式会社
 ●アクセルスペース株式会社
 ●他2企業

★Series1出演者プロフィール★ 


田枝正寛(たえだ まさひろ)
株式会社ispace Avionics Engineer

東京大学大学院理学系研究科でX線天体物理学を研究、博士号(理学)取得。卒業後は、大手宇宙開発メーカにて衛星搭載機器及びロケット開発の最前線に10年以上従事し、現場経験を積む。宇宙機の運用・システムインテグレーションから機器の設計・製造・試験、更には部品技術に至るまでの幅広い知識と経験を活かし、ispaceにて月着陸船電気システム開発の中核を担う。



 

岡本章(おかもと あきら)
株式会社アストロスケール 技術担当ディレクター

筑波大学大学院理工学研究科修了後、1980年に日本電気株式会社(NEC)に入社。宇宙システム部門にて26年間、十数機の衛星・探査機システム、サブシステムの熱制御系開発に従事する。その後、約10年間、JAXA-ESA合同の国際共同水星探査計画(BepiColombo)のメーカ側プロマネに従事。その間、ISO宇宙機国際標準委員およびJAXA設計標準委員を務める。2016年にNEC定年退職後、アストロスケール日本R&Dに入社し、デブリ除去衛星実証機「ELSA-d」の開発にプロマネとして取り組む。現在はディレクターとしてプロジェクトを横断し助言・評価を行う。日本航空宇宙学会会員、技術士(航空・宇宙)​


 


保田晃宏(やすだ あきひろ)
株式会社SPACE WALKER 取締役 COO兼CFO

関西学院大学商学部を卒業後、株式会社ファンドクリエーションにてJ-REIT等の不動産ファンドの運用や、ベンチャー投資、再生可能エネルギーファンドの開発に従事。独立後もファイナンス技術を駆使し、川崎水族館ファンドのほか、複数の事業を立ち上げ。2017年12月、共同創業者としてSPACE WALKERを設立。兵庫県神戸市出身。




 


谷本浩隆(たにもと ひろたか)
デロイトトーマツコンサルティング合同会社 航空宇宙・防衛セクター シニアマネージャー

2008年京都大学法学部卒業。2010年東京大学公共政策大学院修了、デロイトトーマツコンサルティング入社。約10年にわたり、一貫して航空宇宙・防衛分野の民間企業・官公庁をクライアントとして、中長期戦略策定、新規事業戦略策定、サプライチェーン効率化、プロジェクトマネジメント強化等の領域におけるコンサルティングサービスを提供。近年は、New Technologyを起点とした新規事業開発に関するプロジェクトを多くリードしている。



 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JAXA新事業促進部 >
  3. 【JAXA×BIZ NEWS】宇宙分野で働くイメージをクリアにするインターネットライブ配信を経産省・JAXAで共同開催!