プロeスポーツチームREJECT 新コンセプト「Road to Clutch」を発表新コンセプトの発信拠点として、REJECT GAMING BASEをオープン

 プロeスポーツチーム「REJECT」を運営する株式会社REJECT(本社:東京都文京区、代表取締役:甲山翔也)は、東京都内に「REJECT GAMING BASE」を設立し、新しいブランドコンセプト「Road to Clutch」を発表します。
 今後は「REJECT GAMING BASE」を拠点として、「Road to Clutch」の思想のもと、「人生を彩るeスポーツ体験を提供し、世界に誇れる産業を創る。」というミッションを掲げ、プロeスポーツチーム「REJECT」運営事業に加えて、今回発表するアパレル事業に続き、eスポーツ大会運営事業やeスポーツ教育事業、eスポーツ人材事業、eスポーツコンサル事業など新たな事業を展開していきます。eスポーツを通したあらゆる経済活動を通して、次世代エンターテインメントとして、eスポーツを発展させることを目指します。
■「REJECT GAMING BASE」とは
 「REJECT GAMING BASE」は新ブランドコンセプト「Road to Clutch」の思想を発信する拠点となります。

​ 地下1階のゲーミングベースは、REJECT所属選手が日々の練習や大会に出場する拠点として、各部屋ごとに高速回線を完備した完全防音の3ルームを擁し、選手たちが常にハイパフォーマンスを出せる環境を整えました。また、「REJECT GAMING BASE」の頭文字である「RGB」(光の三原色)を照明に取り入れた、日本でも有数のゲーミング空間となっています。メインルームでは最大6名の同時プレイが可能なハイスペックPCと高性能デバイスを設置、さらに60インチモニターを配置したモニタリングコーナーも併設しており、選手がコーチやアナリストからフィードバック受けるMTGスペースとして、また、大会時などの取材スペースとしての利用も可能となっています。
 

(REJECT GAMING BASE 地下1階 ルーム①)


 1階部分はコミュニティフロアとして、このゲーミングベースを拠点に活動するPUBG MOBILE部門をはじめとしたREJECT所属選手が集い、チームスタッフとコミュニケーションが図れる空間となっています。主に大会観戦用として90インチの大型モニターも設置されています。その他、メンタルトレーナー・高畑好秀氏によるメンタルトレーニングなど、選手サポート・選手ケアとして提供している様々な取り組みを行う場所でもあります。また、新規事業であるアパレル商品の展示も行っています。

その他、スタッフのワークスペースとなる2階オフィスフロアに加え、REJECTが発信するクリエイティブを創造するクリエイティブフロアを3階に設置しました。このクリエイティブフロアの一部分は選手の食事スペースとなっており、調理師による食事を毎日提供しています。屋上部分はハンモックやソファー、パラソルを設置したリラックススペースとなっており、選手やスタッフの憩いの場となっています。
 

(REJECT GAMING BASE 1階 コミュニティフロア)

■新ブランドコンセプト「Road to Clutch」 
 


  eスポーツで世界中に夢と感動と衝撃を与えるため、たくさんの「Clutch」を生み出すため、そして「人生を彩るeスポーツ体験を提供し、世界に誇れる産業を創る。」というミッションを実現するために、果敢にチャレンジする姿を「Road to Clutch」という言葉で表しました。
 アートディレクター内田喜基氏がデザインを手掛けた「Road to Clutch」コンセプトロゴは、フレキシブルに動いている様をタイポグラフィで表現し、REJECTから感じた反骨や勢いが反映されています。
 新コンセプトロゴの発表に伴い、REJECT公式ウェブサイトのリニューアルを行いました。さらに、今後発売される公式グッズなど、様々なクリエイティブで使用される予定です。

・内田喜基氏 プロフィール
アートディレクター、アーティスト
2004年 cosmos設立。主な仕事に「花王ケープ」「不二家ネクター」「カルビーポテリッチ」などの商品デザイン、「日本百貨店」リブランディング、西伊豆 道の駅「はんばた市場」、京抹茶「孫右ヱ門」など多種多様なブランディングやコンサルティング、PARIS DESIGN WEEKにてYohji Yamamotoパリ支店でのインスタレーションなど多岐にわたる。
著書「グラフィックデザイナーだからできるブランディング」(誠文堂新光社)

 ■新ブランドコンセプトムービーを公開
https://youtu.be/BM4Zaeiw0PE
 本日公開されたブランドムービーは、広告映像やミュージックビデオ監督、アートディレクターとしても活躍する映像ディレクターの木村和史氏が監督し、Mitsu the Beats氏(GAGLE/Jazzy Sport)が音楽を担当しまた。

 ・映像コンセプト
REJECTの想いを乗せた一筋の光が上昇していきます。魂を象徴するように。
仲間とパワーが集結するように、光の筋が重なり合い、交じり合います。
光はやがてシナプスや細胞レベルで感じるかの様に エネルギーが集結し 輝きを放ち
「まばたきさせない瞬間へ」
 


 ・木村和史氏 プロフィール
映像監督、アートディレクター
2008年Kimgymを設立し、広告映像やMusic Video監督、LIVE映像の演出制作を行う。また、アートディレクターとしても幅広く活動を展開。空間演出やファッションビジュアル、音楽ビジュアルの監修等、アートディレクションからグラフィックデザインを手掛ける。VJとしても国内外の大型フェスに出演し、世界的新進気鋭アーティストとも共演。
10年に渡り、京都精華大学にて講師を務めるなど、多彩な実績を飽くなき探求心から生まれる作品は、国内外を問わず高い注目を集めている。

・Mitsu the Beats氏(GAGLE/Jazzy Sport) プロフィール
ビートメイカー、DJ、プロデューサー、リミキサー
2003年にソロアルバム「New Awakening」リリース。海外アーティストと積極的にコラボレーションを行う。日本各地で2014年には世界クラブミュージック動画配信メディア”Boiler Room”で、東京から全世界に向けてDjing動画がライブ配信され、そのアーカイブ動画の閲覧回数は64万回を超えている。
 
■筑波大学との共同研究を開始
 e スポーツはその競技性や遊戯性のみならず、バリアフリー性や教育・福祉的効果も期待されており、市場規模、プレーヤー数等は大きく伸長しています。その一方、「不健康」な側面を懸念する報道がされることも少なくありません。この懸念は、e スポーツ自体というより、長時間プレーとそれに伴う生活習慣(ジャンクフードなどの偏食による栄養障害、カフェインの過剰摂取による睡眠への負の影響等)によるものである可能性が指摘されています。
 そこでREJECTは、eスポーツアスリートのハイパフォーマンスと健康の両立に向けたスポーツ科学的方策の研究・開発を目的として、国立大学法人筑波大学との共同研究を開始します。
 本研究では、約40名のREJECT所属選手が生活・健康実態調査に参加し、eスポーツプレーヤーの生活・トレーニング習慣や健康状態と競技レベルの関係、プレー中の生理的・心理的特性が明らかになる予定です。
 それにより、eスポーツプレースタイルなどのスポーツ科学的方策の提案、さらにそれらの知見を基盤とした開発研究など、様々な応用的価値が期待されます。
 このような科学的取り組みを積み重ね、eスポーツを新たなスポーツ文化として発展させることを目指します。
 
【研究概要】
研究テーマ:eスポーツアスリートのハイパフォーマンスと健康の両立に向けたスポーツ科学的研究
研究者:筑波大学 体育系 助教 松井崇氏、助教 門間貴史氏
研究目的:プロ e スポーツアスリートのハイパフォーマンスと健康の両立に向けたスポーツ科学的方策の研究・開発

■アパレルブランド「REJECT」展開スタート
 新たな事業として、本格的アパレルブランド「REJECT」の展開を開始します。
 アパレルブランド「ALMOSTBLACK」を手がけるファッションデザイナー中嶋峻太氏をディレクターに迎え、ミリタリーウエアをベースに機能的でモダンなデザインに仕上げたアイテムを展開いたします。商品は全て、ユニセックスでの展開となっています。ボディは全てオリジナルで製作し、ファスナーやポケットに至るまで細かく設計されています。また生地は撥水性のある素材を使用するなど機能性にも優れています。eスポーツファンのみならず、幅広い層に目を向けた日常に馴染むコレクションとなっています。
 各商品にはREJECTのロゴをあしらったピスネームに加え、REJECT代表の甲山氏が事業をスタートさせた場所の座標が刺繍されており、ブランドアイコンとして落とし込まれています。
 商品詳細などはREJECT公式オンラインストアよりご確認ください。
 

 ・商品ラインアップ
モッズコート  ¥29,700
M65ショートブルゾン ¥24,200
6ポケットカーゴパンツ ¥17,600
ユーティリティシャツ ¥16,500
Tシャツ ¥6,930

・REJECT公式オンラインストア:https://brand.reject.jp/
※販売開始:2021年9月16日(木)19:00~

■株式会社REJECT 代表取締役 甲山翔也よりコメント
 本日、「REJECT GAMING BASE」の設立、並びに新ブランドコンセプト「Road to Clutch」を発表しました。ちょうど1年前の今日、旧コンセプト「Not Just a Game」の発表を行ったのですが、この1年で当社やeスポーツ業界を取り巻く環境は大きく変わったと感じています。社会的にもeスポーツ業界の更なる発展が期待されているなか、我々REJECTはその時流の先端を進む集団でありたいと思い、今回の発表を行いました。
 また時を同じくして、当社の新たな取り組み・事業である、筑波大学様と共同研究の締結、アパレル事業展開の発表ができたことも非常に嬉しく思っています。 筑波大学様との共同研究はこれから始まりますが、その結果はeスポーツプレーヤーのサポート・ケアに留まらず、eスポーツ業界全体にも寄与できるような結果が得られるのではないかと期待しています。さらに、当社設立当初から構想していたアパレル事業をやっと発表することができました。REJECTのファンやeスポーツを楽しむ方々だけでなく、ファッションが好きな方にも喜んでいただけるような商品ができたと自負しています。
 今後も当社はeスポーツ業界の更なる発展、新たな文化の確立を目指して、選手・スタッフ一丸となって精進していく所存です。引き続き、お引き立てのほど、よろしくお願いいたします。
  

(REJECT GAMING BASE 地下1階 ルーム①/右上:PUBG MOBILE部門所属 SaRa選手、左下 Duelo選手)

 

・REJECTについて
2018年発足のプロeスポーツチーム。主に世界的に人気なシューティングゲームタイトルを取り扱い、現在はPUBG/PUBG MOBILE/COD MOBILE/RAINBOW SIX SIEGE/VALORANT/IDENTITY Vの6タイトル7部門を保有。モバイルシューティングゲームでは日本トップの実績を誇り、『PUBG MOBILE』部門は、同タイトルで国内最多となる6回の世界大会出場経験を誇る。
公式ウェブサイト:https://reject.jp/

・株式会社REJECT 概要
会社名:株式会社REJECT(リジェクト)
代表者:代表取締役 甲山翔也
設立:2018年12月
事業内容:eスポーツ関連事業
HP:https://reject.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社REJECT >
  3. プロeスポーツチームREJECT 新コンセプト「Road to Clutch」を発表新コンセプトの発信拠点として、REJECT GAMING BASEをオープン