JBS、ベネッセのリモートワーク勤怠共有ツール導入を支援

Microsoft Power Platform のノウハウを活用し 2か月での短期開発・導入を実現

日本ビジネスシステムズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:牧田幸弘 以下、JBS)は、株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山県岡山市 代表取締役社長:小林仁 以下、ベネッセ)が”新しい働き方”として実施する「ハイブリッド勤務」(全社的に出社率を 5割以下にする取り組み)において、社員の生産性向上を実現するための「勤怠共有ツール」を導入するにあたり支援を行いました。


JBS は「部下や同僚の勤務状況がわからない」「書類提出のために出社する」など、リモートワークを実践する中で新たに気づいた課題を解決するサービス「アプリポケット with Microsoft Power Platform」を展開しています。ベネッセの「勤怠共有ツール」は、JBSのノウハウを活かしつつ、ベネッセ人事部門・IT部門との意見交換を繰り返し、約2か月という短期間で「勤務状況の可視化」および「組織内での共有化」、さらには「勤怠管理の効率化」といった社内コミュニケーションの強化を実現しました。現在、ベネッセの全社規模である約 2,300名が活用しています。

詳しくはこちらよりご覧ください。
リモートワークにより発生した煩雑な勤怠管理をビジネスアプリケーションで解消
アプリポケット with Microsoft Power Platform がビジネスアプリケーションの短期開発・導入を強力に支援
https://www.jbs.co.jp/case/applipocket_benesse-hd

参考
アプリポケット with Microsoft Power Platform
https://www.jbs.co.jp/solution/list/applipocketpowerplatform

今後も JBS は、エンタープライズで培われた知見・技術力と日本マイクロソフトとの強いパートナーシップを活かし、お客さま企業のさらなるビジネス成長とデジタルトランスフォーメーションの実現を支援します。
 
  • 【日本ビジネスシステムズ株式会社(JBS)について】
■会社概要
代表者:代表取締役社長 牧田 幸弘 
設立:1990年10月4日 
社員数:2,250名(2020年10月時点) 
URL:https://www.jbs.co.jp 

■事業概要:  
JBS は豊富な経験と高い専門性を持つマイクロソフトパートナーとして、お客さまのデジタルトランスフォーメーションの実現を支援します。
・マイクロソフトコーポレーションが選出し、マイクロソフトにおける 2018年度に日本で 1社に与えられる「2018 Microsoft Country Partner of the Year」受賞
・日本マイクロソフトが選出する「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー」を 2013年より連続受賞(2020年は Adoption & Change Management アワードカテゴリ)
・マイクロソフト Gold コンピテンシー 19カテゴリ保有

※Microsoft、Power Platform は、米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標、または商標です。
※記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
※本プレスリリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本ビジネスシステムズ株式会社 >
  3. JBS、ベネッセのリモートワーク勤怠共有ツール導入を支援