エミレーツ航空、業界初となる新型コロナウイルス関連医療費と隔離費用の負担を開始

 



エミレーツ航空は、ご利用のフライトクラスや渡航先に関わらず、エミレーツ航空を利用後に渡航先で新型コロナウイルス感染症と診断を受けた場合、医療費と隔離費用を無料で補償するサービスを開始。

エミレーツ航空の利用者が渡航先で新型コロナウイルス感染症と診断された場合、最高15万ユーロの医療費と1日当たり100ユーロ、14日間の隔離費用を負担します。

エミレーツ航空・グループ会長兼最高責任者であるシェイク・アハメッド・ビン・サイード・アル・マクトゥーム殿下は次のように述べています。
「エミレーツ航空は、アラブ首長国連邦副首相兼ドバイ首相兼支配者であるシェイクモハメッド殿下の指示のもと、安心して国際線に搭乗いただけるよう業界初の取り組みを進めることを誇りに思います。 世界各国の入国制限が徐々に緩和されており、人々が各国へ旅行することを切望していること、一方で旅行中に予期せぬ事態が発生した場合に柔軟な保証を求めていることを理解しています。」

「エミレーツ航空は、これまでに感染リスクを軽減するべく、フライト前後を含むすべての場面で様々な対策を実施しました。また、お客さまが安心してフライトをご利用いただけるよう予約ポリシーを刷新しました。この度、新たに業界初となる取り組みとして、新型コロナウィルス感染症と診断を受けたお客さまが支払うことになる医療費と隔離費用をエミレーツ航空が負担することにいたしました。私たちにとっては大きな投資ですが、お客さまを第一に考えたこの取り組みにより、多くのお客さまが安心してご旅行いただけると信じています。」

新型コロナウイルス感染症関連の医療を無料で航空会社が負担するのは世界初
新型コロナウイルス感染症と診断されたお客さまが旅行中に支払う医療費と検疫費を負担する今回の取り組みは、フライトクラスや目的地に関係なく、エミレーツ航空がお客さまに無料で提供します。このサービスは、2020年10月31日までにエミレーツ航空をご利用する全てのお客さまが対象です。(乗継便・乗換便をご利用の場合は、最初のフライトを2020年10月31日までにご利用いただいたお客さまが対象となります。)フライトから31日間が補償対象期間となり、目的地に到着後、別の都市に移動した場合も、新型コロナウイルスに感染していると診断されたお客さまが対象となります。

この登録やフォームへの入力を行う必要はありません。また、エミレーツ航空が提供するこのサービスを利用するかどうかはお客様の任意となります。旅行中に新型コロナウイルス感染症と診断された、費用の負担を希望されるお客さまは、専用のホットラインにご連絡ください。

ホットライン番号とCOVID-19関連の費用に関する詳細は、下記をご参照ください。
www.emirates.com/COVID19assistance


柔軟保証について
夏にかけて徐々に各国へのフライトが再開されていることを受け、お客さまに柔軟に安心してご旅行いただけるよう、エミレーツ航空は予約ポリシーを変更しました。 COVID-19の影響によるフライトまたは入国制限が原因となり旅行を中断されたお客さまは、フライトチケットの有効期限を24か月間に延ばし、後日再予約していただくことが可能です。また、フライトチケットの代わりに、エミレーツ航空でご利用いただける割引券、または払い戻しをご希望の場合は、エミレーツ航空公式ウェブサイトのオンラインフォームまたは旅行代理店を通じてリクエストください。

エミレーツ航空は現在、60都市以上にフライトを再開しており、世界中のお客さまがドバイをハブに、南北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、中東、およびアジア太平洋間の旅行を快適にお楽しみいただけます。


ドバイの入国制限緩和
ドバイは、ビジネスや観光を目的とした旅行者とドバイ住民の安全と健康を守る新しい取り組みを徹底したうえで、旅行者の受け入れを再開しました。ドバイへの入国要件詳細については、下記をご確認ください。
www.emirates.com/flytoDubai


健康と安全を第一に
エミレーツ航空は、出発前からフライト中、乗継など渡航に関連するすべての場面において、お客さまと従業員の安全を確保するため、手袋、マスク、抗菌ウェットティッシュ、手の消毒剤を含む無料旅行衛生キットの配布をはじめ、一連の対策を実施しております。各フライトでご利用いただけるサービスに関する詳細な情報は下記よりご確認ください。
https://www.emirates.com/jp/japanese/help/your-safety/


入国制限について
各国の入国制限は続いているため、目的地の入国基準を満たしているお客さまに限り、ご搭乗いただけます。運航都市に関する最新の情報は下記よりご確認ください。また、ドバイへ帰国をご希望される場合も、同URLよりご確認いただけます。
https://www.emirates.com/jp/japanese/help/flying-you-home/

ドバイへの入国をご希望されるお客さまは、滞在期間中、COVID-19に対応した国際保険への加入が必要となります。ドバイへの入国に関する詳細な説明は、下記よりご確認ください。
https://mediaoffice.ae/en/news/2020/June/21-06/Supreme-Committee-of-Crisis-and-Disaster-Management-announces-new-air-travel-protocols 


エミレーツ航空について
エミレーツ航空は2002年に日本初就航。日本路線はトリプルデイリーで運航しており、成田国際空港、関西国際空港からはエアバスA380、羽田空港からはボーイング777にてドバイまで運航。現在、日本路線は一部一時的に運休しています。ドバイからは83の国と地域、157都市に快適な空の旅をお届けしています。成田国際空港にはエミレーツ専用のラウンジがございます。羽田空港発着のプレミアムクラスご利用のお客さまには無料の送迎サービスを提供しています。エミレーツ航空はワールド・トラベル・アワード2019を獲得し、中東部門のリーディング・エアライン、エアライン・ブランド、エアライン・リワード・プログラム、エアライン・ウエブサイトの4部門で賞を獲得しました。


お問い合わせ先
エミレーツグループ 広報
REDHILL株式会社
青木・小林
Email: ekjapan@redhill.asia
 
  1. プレスリリース >
  2. エミレーツ航空 >
  3. エミレーツ航空、業界初となる新型コロナウイルス関連医療費と隔離費用の負担を開始