外国人材の日本語教育に!N5~N2まで日本語オンライン教育を完全無料化!外国人向け日本語教育サイト「MJ Space」

この夏は、Youtube・Facebookでお金をかけずに日本語検定対策!

2020年8月4日(火)、ミャンマー政府認定人材送り出し機関ミャンマー・ユニティ(日本駐在営業部:東京都千代田区岩本町)は、同社運営の外国人向け日本語教育サイト「MJ Space(エムジェイスペース)」公式YoutubeチャンネルおよびFacebookページにて、N5~N2までの日本語教育動画を全て一般公開いたしました。

 
  • 日本語検定対策動画が全部無料で視聴できる!

2020年4月よりスタートした外国人向け日本語教育サイト「MJ Space(エムジェイスペース)」公式YoutubeチャンネルおよびFacebookページにて、この度N5~N2のすべての日本語教育動画の一般公開がスタートいたしました。

動画はすべて、ミャンマー政府認定人材送り出し機関ミャンマー・ユニティが、「MJ Space」専用に作成した完全オリジナルコンテンツで、日本国外・国内問わず、外国人材の日本語コミュニケーション能力向上・日本語検定対策に役立つ教育内容です。
昨年ミャンマー国内において、日本への人材送出し数No.1としてミャンマー政府より表彰を受けた、ミャンマー・ユニティが自信をもってご提供する日本語教育動画を、コロナ禍で外出が制限される外国人の方々に有効活用していただくために、すべて無料でご視聴いただけるようにいたしました。

外国人材の日本語教育にお困りの監理団体・登録支援機関・人材会社の方、受け入れ企業の教育担当の方は、ぜひ「MJ Space」が提供する日本語教育動画をお役立てください。
 


★MJ Space Facebookページ
https://www.facebook.com/mjspace.myanmar.japan/

★MJ Space Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCZDauTZV4I2ykOJLUoMw6gw


 
  • 全動画無料公開の目的

<夏休みに日本語学習を>
コロナ感染防止のため、夏休み休暇中外出できない在日外国人のために、日本語力をアップする機会を無料で提供したいと考えました。

<無料で手軽に日本語学習を>
距離的または経済的事情で日本語学校に通えない在日外国人が、スマホで無料で気軽に日本語力を向上させることができる機会を提供したいと考えました。

<日本語学習の重要性>
在日外国人が直面する問題の多くは、日本語コミュニケーション能力不足によるものです。生じる問題の多くは、日本語力を向上させることで解決が可能になります。

▽在日外国人が直面する問題の例 
・日本人の言うことが理解できず、職場の日本人を怒らせてしまった。日本人の言葉に深く傷ついた。  
・日本人とのコミュニケーションがうまく取れず、職場で疎外感を感じる。  
・誤解が誤解を生み、人間関係に亀裂が生じている。


 
  • 授業動画のご紹介

授業動画は、日本語検定試験N5~N2レベルの内容に対応しています。
N5レベル44本、N4レベル52本、N3レベル50本、N2レベル65本の、全211本の授業動画が無料で視聴可能です。
N5・N4は主にミャンマー人向け、N3・N2はすべての外国人向けになっています。

授業は約10分前後のため、スマートフォンやPC・タブレットなど使って、空き時間に無理なく学習をすることができ、文法学習や日常の日本語コミュニケーション能力向上に効果が期待できます。

現在、字幕付き動画も随時アップロード中です。
 

 

日本語能力試験JLPTのN1~N5の目安

N1:幅広い場面で使われる日本語を理解することができる
N2:日常的な場面で使われる日本語の理解に加えて、より幅広い場面で使われる日本語を理解することができる
N3:日常的な場面で使われる日本語を、ある程度理解することができる
N4:基本的な日本語を、理解することができる
N5:基本的な日本語を、ある程度理解することができる


 
  • Facebookページは授業動画以外のコンテンツも充実

Facebookページでは、授業動画以外のコンテンツも随時更新しています。
日本語の書き方や表現の紹介、文法クイズなど、日本語を楽しく学べるコンテンツを今後も充実させていきます。

★日本語の書き方

 


★日本語の表現


★日本語の単位


★日本語文法クイズ



 
  • ミャンマー・ユニティについて
 

ミャンマー・ユニティは、今まで1196名(うち介護142名)の優秀な人材を日本企業へ送り出しており、ミャンマー政府より、2019年のミャンマーNo.1人材送り出し機関として表彰されました。ミャンマー・ユニティ運営の「UJLAC日本語学校」および「UKWTC介護学校」では、「1人ひとりを大切に」という教育ポリシーのもと、日本で働くために必要な“生きた日本語教育・日本の介護現場に通用する介護技術の習得”に力を入れた独自のカリキュラムを実施しています。これまで日本へ送り出した技能実習生の職種は、介護、建設、溶接、食品加工、金属加工など多岐にわたり、ミャンマー国民がひとつでも多くのことを学べる社会づくり、もっと多くのことを学びたいと思える環境づくりを創造していけるよう活動しています。
 


■ミャンマー・ユニティの強み

1.豊富な求職者・透明性のある募集体制
・ブローカーを一切使わず透明性のある募集を実施
・地方の提携校および自社で求職者を集める募集体制
・実習生候補に対し手数料以外の費用は徴収せず負担に配慮した費用体系

2.優れた人材から面接選抜可能
・面接前に事前講習を行いミャンマー・ユニティによる第一次選考を実施
・受け入れ企業様は第一次選考をクリアした人材から面接選抜可能

3.世界最高レベルの教育体制
・ミャンマー・ユニティ運営の日本語学校および介護学校を完備
・通常職種は700時間の日本語学習でN4レベルの日本語習得を目指す
・介護職種は1400時間の日本語学習でN3レベルの日本語習得を目指す
・日本語教育は日本人教師による授業を毎日実施し生きた日本語に親しめる環境
・介護教育は日本人介護福祉士が日本式の介護実技を教育
・日本での働き方についての指導および生活ルールの指導を実施
・対話形式で行うオンライン教育の導入で在宅学習の強化

4.帰国後の実習生へ職業紹介
・帰国した実習生にはミャンマーの日系企業などへの職業あっせんを無料で実施

5.充実したサポート体制
・募集から帰国後まで一貫したサポート体制を構築
・日本駐在営業所(東京7人、名古屋1人、大阪2人、群馬1人)にて日本でのサポート実施


■ミャンマー人実習生が注目される理由

1.日本で働きたい人がたくさんいる
・ミャンマーには就職先がなく、日本に行けば就職先がある
・日本ではミャンマーの20~30倍の月収を稼ぐことができる
・働き盛りの若い年代がたくさんいる

2.ミャンマー人の国民性
・“現世で徳を積めば来世で報われる”という仏教の考え方
・日本人と近い価値観
・親日国であり日本を信頼している

3.日本語習得のスピードが速い
・日本語とミャンマー語(ビルマ語)は語順がほぼ同じ
・日本語の発音が上手にできる

4.ベトナムの経済発展
・ベトナム人が日本に技能実習しにくる必要性が低下


■会社概要

会社名:ミャンマー・ユニティ(Myanmar Unity Co.,Ltd)
所在地:Unity Tower, YS 3, Kandawgyi Yeik Mon, No.137, Upper Pansoedan Road, Mingalar Taungnyunt Township, Yangon, Myanmar
代表者:代表取締役 チョー・ミン・トン
ライセンス:ミャンマー国政府公認送出ライセンス License No.54/2016
設立:2013年5月
資本金:5,500,000円

【日本駐在営業部】
〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-2-11渡東ビルディングアネックス303
MAIL:info@m-unity.com
TEL:03-5809-2216
FAX:050-5577-5664

会社HP:​​
https://www.myanmarunity.jp/

 



■本件に関するお問い合わせ先
ミャンマー・ユニティ
日本駐在営業部(担当:島根)
MAIL:info@m-unity.com 
TEL:03-5809-2216


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 人材送り出し機関ミャンマー・ユニティ >
  3. 外国人材の日本語教育に!N5~N2まで日本語オンライン教育を完全無料化!外国人向け日本語教育サイト「MJ Space」