プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社Skillnote
会社概要

Skillnote、製造業DXにおける戦略的協業強化のため富士通と資本業務提携を締結

~あわせて海外展開の加速に向け、米国Carbide Venturesをリード投資家とした資金調達を実施~

株式会社Skillnote

製造業のスキルマネジメントを牽引する株式会社Skillnote(本社 東京都千代田区、代表取締役 山川隆史、以下 Skillnote)は、富士通株式会社(本社 東京都港区、代表取締役社長 時田隆仁、以下 富士通)とのサービス・プロダクト連携強化を目的に、富士通ベンチャーズ株式会社(本社 東京都港区、代表取締役社長 矢島英明、以下 富士通ベンチャーズ)が運用するファンドを引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表します。あわせて、米国Carbide Ventures Fundをリード投資家とし、合計約4億1000万円の資金調達を実施しました。この度の調達により、累計調達額は約9億2000万円になります。

              (左からSkillnote山川、富士通 山本様)


Skillnoteは、「つくる人が、いきる世界へ」のビジョンのもと、スキルマネジメントシステム「Skillnote」を開発、提供しています。「Skillnote」は、製造業における従業員のスキルや知識、資格といった人の能力に関わる情報である力量情報を活用した計画的な人材育成と人材配置を実現します。これまで製造業のお客様を中心に数多くの信頼と評価の声を頂き、累計ユーザー数15万人、継続利用率は99.7%となり、導入企業数も拡大しています。

 

  • 富士通との資本業務提携について

昨今、製造業では、デジタルデータを活用したものづくりの高度化による競争力の強化が求められています。こうした中、Skillnoteと富士通は、両社と川崎重工、SAPジャパンによる製造業のDXを支援するプラットフォームサービス提供に向けた協業検討(以下 4社協業)を昨年11月に発表し、現在サービス開始に向けた準備に注力しています。今回両社は、この4社協業の取り組みに加え、今後に向けた様々なサービス・プロダクト連携を強化すべく、戦略的な業務提携の検討を行うことに合意しました。また、富士通は富士通ベンチャーズが運用するファンドを通じて出資を行いました。


製造業の中でも、特にDX化が遅れていた人材領域において、力量情報のデジタル化とそのデータ活用に強みがあるSkillnoteと、製造工程全体のデジタルによる業務システム構築と情報の一元管理に強みをもつ富士通との提携は、スキルデータを製造データの主要な要素として捉え、業務システムとの連携による様々な活用の可能性を大きく広げる機会となります。


  • 富士通とSkillnoteの対談記事公開

今回の資本提携に際し、富士通 クロスインダストリーソリューション事業本部 Sustainable Manufacturing Headの山本有輝様とSkillnote代表取締役である山川隆史との対談記事を公開しました。

両社が取り組むサステナブルなものづくりへの想いと、今後の様々な提携の可能性について語っています。

対談記事は以下よりご覧いただくことができます。

https://www.skillnote.jp/partner/case/fujitsu/


  • 資金調達の目的

今回の資金調達によりSkillnoteは、スキルマネジメントシステム「Skillnote」のさらなる機能強化と、人材管理システムや生産系システムとの連携に向けた開発体制を拡充します。加えて、グローバル展開を加速させるため、開発・セールス・カスタマーサクセス等の体制拡充を実施し、組織規模を2倍の70名迄増員する計画を進めてまいります。


  • 資金調達の概要

・調達額:約4億1000万円

・累計調達額:約9億2000万円

・調達方法:第三者割当増資

・投資家:合同会社富士通ベンチャーズファンド(※)、Carbide Ventures Fund、既存投資家2社

※合同会社富士通ベンチャーズファンドは、富士通株式会社のCVCである富士通ベンチャーズ株式会社が運営するファンドです。


  • Skillnoteが取り組む製造業の課題

従来、製造業では、ISO9001やIATF16949などの監査認証の取得を目的に、従業員の細かなスキルや教育履歴を記録するため、スキルマップを用いた力量管理/スキル管理を実施しています。そこで扱われる力量情報は、細かく膨大で、Excelや紙による管理は煩雑になり、多くの企業で負担になっている現状があります。加えて近年では、慢性的な人手不足や人材の流動化、技術革新の進展に伴うスキルの陳腐化、品質リスクの増大など、人の技術や技能に関する課題が顕在化してきています。これらの課題を解決し、企業が競争力を高めるためには、従来型の力量管理を発展させ、力量情報を有用なデータとして捉え活用することが重要です。「Skillnote」は、力量情報をデジタル化することにより、力量管理業務を効率化し、データに基づいた人材育成・配置やキャリア開発、生産系システムや人材管理システムなどとの連携を実現し、製造業の生産性向上ならびに組織力の強化に貢献します。


  • 引受先からのコメント

・富士通株式会社 クロスインダストリーソリューション事業本部 Sustainable Manufacturing Head

山本 有輝様

「人材は製造業の根幹であり欠かすことができないものです。一方で、労働力人口の減少は、すでに始まっており、製造業の現場には特定の人材に頼っている業務が多くあります。熟練者が持つスキルの標準化や継承、形式知化を行わなければ、製造業の持続的な成長は危うい。富士通がSkillnoteとパートナーシップを結び、共に製造業を支援したいと考えたのは、まさにこの課題を解決するためです。Skillnoteの持つスキルデータには様々な使い方があります。富士通が持つソリューションや技術とスキルデータを組み合わせて、データを現実の価値に変えていきたいと考えています。人材の可能性をいかに引き出し、世界に信頼と感動を与えるか。Skillnoteと共に、そのテーマに挑戦していきたいと思います。」


・Carbide Ventures General Partner 堀内 健后様

「日本におけるビジネスの根幹は製造業にあります。Skillnoteによって製造業で働く方々のスキル管理を実施するということは、その力量を把握、維持し、成長させることにほかなりません。Skillnoteは、これからの日本の経済成長を確固として下支えし、持続的な成長に貢献するシステムであると確信しています。加えて、その重要性は日本だけに留まらず、グローバル市場においても活用されるに資するものと考えています。Carbide Venturesの日米一体での運営により、Skillnoteの日本および世界市場への展開に対して支援を継続してまいります。」


  • Skillnote 代表取締役 山川 隆史のコメント

「これまで当社は、創業から一貫して、製造業のスキルマネジメントという領域にて、数多くのお客様とともに課題解決に向き合ってきました。今回出資いただいた投資家の皆様には、弊社の取組みの意義や実績を評価いただき、次のフェーズを進めるための大きな後押しをいただいたと考えております。今回、製造業DXのトップランナーである富士通社と協業することで、製造業の現場へより深く、新たな価値を届けて参ります。また、米国シリコンバレーを拠点とするCarbide Ventures社との連携により、海外での事業展開を更に本格化させていきます。そして、皆様や社会の期待に応えるべく、弊社のビジョンである「つくる人が、いきる世界」の実現に向け、引き続き全力で邁進していく所存です。」

 

  • 沿革

・2022年:富士通/川崎重工/SAPジャパン/Skillnote、製造業のDXを支援するプラットフォームサービスの提供に向けた協業検討を開始。

・2022年:愛知県スタートアップ支援拠点事業「PRE-STATION Ai」に採択。

・2022年:週刊東洋経済「すごいベンチャー100」2022年版に選出。

・2022年:経済産業省後援「HRテクノロジー大賞」イノベーション賞受賞。

・2022年:東京都主催「X-HUB TOKYO OUTBOUND PROGRAM 2022 シンガポール/ドイツコース」に採択。

・2022年:「スキルマネジメント研究所」を設立。

・2022年:多言語化(英語、タイ語、中国語等)に対応。海外展開を本格化。

・2020年:SAP® PartnerEdge Silverパートナーに認定。

・2019年:SAPジャパン アクセラレーションプログラム「SAP.iO Foundry Tokyo」の第1期生に採択。

・2016年:創業。


  • スキルマネジメントシステム「Skillnote」について

「Skillnote」は、製造業において従来Excel等で管理されてきたスキルマップ(力量管理表)を一元的に管理・運用することのできるクラウドサービスです。現場のスキル/教育データがクラウドに登録され見える化が進むことで、スキルデータを活用した計画的な人材育成・人材配置を実現し、技能伝承、多能工育成、即戦力化といった製造業の人材管理に関する課題解決に貢献します。


  • 株式会社Skillnoteについて    

「つくる人が、いきる世界へ」というビジョンのもとに、ものづくりにおける人の成長を科学し、ものづくりに関わる全ての人がいきいきと働く社会の実現を目指しています。

会社名:株式会社Skillnote

所在地:東京都千代田区神田錦町2-2-1 KANDA SQUARE 11F

設立:2016年1月

資本金:9億2,476万円(資本準備金を含む)

代表者:山川 隆史

事業内容:製造業にフォーカスしたスキルマネジメントシステム「Skillnote」の提供

HP:https://www.skillnote.jp/


*本プレスリリースに記載されている会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。

*本プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。

 

すべての画像


種類
経営情報
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社Skillnote

15フォロワー

RSS
URL
https://www.skillnote.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都千代田区神田錦町2-2-1 KANDA SQUARE 11F
電話番号
03-6262-5040
代表者名
山川隆史
上場
未上場
資本金
9900万円
設立
2016年01月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード