西武グループが運営する駐輪場「西武スマイルパーク」に「fuubo」を初導入!

お得に気軽に食品ロス削減に貢献できる仕組みを提供

ZERO株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:沖杉 大地、四辻 弘樹、以下「ZERO」)は、ZEROが開発した食品ロス削減BOX「fuubo(フーボ)」(以下、fuubo)を、株式会社西武リアルティソリューションズ(本社:東京都豊島区、代表取締役:齊藤 朝秀)が運営する時間貸駐輪場「西武スマイルパーク武蔵境駅第3駐輪場」に設置いたしました。

 「fuubo」は、食品ロスを削減するためのIoT冷蔵ロッカーで、流通の難しくなった商品などをお得にご購入いただくことができます。
 今回設置したfuuboの場所は、西武鉄道西武多摩川線高架下に位置し、半屋外のスペースとなるため24時間の利用が見込めます。
 西武スマイルパーク武蔵境駅第3駐輪場および、武蔵境駅や近隣にお住まいの方々が日々の生活の中で、食品ロスを削減するという社会的な課題をより身近に感じていただけると考えております。


設置詳細・稼働開始日
 ・日 程:2022年12月1日(木)10時~ 
 ・場 所:東京都武蔵野市境南町3丁目882−5 西武スマイルパーク 武蔵境駅第3駐輪場
(【収容台数】自転車:1,215台 原付:68台)
     設置場所詳細 https://smilepark.seiburealsol.jp/parking/detail/h283.html

 

 


















■今後の展望
 多くの方々が、駐輪場をご利用される際にfuuboをご利用いただくことで、気軽に食品ロスとCo2の削減に貢献できる仕組みです。設置された地の利と24時間の稼働ができることを活かし、近隣地域のお店の商品をfuuboで販売するなど、地域に密着した展望を描いています。


fuuboの概要
 fuuboは、ZEROが開発した、食品ロスを削減するためのIoT冷蔵ロッカーで、流通の難しくなった商品などをお得にご購入いただくことができます。食品ロスは、賞味・消費期限が間近になった商品だけでなく、季節限定のパッケージ商品や、外箱の破損など、さまざまな理由から発生しております。
fuuboは、こういったやむなく発生する食品ロスを会員さま向けに提供することで、食品ロス削減に貢献しております。
 さらに、食品ロス削減量をCo2排出削減量に変換することで、SDGsの取り組みを見える化することが可能となっております。今回設置するfuuboは、全国で50台目となります。


fuuboの利用方法
 当該商品を購入することにご同意いただいた会員さまは、以下の専用WEBサイトから購入お手続きをいただき、24時間いつでもfuuboから受取ることができます。詳細は以下の画像をご覧ください。

       専用ページ

      









■会社概要
商号  : ZERO株式会社
代表者 : 代表取締役 沖杉 大地、四辻 弘樹
所在地 : 東京都台東区東上野2-20-6会計センタービル5F
設立  : 2022年3月
URL  : https://www.nofoodloss.com/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ZERO株式会社 >
  3. 西武グループが運営する駐輪場「西武スマイルパーク」に「fuubo」を初導入!