【COVID-19関連データ】国の名古屋とばしに愛知県が独自の緊急事態宣言を発出した真意は?

iPhone向けライフログアプリ「SilentLog(サイレントログ)」を提供する、レイ・フロンティア株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:田村建士 以下、レイ・フロンティア)は、国の緊急事態宣言の対象となった東京都と福岡県の繁華街と、愛知県の繁華街の人流を分析したことをご報告します。
■調査背景
2020年4月10日に県独自の緊急事態宣言を発出した愛知県。なぜ愛知県は県独自の緊急事態宣言を発することを選んだのか。本調査は、国の緊急事態宣言の対象となった東京都と福岡県の繁華街と、独自の緊急事態宣言を発出した愛知県の繁華街の人流を分析し、確認することが目的となります。

■エリア
愛知県:名古屋駅から錦三丁目、栄を含む名古屋市の主要繁華街
東京都:新宿駅周辺と新宿歌舞伎町を含む繁華街一帯
福岡県:天神地区を中心とした繁華街一帯

■日付
2020年1月1日(水)~2020年4月13日(月)

■調査元
弊社アプリSilentLogより収集したデータに匿名化処理を施したもの

■グラフ
020年1月1日の標本数をベースライン100として相対値をプロットした

【愛知県:名古屋駅から錦三丁目、栄一帯】

【東京都:新宿駅周辺と新宿歌舞伎町一帯】


【福岡県:天神地区一帯】

愛知県の代表的な繁華街の人流は、2020年2月後半から徐々に減少はしていました。
しかし東京都や福岡県に国の緊急事態宣言が発令された4月7日時点では、閑散というよりも一定数以上の賑わいが確認できます。

なお、4月7日時点での愛知県内の陽性者数は1日あたり20人前後でゆるやかに増加していました。
このような県内の繁華街の状況や陽性者数の増加傾向を踏まえて、愛知県では2020年4月10日に県独自の緊急事態宣言を発出したと考えられます。

2020年4月14日現在、国の緊急事態宣言は7都道府県が対象となっていますが、それは「対象都市ではないから外出を控えなくてもよい」ということではありません。新型コロナウイルス(COVID-19)に県境の概念はありません。

今は、わたしたちひとりひとりが自身の行動に注意すべき時期なのだと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「Rei Frontier Tech Blog」では定期的に独自の人流分析データを公開しております。
https://tech-blog.rei-frontier.jp/

 ■SilentLog(サイレントログ)公式サイト
https://silentlog.com

■企業概要
◆レイ・フロンティア式会社
・本社:東京都台東区台東2-26-8 KSビル301
・代表取締役:田村 建士
・事業内容:
人工知能による位置情報分析プラットフォーム「SilentLog Analytics」の開発・運営
1)弊社が保有するデータの統計結果、AI分析推測結果の提供
2)行動データの収集手段(SDK)と、分析基盤一式および定期レポートの提供
3)位置情報分析技術による、既存のGPSデータの可視化と行動分析支援の提供
4)弊社アプリ(SilentLog等)を活用した行動分析、および実証実験支援の提供
5)行動データを活用した新規サービス、事業開発

■本プレスリリースに関するお問い合わせ
レイ・フロンティア株式会社 広報担当
E-mail:info@rei-frontier.jp
Web:https://www.rei-frontier.jp
 
  1. プレスリリース >
  2. レイ・フロンティア株式会社 >
  3. 【COVID-19関連データ】国の名古屋とばしに愛知県が独自の緊急事態宣言を発出した真意は?