日本最大級のストックミュージックサービス「Audiostock」を運営する株式会社オーディオストックに追加出資

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(以下、「FVC」)は、同社が運営するトマト創業支援投資事業有限責任組合(以下、「トマト創業ファンド」)より、ストックミュージックサービス「Audiostock」を運営する株式会社オーディオストック(以下、「オーディオストック」)(本社:岡山市北区、代表取締役:西尾 周一郎)に追加出資しましたことをお知らせいたします。
【オーディオストックについて】
オーディオストックは「音楽を生み出す人をハッピーにする」というビジョンのもと、全国の音楽クリエイターから作品を預かり、クリエイターの収益化を支援するサービスを展開しています。動画やゲームなどのBGMとして音楽を提供するサービス「Audiostock」を主力事業とし、2019年4月には新サービスとして店舗BGMサービス「Audiostock store music」も開始しています。オーディオストックは、あらゆる企業の音楽利用における課題を解決する「音」のパートナーとなることを目指します。


■ 「Audiostock」サービスについて


 「Audiostock」 は音楽の使用ライセンスを売買できるサービスです。クリエイターは自身で制作した音楽を登録して使用権を販売することができ、売上に応じた印税を受け取ることができます。顧客は購入手続きを行うだけで音楽の利用許諾を得ることができ、映像・ゲーム・アプリ等の商用コンテンツに音楽を組み込むことができます。2013年のサービス開始以降、着実に作品数を増加し2020年3月にはBGM・効果音・ボイス・歌もの楽曲のジャンルで計50万点を突破。登録クリエイター数は全国13,000組を超え、毎月5,000点以上の新作が追加されています。
また、映像制作会社をはじめとする法人顧客の登録数は19,000社を突破しており、国内最大級規模のストックミュージックサービスとして、これまでに様々な企業の音の利用をサポートしてきました。

【トマト創業ファンドについて】
岡山県内の創業・第二創業者を出資対象とし、株式会社トマト銀行とFVCが共同で設立したファンドです。地方創生の一環である創業支援に取り組むことで、地域経済活性化に貢献することを目的としております。また、株式上場を前提としない創業・第二創業者を出資対象とするファンドの設立は、中国地方で初めての取り組みとなります。業種を限定せず、幅広いベンチャー企業をこれまで支援しており、今後も岡山県から挑戦する企業を積極的に応援してまいります。現在、トマト創業ファンドからの出資は、合計11社となります。

【FVCについて】
京都に本社を置く独立系ベンチャーキャピタル。地域のベンチャー企業を支援するための「地方創生ファンド」と事業会社のオープンイノベーションを促進するための「CVCファンド」に取り組んでいます。また、資金を投入するだけでなく、長期的な事業継続に向け、事業育成、人材育成、事業コンサルティングなどの支援を行っています。


【出資先概要】
会社名 :株式会社オーディオストック(※)
WEB   :https://audiostock.co.jp/
設⽴⽇ :2007年10月
所在地 :岡山県岡山市北区津島中1丁目1番1号 岡山大インキュベータ211号室
代表者 :代表取締役 西尾 周一郎
※2020年7月1日に株式会社クレオフーガより社名変更しました。

【会社情報】
会社名 :フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
WEB   :https://www.fvc.co.jp/
設⽴⽇ :1998年9月
所在地 :京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町 659 番地 烏丸中央ビル
代表者 :代表取締役社長  松本 直人
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フューチャーベンチャーキャピタル株式会社 >
  3. 日本最大級のストックミュージックサービス「Audiostock」を運営する株式会社オーディオストックに追加出資