「MOTTAINAI キッズタウン TOKYO」2020年3月22日(日) 池袋サンシャインシティで開催決定!協賛企業・団体募集のお知らせ

キッズフリーマーケットを中心に、子どもたちに新しい体験を届ける環境イベント!

MOTTAINAIキャンペーン事務局(所在地:東京都千代田区)は、子どもたちが使わなくなったおもちゃや文房具などを持ち込み、値段付けから販売、お金の管理まで子どもたちだけで行うMOTTAINAIキッズフリーマーケット(以下、キッズフリマ)を中心とした様々なイベントを行う「MOTTAINAI キッズタウン TOKYO」を2020年3月22日(日)に、池袋サンシャインシティで開催することを決定いたしました。

 

「MOTTAINAI キッズタウン TOKYO」は、子どもたちに眠っているたくさんの可能性を見つける場として2017年3月に初めて開催し、今回で4回目の開催となります。前回の2019年3月の開催では、特別協賛1社、協賛16社、協力2社の参加をいただき、同時開催のMOTTAINAIフリーマーケットと合わせて約17,500人の動員を記録しました。

 

イベントの中心となりますMOTTAINAIキッズフリーマーケットは、キャンペーン活動の一環として2007年より行っているもので、これまでに全国で累計300回以上開催しています。

本物のお金を使って、子供たちだけで売買を行うこと、自分が不要になったものを販売することから、モノ(資源)を大切にする心と、お金を大切にする心を学んでもらえる機会として好評の企画です。来場のお子様、保護者からの満足度もとても高いイベントになっております。

「MOTTAINAI キッズタウン TOKYO」ではこのキッズフリマを国内最大規模の約150ブースで実施します。それに加えて、例年多くの協賛企業・団体様にブース出展やステージイベントにてご参加いただき、子どもたちが様々な新しい体験をすることができるイベントとなっています。

来場者の多くは、小学生を中心とした子どもとその保護者で、環境意識や教育意識の高い方が多くいらっしゃっています。本イベントへの参加により、多くの方に協賛企業・団体様の取り組みを知っていただくことができます。
 

MOTTAINAIキャンペーンは、2015年に国連にて採択された2030年までの国際目標であるSDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献する活動を行ってきました。

新聞・WEBでの情報発信、MOTTAINAIを体現したフリーマーケット等のイベントの実施、更に、環境配慮商品へのライセンスを行い、売上の一部を植林・育樹活動へ寄付するなど、循環型社会・持続可能な社会の実現を目指し、活動を進めております。

本イベントにおいてもMOTTAINAIキャンペーンのSDGsへの取り組みを来場者の皆さまに知っていただけるよう紹介してまいります。また、協賛企業・団体様にも、各社SDGs達成に向けて取り組んでいる活動・事業について、広く発信する機会としていただきたいと考えております。

2020年、MOTTAINAIキャンペーンは15周年を迎えます。
キャンペーンをスタートした2005年よりも、廃棄プラスチックや海洋ゴミ、フードロスなどの環境問題は、世界的な重要課題として捉えられるようになりました。そのような時代だからこそ、より多くの人に「MOTTAINAI」という気持ちを改めて大切にしていただけるようにこれからも取り組んでまいります。

本イベントへの協賛にご関心のある企業・団体様は、MOTTAINAIキャンペーンホームページのお問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。
https://www.mottainai.info/jp/contact/inquiry.php

 

<イベント概要>

  • 開催日時 : 2020年3月22日(日)10:00~16:00
  • 開催場所 : 池袋サンシャインシティ [展示ホールD] (東京都豊島区東池袋3-1-4 文化会館2F)
  • 入場料 : 無料
  • 主催 : MOTTAINAIキャンペーン事務局、NPO法人キッズフリマ
  • 後援 : 文部科学省、環境省、金融庁
  • 想定来場者数 : 約17,500名
  • 主なイベント(予定):
    ◎MOTTAINAIキッズフリーマーケット(合計約150店) / ◎ステージイベント / ◎企業ブース出展コーナー / ◎昔懐かしの遊びコーナー / ◎アクティブスタンプラリー / ◎ものづくりワークショップ
    ※プログラムは都合により変更となる場合がございますので予めご了承ください。

 

<イベントに関するお問い合わせ>
ホームページのお問い合わせフォームより承っております。
MOTTAINAIキャンペーン事務局 : https://www.mottainai.info/jp/contact/inquiry.php

 

 

<ご協賛メニュー>

■特別協賛
・会場内でのチラシ、販促ツール類配布などプロモーション可能。
・企業ブースを2ブース分設置(1ブースの広さ:5,400mm×3,600mm ※予定)
■協賛
・会場内でのチラシ、販促ツール類配布などプロモーション可能。
・企業ブースを1ブース設置(1ブースの広さ: 5,400mm×3,600mm ※予定)
■協力
・キッズフリマフォロースタッフとしての参加、ノベルティ提供、小間ブース設置など。

※上記メニュー以外での企画もご相談可能です。ご希望の実施内容は、担当者宛にご相談ください。

 

 

<主な実施内容ご紹介>

◆ MOTTAINAIキッズフリーマーケット
売るのも買うのも小学生以下の子どもたちだけで行うフリーマーケット。子どもたちが『モノ』の大事さ、『お金』の大切さを学ぶことができます。
出店できるのは小学中高学年、お買いものできるのは小学生以下のお子さまです。(入場無料)
国内最大規模の150ブースにて開催します。
・出店費用 : 1ブース300円
・出店対象 : 小学3~6年生
 

◆ 昔懐かしの遊びコーナー
今ではあまり見かけなくなった、けん玉、竹馬、ベーゴマなど懐かしい遊びを実際に体験してもらい、親から子どもたちへ「昔の遊び」を受け継ぐきっかけとなるような場を提供します。

 

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

<参考資料>

■ MOTTAINAIキャンペーンとは

MOTTAINAIキャンペーンは、Reduce(ゴミ削減)、Reuse(再利用)、Recycle(再資源化)とかけがえのない地球資源に対するRespect(尊敬の念)が込められている言葉「もったいない」を、環境を守る国際語「MOTTAINAI」とし、地球環境に負担をかけないライフスタイルを広め、持続可能な循環型社会の構築を目指す世界的な活動です。グリーンベルト運動の創始者であるワンガリ・マータイさんが提唱し、2005年からスタートしました。
国内企業の賛同を受けて伊藤忠商事などが運営し、オリジナル商品、フリーマーケットなどの収益金の一部や、クリック募金で集まった募金を「グリーンベルト運動」へ寄付するなど、様々な形でワンガリ・マータイさんの植林活動を支援しています。MOTTAINAIキャンペーンを通じた寄付で実施する植林事業「MOTTAINAI GREEN PROJECT ~緑のMOTTAINAI~」は、ケニア・キエニ地区に植林する計画として、現在も植林活動を継続しています。

<公式ホームページ> http://www.mottainai.info/jp/
<Facebook> http://www.facebook.com/mottainai.info
<twitter> @mottainai_info

■ ワンガリ・マータイさんについて

グリーンベルト運動創設者。ケニア共和国元環境・天然資源省副大臣。生物学博士。国連平和大使。旭日大綬章受章者。MOTTAINAIキャンペーン提唱者。

1940年、ケニア・キエニ生まれ。
1977年貧しい女性たちと「グリーンベルト運動」という植林活動を開始。政府の弾圧を受けながらも、運動にはこれまでに延べ10万人が参加し、植えた苗木は5100万本に上ります。2004年、環境や人権に対する長年の貢献が評価され、環境分野で初めて、アフリカの女性としても初めて、ノーベル平和賞を受賞しました。
2011年9月25日(日本時間26日)、卵巣がんのためケニア・ナイロビの病院で死去。
享年71歳。

■ グリーンベルト運動について
ワンガリ・マータイさんが、祖国ケニアの環境保護と住民の生活向上を目的に、1977年から非政府組織(NGO)として始めた植林活動。たった7本の木を植えることからスタートしたこの運動は、これまでにケニアをはじめとするアフリカ大陸全土で約5100万本もの木を植えてきました。また、植林には貧困に苦しむ女性を中心にのべ10万人が参加。環境保護にとどまらず、女性の地位向上やケニア社会の民主化にも大きく寄与しています。
 

  1. プレスリリース >
  2. MOTTAINAIキャンペーン >
  3. 「MOTTAINAI キッズタウン TOKYO」2020年3月22日(日) 池袋サンシャインシティで開催決定!協賛企業・団体募集のお知らせ