IIJ、キングレコード、KORGの3社が4K映像とハイレゾ音源によるインターネットライブ配信の実証実験を実施

高解像度映像と高品位なオーディオを組み合わせ、クラシックの演奏を無料ライブ中継

株式会社インターネットイニシアティブ(代表取締役社長:勝 栄二郎、以下IIJ)、キングレコード株式会社(代表取締役社長:村上 潔)、株式会社コルグ(代表取締役社長:加藤 世紀、以下 KORG)の3社は、「キング関口台スタジオ」より、4K映像とDSD5.6MHz/1bit(※1)およびPCM192kHz/24bit(※2)のハイレゾ音源フォーマットでインターネットライブ配信する実証実験を2020年10月25日に行います。

新型コロナウイルス感染症流行の影響で、観客を入れた演奏会・ライブイベントが制限されるなか、インターネットを利用した映像や音楽配信の需要が今まで以上に高まっています。一方で、様々な形式での配信が行われていますが、現在市場に流通している最上位の映像品質と音質を組み合わせてライブ配信するまでには至っていません。

そこで、自宅に居ながらレコーディング・スタジオならではの高品位なサウンド・クオリティーの実現はもちろん、演奏家が居るその空気感を共有しているような臨場感あふれる視聴体験を実現するための技術的チャレンジとして、このたび株式会社キングインターナショナルおよび株式会社キング関口台スタジオ協力のもと、音楽専用レコーディング・スタジオ「キング関口台スタジオ」での演奏を、高音質のハイレゾ・オーディオと4K映像を組み合わせてライブ配信する実証実験を行うものです。4Kとハイレゾ・オーディオ(DSD5.6MHz/1bitおよび192kHz/24bit)という大容量のコンテンツ(※3)を同時にインターネット経由でライブ配信するという先進的な取り組みは、世界初の技術的チャレンジであるとともに、今後のコンサート配信に新たな可能性を拓きます。


今回の実証実験では、KORGが開発した業界屈指の高音質を実現するインターネット動画配信システム「Live Extreme」を使用し、IIJのバックボーン、CDN(Content Delivery Network)を経由して配信します。なお、4K映像+ハイレゾ・オーディオや、フルHD映像にロスレス・オーディオ(48kHz/24bit)(※4)を含むマルチフォーマットで同時に配信し、Windows、Mac、Androidなどの多様なブラウザで再生が可能なため、幅広い環境で楽しんでいただけます。

(※1)DSD (Direct Stream Digital):アナログの音源をデジタルに変換する際の変換方式の一種。サンプリング周波数は2.8MHz、5.6MHzの2つが現在主流で、DSD5.6MHzのサンプリング周波数は、音楽CDの128倍に及ぶ。
(※2)PCM (Pulse Code Modulation):アナログの音源をデジタルに変換する際の変換方式の一種。一定時間ごとに信号をサンプリングし、定められたビット数に量子化する。数字が大きいほど、品質が良い。
(※3)一般的な動画配信の高画質に相当するフルHD+ACCと比較した場合のデータ転送量は、4K+PCM192kHz/24bitでは約5倍、4K+DSD5.6Mhzでは約9倍となります。
(※4)ロスレス・オーディオ:AACやMP3など音質劣化を伴う圧縮方式ではなく、FLACやApple Losslessなど可逆圧縮技術によってコーディングされた高品位なオーディオ信号

配信概要
1.日時

ライブ配信 2020年10月25日(日)15:40~ 約30分 (ストリーミング開始:15時)
オンデマンド配信 2020年10月26日(月)10:00~2020年11月8日(日)24:00

2.演奏
福川伸陽(NHK交響楽団首席ホルン奏者)
「マーラー 交響曲第5番 第4楽章 アダージェット(八重奏に編曲)」
阪田知樹(ピアニスト)
「ショパン(バラキレフ編曲)のロマンス」
「ロベルト・シューマン(F.リスト編曲)春の夜 S.568/R.256」

3.視聴サイト

 https://www.uhd.st


4.配信フォーマットおよび視聴環境

*1 メディア向けデモ展示のみとなります。
*2 ハイレゾ音声の再生には、KORG DS-DACシリーズ、Nu Iなどハイレゾに対応したDACが必要です。
*3 iPadOS 13以降のSafariのみに対応しています。(iPhone用iOSはフルHD+AACのみに対応)
*4 Google Chromecastは、フルHD+PCM48kHz/24bitのみに対応しています。

配信構成図

なお、IIJ、キングレコード、KORGの3社は今回の実証実験の結果を踏まえ、今後、4K+ハイレゾ・オーディオによる高品位なインターネットライブ配信のビジネス展開を検討してまいります。

 

<出演者プロフィール>

福川伸陽福川伸陽

福川伸陽Nobuaki FUKUKAWA(ホルン)
NHK交響楽団首席奏者。第77回日本音楽コンクール ホルン部門第1位受賞。
国内外の重要な指揮者、演奏家の信頼も篤く、パーヴォ・ヤルヴィやファビオ・ルイージ、クリストフ・エッシェンバッハをはじめ、故ビエロフラーヴェクなどの絶賛や、ライナー・キュッヒル(ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスター)、ハインツ・ホリガー(オーボエ奏者、作曲家)などと共演している。
ロンドンのウィグモアホールをはじめ、ロサンゼルスやブラジル、北京などでリサイタルをするなど、世界各地から数多く招かれており、「la Biennale di Venezia」「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」「東京・春・音楽祭」などをはじめとする音楽祭にもソリストとして多数出演。リサイタルや室内楽、協奏曲の演奏は、NHK、テレビ朝日、フジテレビをはじめ、ドイツ、イタリアなどでも放送された。キングレコードより3枚のソロCDを発売中。最新CDは、「孤高のホルン~映画の世界」を10月28日に発売する。国際ホルン協会評議員、東京音楽大学兼任准教授。

 

阪田 知樹 (C) HIDEKI NAMAI阪田 知樹 (C) HIDEKI NAMAI

阪田 知樹 Tomoki Sakata (ピアノ)
2016年フランツ・リスト国際ピアノコンクール(ハンガリー・ブダペスト)第1位、併せて6つの特別賞受賞。83年の伝統を誇る当コンクール史上、アジア人男性ピアニスト初優勝の快挙。審査員満場一致で圧倒的優勝を飾る。19歳時に、第14回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールにて最年少入賞。プラハ・ミュージック・パフォーマンスに招かれ巨匠イヴァン・モラヴェッツ氏より高い評価を受けイヴァン・モラヴェッツ賞、アジア国際音楽コンクール第1位及び全部門中最優秀賞、第35回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、及び聴衆賞等5つの特別賞、クリーヴランド国際ピアノコンクールにてモーツァルト演奏における特別賞受賞。第17回キッシンジャー国際ピアノオリンピックにて日本人初となる第1位及び聴衆賞を受賞。2020年3月には(株)キングインターナショナルよりCD"Illusions"「イリュージョンズ」をリリース。レコード芸術で特選盤に選ばれるなど高い評価を受けている。



※本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キングレコード株式会社 >
  3. IIJ、キングレコード、KORGの3社が4K映像とハイレゾ音源によるインターネットライブ配信の実証実験を実施