映像解析AIのフューチャースタンダード、CEATEC 2019出展のお知らせ

映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を運営する株式会社フューチャースタンダード(本社:東京都文京区、代表取締役:鳥海晢史 以下、フューチャースタンダード https://www.futurestandard.co.jp )は、2019年10月15日(火)〜18日(金)の3日間、幕張メッセにて開催される「CEATEC 2019」への出展が決定いたしましたので、お知らせします。

今回で20周年を迎えるCEATECは、あらゆる産業・業種による「CPS/IoT」と「共創」をテーマとしたビジネス創出のための、人と技術・情報が一堂に会する場として、経済発展と社会的問題の解決を両立する「超スマート社会(Society 5.0)」の実現を目指し開催されます。

フューチャースタンダードは、「世界中の技術を世界中の人々が使えるようにする」というビジョンのもと、様々なソリューションを世界に提案しています。当社が事業の中心に据えている「SCORER (https://www.scorer.jp )」は、最先端の映像解析AIを誰でも使えるように、面倒な環境構築から厄介なデータの出力、その他エッジ端末から通信、クラウド環境まで、ユーザーのニーズやレベルに合わせて利用でき、新たなビジネスの創出に役立つサービスです。

「CEATEC 2019」では、Society 5.0の実現に向けた、あらゆるソリューションや製品企業を展開する「トータルソリューションエリア」において、ブース出展します。映像解析AIプラットフォーム「SCORER」の紹介と共に、下記フューチャースタンダード公式パートナー企業によるSCORER活用の事例を展示します。

【日本コンピュータビジョン株式会社】
世界最高レベルのAI顔認証技術にて、「セキュアで効率的な入退館管理」並びに、
「効果的なマーケティングに繋がるオフライン行動のデジタル化」が実現できるソリューションを展示


【TIS株式会社】Robotic Baseのご紹介
【東洋通信工業株式会社】SCORER + BIツール連携
【株式会社クレスト】リアル店舗トラッキング・計測カメラ「ESASY」のご紹介
【株式会社ホワイトボード】AI警備システム「KB-Eye」のご紹介

■CEATEC 2019 概要
日時:2019年10月15日(火)〜10月18日(金)
場所:幕張メッセ
詳細・事前登録はこちら→ https://www.ceatec.com/ja/

■ 株式会社フューチャースタンダードについて
フューチャースタンダードは「世界中の技術を世界中の人々が使えるようにする」というビジョンのもと、映像解析AI分野に特化したプラットフォームである「SCORER(スコアラー)」を開発・運営している会社です。「SCORER」は、カメラや映像に関する最新技術をブロックのように組み合わせることで、映像解析AIを活用したシステム開発を「安く・早く・簡単」にします。

 代表取締役社長:鳥海 哲史
所在地:〒113-0034  東京都文京区湯島1丁目6-3 湯島一丁目ビル 2階
設立:2014年3月
事業内容:
・映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」の開発と運営
・SCORERを利用したシステム開発

【本リリースに関するお問い合わせ先】
メール:pr@futurestandard.co.jp
担当者:藤井大地

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フューチャースタンダード >
  3. 映像解析AIのフューチャースタンダード、CEATEC 2019出展のお知らせ