大阪府柏原市とママたちの働く拠点を創出 

3月2日、子どものそばで働けるオフィスが柏原市に登場!

 株式会社ママスクエア(東京都港区 代表取締役 藤代聡)と柏原市は母親労働拠点創出事業として、子どものそばで働けるオフィス「ママスクエア柏原店」を柏原市立勤労者センター(K・Iホール)内に3月2日(金)オープンします。本件は、国の地方創生交付金を活用した事業です。


■ママスクエア柏原店
住所:大阪府柏原市大正2丁目10番1号 柏原市立勤労者センター内

柏原市は、子育て世代の就労支援として「子育てを応援する環境づくりの推進」と「柏原市勤労者センターの効率的な運用」を本取り組みの狙いとしています。市は、ママスクエアが運営するワーキングスペース(キッズスペース・カフェスペース併設)を勤労者センター内に新しく構え、子育て世代の就労を支援します。子どもと一緒に通える労働拠点が新たに創出できることで、就労意欲のある女性の後押しができるものと期待しています。

「ママスクエア柏原店」では、子育て中のママが子どものそばで仕事をすることができます。仕事中、子どもは常駐のキッズサポートスタッフと一緒に過ごすことから、ママにとって安心な環境が整います。子どもがいる場所に隣接するワーキングスペースでは、ママたちが仕事をします。仕事は、電話の受発信業務(お客様からの問い合わせ対応、営業活動のサポートなど)やデータ入力が主な業務です。たとえ長い離職期間があっても再び就労できるよう、事前に研修をするなどママスクエアは業務のサポートもします。

【ママスクエア】とは:
株式会社ママスクエアが全国に展開する託児機能付きオフィスです。「子どものそばで働ける世の中を作りたい」という想いから、子どものそばで働ける保育園でもない在宅でもない[新しいワーキングモデル]を作りました。すでに運用している首都圏・関西・九州に柏原店を加えると全19箇所になります。ワーキングスペースからガラス越しに見える位置にキッズスペースを併設させ、いつでも子どもの様子を見ることができる環境が特徴です。子どもたちは、ママが働いている間も楽しく・安全に過ごせるよう、常駐のキッズサポートスタッフと一緒にキッズスペースで過ごします。子育ても仕事も大事にしたいママたちにとって安心して働ける場所です。

■大阪府柏原市
柏原市は、大阪府と奈良県の府県境に位置する人口約70,000人の市です。
同市は、市域の3分の2を占める山々と一級河川・大和川による自然の豊かさを残しながら、JR天王寺駅
まで約15分と、通勤や買い物にも便利な街です。
田舎暮らしと都会暮らしの間の“ちょうどいい暮らし方”が魅力であるとともに、子どもを産み育てる環境づくりに力を入れ、「日本一住みたいまち柏原」の実現を目指して、子育てをするパパやママを全力で応援している市です。

■ママスクエア会社概要
[社名]   株式会社ママスクエア
[所在地]   東京都港区芝5-14-13
[設立]   2014年12月24日
[代表者]   藤代 聡
[事業内容] キッズスペース併設ワーキングオフィス運営
[資本金]   3億5,940万円




 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ママスクエア >
  3. 大阪府柏原市とママたちの働く拠点を創出