2020年に向けたLGBT情報発信プロジェクト「プライドハウス東京」と、「国連合同エイズ計画(UNAIDS)」が覚書締結。LGBTの人権とセクシュアル・ヘルスに関する普及啓発において協力関係の構築へ。

スイス・ジュネーヴのUNAIDS事務局において、現地時間の5月17日午後、IDAHOT(LGBT嫌悪に反対する国際デー)にあわせて、覚書の調印式を実施しました。

「プライドハウス東京」代表:松中権、UNAIDS事務局長臨時代理:グニラ・カールソン「プライドハウス東京」代表:松中権、UNAIDS事務局長臨時代理:グニラ・カールソン

任意団体「プライドハウス東京」コンソーシアム(以下、「プライドハウス東京」)は、ラグビーワールドカップ2019日本大会(※2019年5月21日修正)、および、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会のタイミングを、LGBTなどのセクシュアル・マイノリティ(以下、LGBT)に関する情報発信を行うための最重要機会のひとつと捉え、現在、セクター横断の29の団体・個人、16の企業、4つの在日各国大使館が連携し、様々なプログラムやイベントの企画・運営をしています。

 

この度、11の国連組織(※1)がスポンサードする協働プログラム「国連合同エイズ計画(UNAIDS)」と、LGBTの人権およびセクシュアル・ヘルスに関する普及啓発において協力関係を築くこととなりました。そのための覚書の調印式を、スイス・ジュネーヴのUNAIDS事務局にて、「IDAHOT(LGBT嫌悪に反対する国際デー)」(※2)として知られる5月17日の午後(現地時間)に行いました。調印式には、UNAIDS事務局長臨時代理のグニラ・カールソンと、「プライドハウス東京」代表の松中権が参加し、今後の協働アクションに向けて意見を交わしました。

UNAIDS事務局長臨時代理のグニラ・カールソンは、
「UNAIDSとプライドハウス東京の両者にとってWin-Winのパートナーシップ。日本の市民社会とこれまで以上に関係を深めていくだけでなく、来年の東京オリンピック・パラリンピックの成功に私たちが貢献できることを、心から願っています。具体的には、プライドハウス東京の活動に連動した人権やセクシュアル・ヘルスに関する技術的な支援、共同プログラムの提供に取り組むとともに、日本においてUNAIDSの活動をしっていただく機会としていきたいです。」
と、覚書締結に向けた抱負を語りました。

「プライドハウス東京」代表の松中権からは、
「UNAIDSとともに活動する国のひとつである日本は、もしかしたら、LGBTに関する人権擁護が進んでいるかと思われているかもしれないが、国内の状況はまだまだです。SOGIに関する差別や偏見を禁止する法律や、同性同士のパートナーシップを保障する法律がないだけでなく、トランスジェンダーの人たちが戸籍を変えるためには性別適合手術が条件になっています。LGBTの子どもたちの自殺率も高い。そのような社会を変えていくためにも、プライドハウス東京の活動を生かして行きたいです。パートナーシップを通して、UNAIDSがLGBTの人権やセクシュアルヘルスの領域でこれまでに蓄積した専門的な知識、技術、経験、その力をお借りし、将来的には、日本でのLGBTセンターの設立をレガシーにしていきたいです。」
と、日本のLGBTの状況や、「プライドハウス東京」の意義が伝えられました。

(※1)国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連児童基金(UNICEF)、世界食糧計画(WFP)、国連開発計画(UNDP)、国連人口基金(UNFPA)、国連薬物犯罪事務所(UNODC)、国連女性機関(UN Women)、国際労働機関(ILO)、国連教育科学文化機関(UNESCO)、世界保健機構(WHO)、世界銀行(World Bank)
(※2)International Day Against Homophobia, Transphobia and Biphobia。1990年5月17日にWHOの精神疾患リストから同性愛が削除されたことがきっかけとなった、LGBT等のセクシュアル・マイノリティへの嫌悪に対して反対する国際デー。
 

覚書調印式の様子覚書調印式の様子

◆「国連合同エイズ計画(UNAIDS)」と「プライドハウス東京」の覚書調印式について

・場所:
スイス・ジュネーヴ UNAIDS事務局 K.Annan Room
(20 Avenue Appia, Geneva 1211 Switzerland)

・日程:
2019年5月17日(金)14:30~15:30 ※現地時間

・調印者:
グニラ・カールソン(UNAIDS事務局長臨時代理)
松中 権(「プライドハウス東京」代表/ 認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ 代表)

◆調印者プロフィール

「プライドハウス東京」との覚書調印に向けた抱負を語るグニラ・カールソン「プライドハウス東京」との覚書調印に向けた抱負を語るグニラ・カールソン

グニラ・カールソン
https://www.unaids.org/en/aboutunaids/unaidsleadership/bios/gunilla_carlsson

 

日本のLGBTの現状と「プライドハウス東京」の意義について語る松中権日本のLGBTの現状と「プライドハウス東京」の意義について語る松中権

松中 権(まつなか ごん)
(「プライドハウス東京」代表/ 認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ 代表)
1976年、金沢市生まれ。一橋大学法学部卒業後、電通に入社。海外研修制度で米国ニューヨークのNPO関連事業に携わった経験をもとに、2010年、NPO法人を仲間たちと設立。2016年、第7回若者力大賞「ユースリーダー賞」受賞。2017年6月末に16年間勤めた電通を退社し、二足のわらじからNPO専任代表に。LGBTと社会をつなぐ場づくりを中心としたこれまでの活動に加え、日本全国のLGBTのポートレートをLeslie Keeが撮影するプロジェクト「OUT IN JAPAN」や、2020年に向けたプロジェクト「プライドハウス東京」等に取り組む。

[参考]

◆「プライドハウス東京」コンソーシアムについて

「プライドハウス」とは、2010年バンクーバー冬季大会にて立ち上げられた、LGBTに関する情報発信・ホスピタリティ施設で、以降、大きな国際スポーツ大会にあわせて、地元のNGOが立ち上げ企画運営してきました。「プライドハウス東京」は、2018年9月6日のプロジェクト・キックオフ以降、より多くの方々のLGBTに対する理解を深めるとともに、選手を含めた国内外から訪れるLGBT当事者や家族・友人・アライが、安心して集い交流できる場を提供することを目指し、活動しています。現時点では、29の団体・個人、16の企業、5つの駐日各国大使館が連携しています。

<参画:NPO・個人>
NPO法人akta、NPO法人エティック(ETIC.)、NPO法人LGBTの家族と友人をつなぐ会、NPO法人カラフルチェンジラボ、認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ、NPO法人グリーンバード、認定NPO法人SHIP、NPO法人GEWEL(ジュエル)、一般財団法人スポーツ&ライフ振興財団、NPO法人東京レインボープライド、にじいろかぞく、特例認定NPO法人虹色ダイバーシティ、NPO法人日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラス(JaNP+)、NPO法人ハートをつなごう学校、Fruits in Suits(※3)、NPO法人ぷれいす東京、Broken Rainbow –Japan、虫めがねの会、University Diversity Alliance、認定NPO法人ReBit(リビット)、NPO法人 レインボー・リール東京、遠藤まめた、大滝麻未、熊谷紗希、野老朝雄、永里優季、長谷川博史、三橋順子、向山昌利
(※3)2019年5月20日から「プライドハウス東京」コンソーシアムに参加。

<協賛:企業>
アクセンチュア株式会社、Alfa Romeo(FCAジャパン株式会社)、イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社、シスコシステムズ合同会社、株式会社スポーツワン、ソニー株式会社、salt consulting株式会社、東急不動産株式会社、株式会社TRUNK、日本生命保険相互会社、野村ホールディングス株式会社、パナソニック株式会社、ビザ・ワールドワイド、ヴィーブヘルスケア株式会社、BASE Q、株式会社丸井グループ

<後援:駐日大使館>
イギリス大使館、オランダ王国大使館、カナダ大使館、フランス大使館、駐日欧州連合代表部

◆UNAIDSによるWEBリリース

2019年5月17日 Feature Story
『2020年五輪を控え、UNAIDSがプライドハウス東京とパートナーシップ』
https://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2019/may/20190517_MoU_pride_house_Tokio

(※2019年5月21日修正)
修正前:ラグビーワールドカップ2019東京大会
​修正後:ラグビーワールドカップ2019日本大会
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ >
  3. 2020年に向けたLGBT情報発信プロジェクト「プライドハウス東京」と、「国連合同エイズ計画(UNAIDS)」が覚書締結。LGBTの人権とセクシュアル・ヘルスに関する普及啓発において協力関係の構築へ。