ARスポーツ「HADO」を開発する株式会社meleapが3億円の資金調達を実施

アメリカ、マレーシアで支社を立ち上げ、海外展開を加速

株式会社meleap(所在地:東京都港区、CEO:福田 浩士)は、インキュベイトファンド、DBJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル(3号投資事業有限責任組合)から総額3億円の資金調達を実施したことを発表いたします。

meleap取締役と投資家(インキュベイトファンド和田氏、DBJキャピタル河合氏)の集合写真meleap取締役と投資家(インキュベイトファンド和田氏、DBJキャピタル河合氏)の集合写真


■HADOとは
HADO(ハドー)とは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、AR技術を使ったスポーツです。3対3のチームに分かれ、エナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦します。
 


 

HADOはエナジーボールを撃ち合って戦うスポーツHADOはエナジーボールを撃ち合って戦うスポーツ


株式会社meleapはHADOをフランチャイズ展開し、世界中に店舗を広げています。
現在、「HADO MONSTER BATTLE」や「HADO SHOOT!」などのHADOシリーズも含めると常設店舗数は世界9ヶ国、25店舗となり、延べ60万人以上が体験しています。


■調達した資金の使い道
HADOの海外展開を加速させるため、アメリカ(ロサンゼルス)とマレーシア(クアラルンプール)に支社を作り、店舗開拓と顧客サポートの体制を強化していきます。
また、HADO以外のARを使った新競技も開発を進めており、来年のリリースに向け、開発体制を強化していきます。


■12月3日にはHADO WORLD CUPも開催
今年の12月3日には、HADOの世界大会「HADO WORLD CUP 2017」を開催します。賞金総額は300万円。今年は最大6ヶ国からの選抜チームが集い、東京タワー横のスターライズタワーで激闘します。

詳細はこちら  http://meleap.com/worldcup/

 
【インキュベイトファンド 和田 圭祐氏のコメント】
革命家としての初志と常識で測りきれない野心的な構想を貫徹すべく、新しい技術を用いた文化創造に挑戦し、世界中の人々が興奮できるサービスを提供していただけるよう願っています。


【DBJキャピタル 河合 将文氏のコメント】
(株)meleapは、AR技術とスポーツを融合させた「テクノスポーツ」という新たなジャンルを開拓しています。体験の斬新さと分かり易い競技性に加え、観戦者も一緒に楽しめる仕掛けによって、既に世界各地へ広がっています。我々DBJキャピタルは、日本政策投資銀行グループのベンチャーキャピタルですが、日本発「テクノスポーツ」のグローバル展開と更なる成長をご支援するため、DBJグループの総合力を発揮しながら、共に挑戦して行きたいと考えています。
 

 

投資家合同ミーティング時に行われた、meleapファウンダーチーム(福田・新木)と投資家チーム(DBJキャピタル河合・インキュベイトファンド和田)のHADOバトル。



■株式会社meleap会社概要
社名 : 株式会社meleap
設立 : 2014年1月24日
資本金:3億9361万円(資本準備金含む)
所在地: 東京都港区芝公園4-1-4 メソニック38MTビル
代表 : 福田 浩士
URL : http://meleap.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社meleap >
  3. ARスポーツ「HADO」を開発する株式会社meleapが3億円の資金調達を実施