日立オートモティブシステムズとマツダ、新しい車両運動制御技術「G-ベクタリング コントロール プラス」を共同開発

日立オートモティブシステムズ株式会社(社長執行役員&CEOブリス・コッホ/以下、日立オートモティブシステムズ)とマツダ株式会社(以下、マツダ)は、マツダの新世代車両運動制御技術「スカイアクティブ ビークル ダイナミクス(SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS)」第二弾である「G-ベクタリング コントロール プラス (G-Vectoring Control Plus、以下GVC Plus)」を共同開発しました。

GVC Plusは、日立オートモティブシステムズが有する車両運動制御アルゴリズムを基にマツダが応用開発し、2016年に発表した「G-ベクタリング コントロール(以下GVC)」の進化技術です。GVCによる車両の横方向と前後方向の連係運動に加えて、ブレーキによる直接ヨーモーメント制御によって更なる車両挙動の安定化を実現します。GVC Plusは、本日より日本市場にて予約受注を開始するマツダCX-5の商品改良モデルから順次、マツダの各モデルへ搭載されます。

今後も日立オートモティブシステムズは、このような自動車の安全性や快適性を向上する自動車機器システムの開発を強化し、自動車メーカーの魅力あるクルマづくりに貢献していきます。

「マツダ CX-5」「マツダ CX-5」


■会社概要
日立オートモティブシステムズ株式会社
本社: 東京都千代田区大手町二丁目2番1号 新大手町ビル
事業内容: 自動車部品および産業用機械器具・システムの開発、製造、販売およびサービス
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日立オートモティブシステムズ株式会社 >
  3. 日立オートモティブシステムズとマツダ、新しい車両運動制御技術「G-ベクタリング コントロール プラス」を共同開発