勤怠管理システム「Win-Board(ウィンボード)」と給与即日払いサービス「Payme」がサービス連携

勤怠情報の入力を省略化することで業務工数を大幅改善

株式会社イー・カムトゥルー(本社 札幌市中央区、代表取締役 上田 正巳)の飲食店向けクラウド日次決算プラットフォーム「Win-Board(ウィンボード)」と株式会社ペイミー(本社 東京都渋谷区、代表取締役 後藤道輝)が提供する給与即日払いサービス「Payme」のサービス連携が開始しましたので、お知らせいたします。


株式会社イー・カムトゥルーは「ICTの果実を供して、事業会社の成長を後押しする」をミッションに、飲食店向けクラウド日次決算プラットフォーム「Win-Board」を提供しています。飲食店で重要なFLコストを中心に「日次決算の自動化」を実現することで、これから飲食店の拡大を目指す経営者の「見える化」のニーズに応え、店舗経営の課題発見と対策の早期化を促進します。現在、全国で約3,500店舗に導入されており、2019年6月にAIなど最先端の技術を活用した新バージョン(β版)の提供を開始しています。

 
ペイミーは「資金の偏りによる機会損失のない世界を創造する」をミッションに、給与即日払いサービス「Payme」を提供しています。「日払い」「週払い」を実現することで20代を中心とした若い世代の急な資金ニーズに応え、企業の採用応募数・定着率の向上にひと役買うサービスとして支持を集めています。導入実績は、2017年11月の正式版リリースより約2年で300社を突破。現在もその数字を伸ばしています。

本連携により、「Win-Board」から出力された勤怠データ(給与計算用データ)をPaymeに取り込むことが可能に。勤怠情報の手入力を省略化することで、導入工数が大幅に削減され、より簡単に、より便利に、Paymeを利用できるようになりました。

今後はさらなる効率化を図るために、CSVデータの取り込みだけでなく、サービス同士のシームレスな連携の実現を目指します。

 
■飲食店向け日次決算プラットフォーム「Win-Board」について
飲食店の最重要KPIである、「売上」「食材費」「人件費」をPOSシステムをはじめとした様々なシステムと連携し、自動的に日次決算を提供するクラウドサービスです。システムに慣れてない方でもご利用頂けるよう、徹底的にわかりやすいUXとカスタマーサクセスを実現させ、飲食店の複数店舗運営企業を中心に全国で3,500店舗でご利用頂いております。最先端の技術で生み出されたレストランテックで、飲食店の生産性と効率性の向上を目指し、「持続可能なレストランの実現」を通じて、日本の生産物をはじめとした食文化の発展に貢献します。

 
■給与即日払いサービス「Payme」について
企業の勤怠データと連携し、実労働時間から給与計算を行って即日払いを行うサービスです。シンプルでわかりやすいUI・UXを実現させ、飲食チェーン、人材派遣、小売、コールセンター、アミューズメント、物流など300社以上と契約。アルバイト労働力が不足する企業や20代を中心とした若い世代から支持を集めています。利用できる金額の上限は、その日までに働いた額の70%まで。この金額の範囲であれば、1,000円単位でいつでも即日払いを申請できます。
サービス資料はこちら:https://payme.tokyo/request/

 
【両社概要】
株式会社イー・カムトゥルー
代表者:代表取締役 上田 正巳
資本金:1億6,594万円(資本準備金8024万円)
設立 :2000年5月23日
所在地:札幌市中央区南1条東1丁目3番地パークイースト札幌ビル 2階 
サイト:http://www.e-cometrue.com

株式会社ペイミー
代表者:代表取締役 後藤 道輝
資本金:5億8,000万円
設立 :2017年7月
所在地:東京都渋谷区宇田川町2-1 渋谷ホームズ822
サイト:https://payme.tokyo/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ペイミー >
  3. 勤怠管理システム「Win-Board(ウィンボード)」と給与即日払いサービス「Payme」がサービス連携