カーリースで人気な車種はどれ? MOTAカーリース申込車種ランキング【2020年12月版】

新車の見積もりや値引き、カーリース、中古車の買取査定、中古車の購入問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行うサイトを運営する株式会社MOTA(本社:東京都港区、代表取締役:佐藤 大輔)は、2020年12月MOTAカーリース申込者・申込車種の調査結果を発表した。

MOTAカーリース申込車種ランキング 2020年12月版 調査結果

調査内容: 申込者データ、MOTAカーリース申込車種ランキング
測定期間:2020年12月1日(火)〜12月31日(木)
調査方法:自社ツール調査 MOTAが運営するMOTAカーリースの申込者、申込車種件数を集計
調査対象:測定期間中にMOTAカーリースに掲載された車種
※株式会社MOTAが公表する全ての調査および集計結果は、株式会社MOTAが企画し、独自に調査・集計したものです。
 
  • トヨタ ヤリスクロスがスズキ ハスラーを抜いて1位に|2020年12月申込数ランキングTOP10

 

 

1位:トヨタ ヤリスクロス(先月:2位)
2位:スズキ ハスラー(先月:1位)
3位:ダイハツ ムーヴキャンバス(先月:TOP10圏外)
4位:トヨタ アルファード(先月:9位)
5位:トヨタ ランドクルーザープラド(先月:TOP10圏外)
6位:ホンダ N-BOX(先月:8位)
7位:トヨタ RAV4(先月:TOP10圏外)
8位:スズキ ソリオ(先月:TOP10圏外)
9位:ダイハツ タフト(先月:4位)
10位:トヨタ ライズ(先月:6位)

都道府県別申込数で埼玉が1位に

都道府県別申込数では、先月5位だった埼玉県が1位となった。 先月1位だった愛知県は2位、先月2位だった東京都は9位へとダウン。

20代から30代前半の申込割合が大きくなっている

年齢別申込数では特に20代など若い世代に支持されている。その理由として、MOTAカーリースは月々の支払額が一律で頭金が不要なことだと考えられる。 また、30~39歳の子育て世代の割合も高くなっている。「送り迎えや買い物で車が必要になった」「割合乗車人数が増えたため、車を乗り換える必要がある」「しかし大きな出費を抑えたい」そんなユーザーに選ばれているようだ。


年収400万円台ユーザーの申込が増加

審査可決と保留が40%を占めるなど、以前よりも否決割合が下がってきている。 その理由としては、毎月の支払に余裕の持てる年収300万円台、400万円台の比率が上がってきていることだと考えられる。
 
  • 1位 トヨタ ヤリスクロスの特徴・月額 

トヨタ ヤリスクロスは、2020年2月にデビューしたコンパクトカーのヤリスがベースのコンパクトSUV。 ヤリスのもつ「走る楽しさへのこだわり」「クラスを超えた質感」を受け継ぎつつ、都市型コンパクトSUVを再定義することを目指し開発された。 パワートレインには、ヤリスにも搭載される最新の3気筒 1.5リッター+ハイブリッドシステムのほか、1.5リッターのダイナミックフォースエンジンモデルも用意。FFのほかに、AWD-iと呼ぶ4WDシステムとの組み合わせも設定している。

 

■現行モデル発売月:最新モデル(初代)2020年8月 
■月額:2万2300円(税別)~(11年プランの場合) 
■MOTAカーリース情報 
https://autoc-one.jp/lease/search/toyota/yariscross/?prSourceId=6&utm_source=MOTAsite&utm_medium=article&utm_campaign=link&utm_content=yariscross

 

 
  • 2位 スズキ ハスラーの特徴・月額

 
2019年12月にフルモデルチェンジし2代目へ進化したスズキ ハスラーのキャッチコピーは「遊べる軽」。 遊び心溢れるデザインと、高い積載性が特徴の一台。オレンジやピンクなどのフレッシュなカラーリングも魅力的。 内装には外装色と同じ色のパネルやシートパイピングを取り入れ、カラフルに演出している。 後部座席は左右独立でスライド・折りたたみができるなど実用性も高い。アウトドアでの使用を想定した4WDグレードや、豊富なアクセサリーも見逃せないポイント。

 

■現行モデル発売月:最新モデル(2代目)2019年12月 
■月額:1万5700円(税別)~(11年プランの場合)
■MOTAカーリース情報
https://autoc-one.jp/lease/search/suzuki/hustler/?prSourceId=6&utm_source=MOTAsite&utm_medium=article&utm_campaign=link&utm_content=hustler
 

 

  • ​3位 ダイハツ ムーヴキャンパスの特徴・月額 

ダイハツ ムーヴキャンバスは、レトロなカラーリングが可愛らしい軽トールワゴン。 注目の装備は、2列目シート下にある「置きラクボックス」。普段は折りたたみ傘や靴をしまっておくことが出来るほか、引き出した状態では、植木のように高さのある荷物を立てたまま運べる優れもの。 ハンドル操作に合わせてカーブの先を照らす「AFS」や、衝突回避支援システム「スマートアシストII」、狭いスペースでの駐車に便利な「パノラマモニター」など安全装備も充実。

 

■現行モデル発売月:最新モデル(初代)2016年9月 
■月額:1万5400円(税別)~(11年プランの場合)
■MOTAカーリース情報 
https://autoc-one.jp/lease/search/daihatsu/move_canbus//?prSourceId=6&utm_source=MOTAsite&utm_medium=article&utm_campaign=link&utm_content=move_canbus

 



株式会社MOTAについて
1999年オートバイテル・ジャパンとして設立。新車見積もり仲介サービスを提供開始。 2009年のサイトリニューアル以降では自動車メディアサイトとしても展開。 新車、中古車、カー用品、自動車ニュース、車買取、カーリースと自動車に関するサービスを一貫して取り扱っている。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MOTA >
  3. カーリースで人気な車種はどれ? MOTAカーリース申込車種ランキング【2020年12月版】