アスタリスト、元三菱UFJ銀行 代表取締役専務 長田忠千代氏を戦略顧問に招聘

~iPaaS「ActRecipe」によるハイレベルな内部統制の実現へ~

SaaSやFinTechサービスのデータ統合によってハイレベルな内部統制を実現するエンタープライズiPaaS「ActRecipe」を提供するアスタリスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:池上大介、以下「アスタリスト」)は、元三菱UFJ銀行 代表取締役専務 長田忠千代氏を戦略顧問として招聘しましたのでお知らせします。長田氏の企業経営に関わる深い知見と幅広いネットワークを活用することで、内部統制プラットフォームiPaaS「ActRecipe」を主力事業として展開するアスタリストの営業戦略・財務戦略等経営力を強化し、さらなる成長に繋げてまいります。
■長田忠千代氏のプロフィール


【氏名】
長田 忠千代(オサダ タダチヨ)

【略歴】
1980年 株式会社三菱銀行 入行
2006年 株式会社三菱東京UFJ銀行 執行役員
2010年 株式会社三菱東京UFJ銀行 常務執行役員
2012年 株式会社三菱東京UFJ銀行 代表取締役専務
2014年 東京急行電鉄株式会社 常勤監査役
2018年 財団法人日本舞台芸術振興会 理事
2019年 株式会社マルタスインベストメント 代表取締役会長
2020年 株式会社バンカーズ・ホールデイング 代表取締役会長
     イセ食品株式会社 社外取締役
     その他、社外役員・顧問多数

■長田忠千代氏のコメント
アスタリスト株式会社が提供する「ActRecipe (アクトレシピ)」は、いわゆるiPaaS(integration Platform-as-a-Service)サービスです。「レシピ」というユニークなコンセプトで、既に上場企業はじめ多くの大手企業に採用されており、ビジネスのみならず社会全体のDX化の流れの中でSaaSやクラウドサービスの利用が拡大し続ける環境下、今後ますます必要とされるサービスです。特に、銀行API等のFinTechの連携に強みを持っていることから、経理財務をはじめとする内部統制プラットフォームとして、ひいてはSDGs(*)における「8.働きがいも経済成長も」や「9.産業と技術革新の基盤をつくろう」の達成に近づく可能性を秘めたサービスであると感じました。これらは、私のビジネスライフのテーマである、「企業経営におけるハイレベルな内部統制の実現」と「SDGs推進による企業と社会の持続的成長への寄与」に完全に合致しており、顧問としての参加を決意しました。これまでの長いビジネス生活で培った知見やネットワークを通じて、アスタリストのさらなる成長に向けて微力ながら全力で支援してまいります。

* SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

■アスタリストについて
アスタリストはConcur Expenseをはじめとする出張・経費管理クラウドシステムを提供する株式会社コンカーの日本初の認定導入パートナーとして国内トップクラスの導入実績を誇っており、ITを活用した経理財務領域の自動化・省力化実績が豊富にあります。アスタリストの詳細は https://www.asterist.com/ をご覧ください。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アスタリスト >
  3. アスタリスト、元三菱UFJ銀行 代表取締役専務 長田忠千代氏を戦略顧問に招聘