「阪急阪神のリフォーム」支払方法にクレジット決済を導入

阪急阪神不動産株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:若林常夫)では、4月8日(月)から、当社が提供しているサービス「阪急阪神のリフォーム」ご利用の際の支払において、クレジット決済(ただし、100万円未満の支払に限ります。)を導入します。
電子マネーをはじめとしたキャッシュレスが進む中、リフォーム業界では現金又は振込払のみの会社が多いことから、当社といたしましては、他社との差別化を図るとともに、お客さまのニーズにお応えするため、クレジット決済を導入することとしたものです。

更に、Sポイント対象カードを用いて決済を行うことで、阪急阪神ホールディングスグループとエイチ・ツー・オー リテイリンググループ共通のポイント「Sポイント」も付与されます。
当社では、3月22日(金)にリフォームの来店型店舗1号店「北千里営業所」を開設するなど、リフォームサービスを拡充しており、お客さまの満足度が更に向上するようなサービスを、引き続き提供し続けることで、沿線をはじめとした地域の活性化に貢献してまいります。



阪急阪神不動産株式会社 https://www.hhp.co.jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/6731_fcf020cc508e3e3ee2907035e1841e287376568a.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 阪急阪神不動産株式会社 >
  3. 「阪急阪神のリフォーム」支払方法にクレジット決済を導入