インドネシア津波被災者救援・日本赤十字社から500万円の援助が決定

~医療・衛生活動、こころのケア、安全な水の供給を~

日本赤十字社は、インドネシア津波被災者救援のため、国際赤十字・赤新月社連盟を通じた500万円の資金援助を決定しました。

 

インドネシアスンダ海峡で発生した津波による被害インドネシアスンダ海峡で発生した津波による被害


12月22日にインドネシアのスンダ海峡で発生した津波により、430人が犠牲となっています(12月26日付国家災害対策庁発表)。インドネシア赤十字社は、発災当初から救援活動を実施し、行方不明者の捜索救助(赤十字ヘリコプター2機)をはじめ、医療班(6班)や救急車(24台)、給水車(14台)の被災地への派遣、また、救援物資の配布やボランティアによる応急手当、がれき撤去などを全力で行っています。

インドネシア津波災害 被災者に支援物資をお届けするインドネシア津波災害 被災者に支援物資をお届けする


この災害の被災者救援のため、日本赤十字社は国際赤十字・赤新月社連盟を通じた500万円の資金援助を決定しました。インドネシア赤十字社が現地で行う医療活動、こころのケア、衛生活動、安全な水の供給など、被災者7000人を対象とした救援活動に充てられる予定です。

インドネシアスンダ海峡で発生した津波による被害インドネシアスンダ海峡で発生した津波による被害



この支援は、12月1日から25日まで実施した日本赤十字社の「NHK海外たすけあい」キャンペーンに皆さまから寄せられた募金が活用されます。

 

インドネシア津波災害 被災者を搬送インドネシア津波災害 被災者を搬送

 

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日赤 >
  3. インドネシア津波被災者救援・日本赤十字社から500万円の援助が決定