COVID-19の状況におけるオンラインアーカイヴの教育利用などを考えるシンポジウムを開催

第3回 多摩美術大学アートアーカイヴシンポジウム「メディウムとしてのアートアーカイヴ」

多摩美術大学(東京都世田谷区、八王子市 学長:建畠晢)は、12月5日(土)に第3回多摩美術大学アートアーカイヴシンポジウムをオンラインにて開催いたします。3回目の開催となる今回は「メディウムとしてのアートアーカイヴ」と題し、研究と教育の結節点に位置する、美術大学のアートアーカイヴ活用のあり方を考えます。特に、COVID-19の状況におけるオンラインアーカイヴの教育利用と、現在センターが開発を進めている、統合データベースの設計と運用について、報告と議論を行います。

第3回多摩美術大学アートアーカイヴシンポジウム「メディウムとしてのアートアーカイヴ」

ポスターデザイン:加藤勝也(グラフィックデザイン学科准教授)ポスターデザイン:加藤勝也(グラフィックデザイン学科准教授)


【開催概要】

日時:2020年12月5日(土)10:00-17:00
オンライン開催:参加無料・事前登録制(先着順400名)
*登録・詳細はこちらから
https://aac.tamabi.ac.jp/information_symposium2020.html

主催:多摩美術大学アートアーカイヴセンター
協力:多摩美術大学メディアネットワーク推進委員会
お問い合わせ:多摩美術大学アートアーカイヴセンター事務室
aac@tamabi.ac.jp



【プログラム】全体進行:安藤礼二(多摩美術大学)


 オープニング(10:00-10:10)
  青柳正規 (多摩美術大学理事長)



第1部 アートアーカイヴの現状(10:15-12:15)
 ●写真という軽やかな根拠 マン・レイとその周辺
  小泉俊己(多摩美術大学)、光田由里(DIC川村記念美術館)

 ●インタラクションの分析
  久保田晃弘(多摩美術大学)

 ●和田誠アーカイヴ寄贈の報告とその可能性
  佐賀一郎(多摩美術大学)、塚田 優(多摩美術大学)

 司会:安藤礼二

第2部 アートアーカイヴと遠隔教育(14:00-15:15)
 ●三上晴子アーカイヴから立ち上がる講義資料
  石山星亜良(多摩美術大学)
 
 ●文様アーカイヴとアート&デザイン教育
  深津裕子(多摩美術大学)

 コメンテーター:赤塚祐二(武蔵野美術大学)、加治屋健司(東京大学)、関口敦仁(愛知県立芸術大学)
 司会:久保田晃弘

第3部 アーカイヴ/コレクションのためのデータベース(15:30-16:45)
 ●美術館とアーカイヴセンターを横断するデータベース構築に向けて
  木下京子(多摩美術大学)、淵田雄(多摩美術大学美術館)、堀口淳史
 
 ●最終講義゠展《Air Language program》について
  平出隆(多摩美術大学)

 コメンテーター:川口雅子(国立西洋美術館)、谷口英理(国立新美術館)、渡部葉子(慶應義塾大学アート・センター)
 司会:佐賀一郎

クロージング(16:45-17:00)
 ●シンポジウムの総括とアートアーカイヴセンターの未来
  建畠晢(多摩美術大学学長)、久保田晃弘、永原康史(多摩美術大学)、平出隆

【関連情報】
多摩美術大学アートアーカイブセンター創設記念シンポジウム(2019年3月29、30日に実施)
https://k.tamabi.ac.jp/activity/kikaku/2096487/
第2回 多摩美術大学アートアーカイヴシンポジウム「アートアーカイヴとは何か」(2019年12月7日に実施)
https://aac.tamabi.ac.jp/information_symposium2019.html
 

日本とアジアの群島を結ぶ文様研究「バリ島の祭礼に参加する人々の装い」撮影:佐々木成明日本とアジアの群島を結ぶ文様研究「バリ島の祭礼に参加する人々の装い」撮影:佐々木成明

「横山操資料展」撮影:須田行紀、多摩美術大学アートテークギャラリー(2019年11月9日ー15日)「横山操資料展」撮影:須田行紀、多摩美術大学アートテークギャラリー(2019年11月9日ー15日)

和田誠資料輸送の様子 撮影:寺林真代和田誠資料輸送の様子 撮影:寺林真代

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人 多摩美術大学 >
  3. COVID-19の状況におけるオンラインアーカイヴの教育利用などを考えるシンポジウムを開催