国内のNFT市場形成を促進するため、ブロックチェーンコンテンツ事業会社3社が業務提携を実施。コンテンツホルダー・クリエイターのNFT事業において、発行から販売までをワンストップで支援

ブロックチェーンゲーム開発のdouble jump.tokyo株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:上野広伸)は本日、CryptoGames株式会社(本社:東京渋谷区、代表取締役:小澤孝太)及び、株式会社スマートアプリ(本社:東京港区、代表取締役:高長徳)と、海外を中心に話題となっている「NFT(ノンファンジブルトークン)」事業において、日本でのNFT市場の形成を加速させる為、業務提携を実施することをお知らせいたします。
NFTを活用したブロックチェーンゲームの運営実績があるdouble jump.tokyo社及びCryptoGames社と、暗号通貨決済サービス及びコンテンツホルダーとのNFT販売実績のあるスマートアプリ社が提携することにより、コンテンツホルダー及び、クリエイターのNFT事業化をワンストップで支援できる体制を作ります

本提携により、コンテンツホルダー・事業者・クリエイター向けに以下のような支援を展開して参ります。
・NFT発行・販売支援
・最新動向による販売手法の提案
・国内、海外マーケティング支援
・ブロックチェーンゲームやその他コンテンツとのコラボレーション
・ブロックチェーンやNFTに関するの講習会の実施
など

CryptoGames株式会社>


ウォレット・イーサリアムなしで遊べるブロックチェーンゲーム『クリプトスペルズ』を2019年6月25日に正式リリース。クラウドセールの売上は900ETHを突破し、当時日本最高記録となり、2020年6月には初のテレビCMも実施いたしました。

2021年3月に、VtuberのNFTの発行サポートを行う「Vtuber NFT」、イラストレーターの応援を増やす「NFT Studio」のローンチを予定しております。

<株式会社スマートアプリ>



ERC20及びERC721に準拠したトークン管理、ブロックチェーンゲーム(DApps)・ファイナンス(Defi)の利用機能が搭載されたスマートフォン向けDAppsブラウジング機能付きウォレットアプリ「GO! WALLET」の開発・運営及び、ブロックチェーン事業者向けプラットフォームサービス「GO BASE」を展開しています。
2020年10月、NFT販売アプリ「NFTトレカ」をリリース。
2021年4月、日本初のクリプトアーティスト登録制NFTプラットフォーム「nanakusa」をリリース予定。
現在、国内外のIPホルダーやクリプトアーティストとのアライアンスを積極的に推進中。

株式会社スマートアプリ 概要
社名 : 株式会社スマートアプリ
所在地 : 東京都文京区本郷3–38–1 本郷信徳ビル7階 HashHub内
代表取締役 : 高長徳
一般社団法人日本ブロックチェーン協会 正会員
ブロックチェーンゲームコンテンツ協会 理事
WEB :  https://www.smartapp.co.jp

<double jump.tokyo株式会社>

double jump.tokyoは2018年4月の設立からブロックチェーン技術領域でのゲーム開発専業会社として世界No.1を記録したブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』をはじめ、ブロックチェーンゲーム開発支援プログラムの提供や各NFT関連事業者との横断的プロジェクト、規制当局との窓口となる協会運営等を推進してまいりました。
世界に先駆けてNFTのユースケースを作ってきた知見を活かし、日本IPを中心としたNFTの設計・発行・運営を支援してまいります。


会社名:double jump.tokyo株式会社
所在地 :東京都新宿区西新宿4-34-7
代表取締役 : 上野広伸
事業内容:ブロックチェーン技術を用いたゲーム及びアセットの開発・運営・販売
ホームページ:https://www.doublejump.tokyo/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. double jump.tokyo >
  3. 国内のNFT市場形成を促進するため、ブロックチェーンコンテンツ事業会社3社が業務提携を実施。コンテンツホルダー・クリエイターのNFT事業において、発行から販売までをワンストップで支援