全国でクリーニング店を展開する株式会社白洋舍がGoogleマイビジネスを包括的に管理可能な注目のサービス”Canly(カンリー)”を導入決定

新型コロナウイルス感染拡大に伴い「新しい生活様式」が浸透するなか、オンラインショップだけでなくリアル店舗においても消費者のオンライン上での情報取得の重要性がますます高まっている。これまで、店舗の営業時間や所在地などの情報は、企業のHPで確認するのが一般的だった。しかし、近年はGoogleサービス(Google 検索や Google マップなど)から店舗情報等を得る消費者が増えてきており、Googleサービスにおける正確な情報の表示・管理がなされなければ、企業は潜在顧客を失う可能性もでてきている。

そのような背景において、注目を集めているサービスがGoogleマイビジネスである。Googleマイビジネスは、さまざまな Googleサービス上にローカルビジネス情報を表示し、管理することができるツールである。

全国でクリーニング事業を運営する株式会社白洋舍は、公式HPにおいて店舗情報の提供・更新を行ってきた。しかしながら、Googleサービス上での500を超える店舗情報等に関しては十分な管理ができていなかったことから、実際の営業時間等の情報がGoogleサービス上の表示と異なる場合があり、お客様からの口コミ投稿に対する対応ができていないなど、その情報管理・活用について課題認識を持っていた。

今般、株式会社白洋舍はGoogleマイビジネスページ管理時間の大幅な削減やスピーディーな最新情報の提供、口コミデータ分析を目的に、株式会社Leretto(リリット)が運営するCanly(カンリー)の導入を決定した。Canly(カンリー)の導入により、全店舗で一括の店舗情報の更新ができるため、これまで課題となっていたGoogleマイビジネス上でのタイムリーかつ正確な情報の掲示により、Google検索・Googleマップの双方から集客する基盤の体制を作る事が可能となった。

 


株式会社白洋舍(クリーニング事業部 部長 小田氏)は「新型コロナウイルス感染拡大の影響から、お客様はより安心・安全を求めるようになってきている。Canly(カンリー)の導入により口コミ返信や分析機能により、お客様のニーズにお応えしやすくなる。お客さまとの関係性を更に強化していくことで、新規顧客の獲得や売上増加にも繋げていきたい」としており、Canly(カンリー)への期待も大きい。
 
  • Canly(カンリー)について
Canly(カンリ―)は、Googleマイビジネスや各SNSの店舗アカウントを一括管理することで、管理・運用コストの削減、データ分析により店舗運営上の課題を特定し施策の改善につなげる店舗管理クラウドサービス(国際特許申請済)。
サービスページ:https://jp.can-ly.com/
資料請求はこちら:https://jp.can-ly.com/contact/
 
  • Canly(カンリー)詳細
1.店舗情報を一括で更新
複数の店舗情報を一括で更新可能。
コロナ禍で店舗営業情報の修正であったり、店舗ごとの発信作業が増えたという課題に対して、Canly(カンリー)を利用すれば、運用工数を大幅に削減できるだけでなく、一部店舗のみ情報記載ミスをしてしまうリスクを防ぐことが可能。

2.店舗情報の改ざんを自動でブロック
Googleマイビジネス運用の大きな課題として、悪質なユーザに店舗情報を改ざんされるリスクがある。
Canly(カンリー)は情報の改ざんを自動でブロックする機能を提供しているため、悪質なユーザの改ざん行為を防ぐことが出来る。

3.全店舗横断でのデータ分析
店舗ごとの分析はもちろん、全店舗を横比較する分析も可能。
更にはエリアや業態で切ったグループ分析やランキング機能により、店舗運営上の課題の把握、予算配分や出店計画の検討のサポートが可能。

4.全店舗分の口コミデータの一元管理
複数アカウントを運用している方々の課題として、顧客からの口コミ対応がある。
ユーザからの口コミに丁寧に対応をすることは、顧客との信頼関係構築において重要な事項であるが、1つ1つ返信を行うのは膨大な工数がかかる。
Canly(カンリ―)を導入することで、管理画面から一括で口コミ返信が可能となる。
更には、全店舗分の口コミデータを管理画面で閲覧、CSVとしてダウンロードが可能。
お客様の生の声を経営戦略や、オペレーション改善に活かすことが可能。

5.豊富なMEOサポート
累計7,000店舗以上のMEOコンサル(https://meocloud.jp/)を行ってきた知見を無償でご提供。インバウンド流入増加のサポートが可能。
 
  • Canly(カンリー)導入企業(一部抜粋)

 

  • 会社概要
社名:株式会社白洋舍
代表者:松本 彰
設立:1920年5月2日
所在地:東京都大田区下丸子2丁目11番8号
資本金:24億10百万円
事業内容:クリーニング事業、リネンサプライ事業、ユニフォームレンタル事業、ハウスクリーニング事業 他
HP URL:http://www.hakuyosha.co.jp/

社名:株式会社Leretto(リリット)
代表者: 秋山 祐太朗 / 辰巳 衛
設立:2018年8月15日
所在地:東京都目黒区東が丘1-14-2
資本金:42,475,425円(資本準備金含む)
事業内容:
MEO対策サービス :https://meocloud.jp/
Googleマイビジネスや各SNSアカウントの一括管理サービス:https://jp.can-ly.com/
HP URL: https://leretto.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カンリー >
  3. 全国でクリーニング店を展開する株式会社白洋舍がGoogleマイビジネスを包括的に管理可能な注目のサービス”Canly(カンリー)”を導入決定