withコロナ時代にて、倉庫管理の人口密度をいかに減らすでしょうか。

リモートワークが求められている時期に、在庫原価レポート事項化のコツとは?

2020.08.20
<報道発表>
「サーバー投資不要で在庫管理効率化」ウェビナーを実施します。


 2020年8月20日
株式会社 Blue Tiger Consulting
Withコロナ時期におきまして、株式会社Blue Tiger Consulting【以下BTC】(代表取締役:趙 凡)は2020年8月26日(水)に、「現場における在庫管理の効率化」ウェビナーを実施します。


https://btcjp.net/news/webinar_for_solution_keyence_for_cloud_erp/

●ウェビナー申込ページはこちら●
https://www.clouderp.jp/seminar/digital-transformation-distribution-industry-20200826

クラウド連携のため、通常の在庫情報手動データ連携は不要になり、たとえ在宅勤務の経理担当でもリアルタイムに原価を確認できます。

●ソリューションの特長●
(1)サーバー投資不要で、在庫情報を数秒の間クラウドERPに自動同期します。
(2)在庫管理BIレポート(Business Intelligence)をリアルタイムに参照できます。
(3)在庫管理運用データは「クラウド」に蓄積されるので、在庫管理をより効率的にさせるため、棚及び商品配置方法の見直しが可能になります。

■報道関係者からのお問い合せ先■
株式会社Blue Tiger Consulting http://btcjp.net/
広報担当 大西
Tel: 03-6284-0459  Email: ohnishi@btcjp.net
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Blue Tiger Consulting >
  3. withコロナ時代にて、倉庫管理の人口密度をいかに減らすでしょうか。