【YouTubeランキングTOP10】週間再生数ランキングTOP10〜ヒカル340万円で救済/ヒカキン1.3億円投入企画実施〜

株式会社アナライズログが運営する『Digital Creators(デジタルクリエイターズ)』では、毎週月曜日に、チャンネル単位ではなく、人気の動画が分かる週間YouTubeランキングTOP10(動画別)を発表します。
今回は、第1弾のリリースで、「本編(1分以内動画を除く)」「ショート」「全動画」の3ジャンル別で、週間ランキングを発表。
「本編」ランキングでは、山口県阿武町の誤送金事件に関する動画が1位(ANNnews)、2位(ヒカル)にランクインしており、1000万再生近くを獲得。他にも、世間のニュースになる動画が多く公開された1週間となった。
「ショート」ランキングでは、ISSEI(いっせい)が1位にランクインしており794万再生を獲得。
「全動画」で比較すると、ショートが6本、「本編」が4本ランクインしており、「ショート」が優勢ではあるが、今週の本編動画の話題性はかなり高いと考えられる。
株式会社アナライズログが運営するYouTube分析ツール『Digital Creators(デジタルクリエイターズ)』が独自に調査したYouTube週間動画再生数ランキングTop10を発表します。対象は、8月15~21日にアップされた動画となります。詳細は、以下のサイトをご覧ください。

https://digitalcreators.jp/youtube_ranking_1week_220821

【本編動画TOP10】

1位は、ヒカルがサポートを表明した誤送金のニュース(ANNnews)が543万再生を獲得。2位には、保釈直後のヒカルとのインタビュー動画(ヒカル)で455万再生と、両動画を合わせて1000万再生弱を獲得。
ジャニーズの動画も上位にランクインしており、SnowManの『JUICY』が3位で446万再生、SixTONESの『PARTY PEOPLE』が4位で405万再生を獲得。

また、芸能人やYouTuberでニュースになった動画もTOP10にランクインしており、ガーシーによって東海オンエアのてつやとのキス動画を暴露されて、謝罪動画をアップした『きりんたんぽ』の動画が7位で278万再生、生配信中にもかかわらず、渡辺直美が熟睡してしまい話題になった『NAOMI CLUB』の動画が9位で255万再生を獲得。

一方で、YouTuberや芸能人ではない動画としては、 『週刊少年ジャンプ』で第1部を連載していた『チェンソーマン』の「アニメ公式PV第3弾」動画が、5位で336万再生を獲得。

さらに、ヒカキンの動画が3本ランクインしており、1.3億円を投じる企画の影響力の大きさが分かる。
ちなみに、上位TOP10から漏れたものの、11位には、フィッシャーズ脱退を表明した、ぺけたんの歌動画が236万再生を獲得。

 
【ショート動画TOP10】
 

ショート動画クリエイターのラインナップは「さいとう」「バヤシTV」「ISSEI」「Sagawa」と顔ぶれは変わらず再生数を獲得している。



【全動画TOP10】
 

全動画ランキングを見ると、ショート動画が6本、本編動画が4本がランクインしており、ショート動画が優勢である。


【本ランキングデータの取り扱いについて】
本ランキングは、デジタルクリエイターズによる独自調査であり、YouTubeオフィシャルのランキングではございません。
本ランキング並びに本ランキング画像は、ニュース記事、ブログ、YouTube等で、自由にご利用頂けますが、ご利用時には、必ず digitalcreators.jp/category/youtube-ranking へのリンクを、nofollowを付けずに、設定をお願い致します。新聞・雑誌等の紙媒体の方は、『引用:デジタルクリエイターズ』と記載ください。
TVや雑誌などのメディア関係者の方で、本データ以外のランキングデータをご利用希望の方は、ご相談ください。また、広告クライアントや広告代理店の方向けに、詳細のランキングデーターを提供する有料プランもございます。
ご興味がある方は、info@analyzelog.co.jp まで、ご連絡いただけると幸いです。

【Digital Creators】
 

Digital Creatorsは、YouTubeの人気チャンネルや動画などのランキングデーターを無料でチェックできるサイトです。
YouTube動画再生数ランキングは、週間ランキングや月間ランキングや年間ランキングなど期間別のランキングのほかに、ジャンル別ランキングなど、様々なデーターを公開していく予定です。
また、広告代理店や、YouTubeをプロモーションで活用したい企業の方に向けに、有料で、詳細データーも提供しています。
※DigitalCreatorsについてのプレスリリースは、別途、実施を予定しています。


【運営会社:株式会社アナライズログについて】
弊社は、YouTuberなどの『クリエイター・ファースト』のエコシステムの構築、ならびに、アニメや漫画など日本コンテンツ企業のYouTubeをはじめとしたデジタル戦略作成&運用サポートを目的として、2018年5月に設立。現在はインフルエンサーのエージェントから、デジタル系広告代理店へと事業拡大を行なっています。

創業者チームはGoogle/YouTube、avex、みずほ銀行、人気YouTuberでの様々なバックグラウンドを持っており、YouTubeに関するノウハウだけでなく、テック&エンタテインメント&ビジネスにも強みを有しています。

従来の事務所型専属モデルではなく、エージェントという新しい形でオンラインクリエイターの新たなエコシステムの構築を目指しており、世界No.1YouTuberと言われる『Ryan’s World』(*)や『すしらーめん《りく》』、『こたみのチャンネル』、『せんももあいしーCh Sen, Momo, Ai & Shii』、『ホモサピ』などの人気YouTuberを中心にエージェント契約を締結。

会社名: 株式会社アナライズログ
経営陣:
代表取締役CEO 三浦謙介
ファウンダー代表取締役COO 萩原穣
取締役:高木政臣
社外取締役:Benjamin Grubbs(Next10Ventures CEO)
社外取締役:池田竜介(YouTubeチャンネル『がっちゃんねる』運営)
設立:2018年5月22日
本社:東京都港区南青山 2-26-32 セイザンⅠ 1002
資本金:4億3993万円(資本準備金含む)
事業内容:YouTuberなどインフルエンサーのエージェント事業
URL:https://analyzelog.jp
デジタルクリエイターズ:​https://digitalcreators.jp/category/youtube-ranking
採用:https://www.wantedly.com/projects/598774

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アナライズログ >
  3. 【YouTubeランキングTOP10】週間再生数ランキングTOP10〜ヒカル340万円で救済/ヒカキン1.3億円投入企画実施〜