10月1日コーヒーの日 新工場 新焙煎機 三大ゲイシャまつり!!

タダ ( 無料 ) コーヒーから始まる 売り出し

サザコーヒーは、コーヒーの日に合わせて新工場を設立。
世界最新の2台の焙煎機を導入し 初焙煎 ( バージン ) コーヒーを高級ゲイシャと将軍を販売。

俺たち勝手に盛り上がる!から来てください。俺たち勝手に盛り上がる!から来てください。

 

新工場 新焙煎機

サザコーヒーは、10月1日の「世界コーヒーの日」に合わせ 新工場設立と新しい焙煎機を2台導入した。
日本初の世界最新式のドイツ製60kg釜2台の『プロバット』という新型半熱風式の焙煎機で香りの強い高性能なコーヒーが少ないエネルギーで焙煎できるようになるサザコーヒーの夢が叶う事になった。そのためお祭りがしたい。
 

 

10月1日コーヒーの日「ゲイシャハンター1号」販売開始。
サザコーヒーは直営店全店で10月1〜3日の3日間、『三大ゲイシャまつり』を実施する。
その際に、新たに導入した焙煎機で初めて焙煎したコーヒーを『初煎★ゲイシャハンター1号』と称してして販売する。サザコーヒーにとっても焙煎機にとっても記念すべき初焙煎のコーヒーに、想い入れの強い4種類のゲイシャをを贅沢に使用し、極上のコーヒーに仕上げた。初めての釜はコントロールが難しく最高の状態に持っていくことは難しいが、それは初焙煎だからこそ出るミラクルに!どんな味に仕上がっているかも楽しみの1つである。
この期間中のみに発売される『ゲイシャハンターパナマ編』との飲み比べも楽しめる1つになることは間違いない。

 

 

 


【超 限定版】「初煎 コーヒーの販売」のお知らせ
焙煎機にとって一生で一回しかない焙煎機の初煎の儀式で生まれた「初煎 コーヒー」
サザコーヒーの鈴木太郎が焙煎した 初煎 コーヒー を是非ご堪能ください。

・「初煎 コーヒー★ゲイシャハンター」100g(豆・粉)は本店のみで2500円で販売 
・「初煎 コーヒー★ゲイシャハンター」一杯どりコーヒーカップオン版は全店500円で販売。
・「初煎 コーヒー★将軍珈琲」200g(豆・粉) 1500円

オンラインでも購入が可能
https://saza.coffee/
 


ゲイシャとは、コーヒのゲイシャ品種である。
特にパナマゲイシャは高値で取引きされており、最高価格は今年のベストオブパナマ ヌグオ農園(チリキ県)世界最高のパナマ・ゲイシャコーヒーで、100ポンドをサザコーヒーが2833万円で落札したばかりだ。
(生豆1ポンド460g あたり 2568ドル、約29万円 )


 

世界三大ゲイシャとは、おいしさ。
ゲイシャコーヒーのおいしさが発見されたパナマのゲイシャと、ゲイシャコーヒーの原産地エチオピアゲイシャと、サザコーヒーはゲイシャコーヒーをコロンビアの農園で植えているのでコロンビアゲイシャと、このゲイシャコーヒーがサザコーヒーにとっての世界三大ゲイシャである。


三大ゲイシャまつりでは福袋を販売。
普段買えないゲイシャのコーヒーなど福袋の金額以上に入っている為、大変お買い得な商品である。
このチャンスを逃すと2度とない商品ラインナップのようだ。
 

10月1〜3日に開催される「三大ゲイシャまつり」10月1〜3日に開催される「三大ゲイシャまつり」


サザコーヒーと ゲイシャコーヒー
サザコーヒーの鈴木太郎代表はコーヒー業界でも有名なゲイシャコーヒー好きで、パナマコーヒーの品評会に何度も足を運び、ゲイシャ品種の由来のエチオピアのゲイシャ村へ原産地探しへ何度もゆく、コーヒーマニアで、パナマの隣国コロンビアにコーヒー農園を持ちゲイシャ品種の交配育種選抜などを行なっている。パナマゲイシャのオークションは2009年から参加し本能のままに買い続けて店舗で連続世界一のコーヒーを販売しており、今回も物欲に負けて高価だが手に入れてしまった。自らコーヒー生産者である事も含めてコーヒーの価値を高めるためにコーヒー豆の賞味期限を伸ばすために筑波大学の農産食品加工研の大学院生となり共同研究をしている。2018年7月に東京駅前のKITTE丸の内店は世界初のゲイシャコーヒー専門店としてオープンしている。[東京駅丸の内南口から徒歩1分サザコーヒーKITTE丸の内店は東京中央郵便局の1階にある。] 東京駅丸の内南口から徒歩1分サザコーヒーKITTE丸の内店は東京中央郵便局の1階にある。


パナマゲイシャ
パナマのゲイシャはパナマ共和国で採れる高級コーヒーで、ゲイシャ品種はエチオピアのゲイシャ村に自生していたのが品種名の由来で、2004年にベストオブパナマ品評会の会場で非常に香りと甘さの強いゲイシャコーヒーの味が披露され、当時発見し優勝したエスメラルダ農園は一躍有名になり、ゲイシャ品種は世界中のコーヒー産地で植えられるようになり、いろいろなコーヒー品評会に名前が出るようになってきている。

エチオピアの ゲイシャ村
エチオピアのアビシニア地方にある「ゲイシャ」という単語は1931年にエチオピアでコーヒーの苗を探していたの植物ハンターがイギリス農務省宛に送った書類に「geisha」という地名においしいコーヒーがあると云うのがはしりで、実際に訪れてみると「ゲシャ」「ゲチャ」「ゲチ」と云う「ゲイシャ」でない地名しか出会えない。イギリスの植物収集家によりケニアに集められ、コスタリカ経由でパナマに渡りエチオピア産のコーヒーとして植えられていた。

コロンビアのサザコーヒー農園のゲイシャ
1997年からサザコーヒーはコロンビアのカウカ県でコーヒー農園を経営していて、2008年のパナマゲイシャで有名なエスメラルダ農園との取引が始まってからサザコーヒー農園でもゲイシャ品種の導入が始まった。それまでの品種は病気の弱くその当時流行の品種はことごとく枯れる中、ゲイシャ品種は寒すぎる環境と戦わなくてはならない別の課題をこなし、そこに植わっている8万本の中からおいしいコーヒーの木を実際に飲んでみて探す選抜などを超えて品評会で優勝する目標がある。


【さらに次回予定の告知】第三回 パナマ・ゲイシャ まつり
2021年の世界一価値の高いパナマ・ゲイシャコーヒーを落札したのでコーヒーをみんなで飲んでみよう。
日時:11月12日 12:00から
場所:サザコーヒーKITTE丸の内店 メイン会場
100-7003 千代田区丸の内2丁目7-2 JPタワー 1階

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 サザコーヒー >
  3. 10月1日コーヒーの日 新工場 新焙煎機 三大ゲイシャまつり!!