【Public dots & Company】西日本へ官民共創事業の規模拡大へ。株式会社パブリッククロス代表取締役が事業責任者として参画。


2021年3月より、株式会社Public dots & Company(本社:東京都渋谷区、代表取締役:伊藤大貴、以下「PdC」)の官民共創事業に、株式会社パブリッククロス(本社:京都市中京区、以下「パブリッククロス社」)の代表取締役 藤井哲也が事業責任者として就任する運びとなりました。西日本エリアでの自治体DXをはじめとした官民共創事業のアライアンス、自治体と民間プロ人材のマッチング、各種コンサルティングやコンサルティング人材の発掘・育成などを担い、社会課題の速やかな解決と価値創出を目指します。
 



藤井氏参画の背景・目的

山積する社会課題の解決手段として、自治体の公共性と民間企業の技術やソリューションを掛け合わせた官民連携事業が注目を集めています。
しかし、これまで断絶されていた官と民では、組織風土や価値観、ステークホルダーに対する働きかけのプロセス等が全く異なります。そのため、双方が連携しただけではコミュニケーションエラーが起きやすく、本来の目的達成に至らない事例が多く見受けられました。

そこで必要なのが、官民双方の経験を持ち、どちらの文脈も理解した上で成果まで併走できるコーディネーターの存在です。官と民の連携にこのコーディネーターが加わることで、官民連携は「官民共創(社会課題の真の解決と価値創造)」へと発展を遂げます。

PdCは、これまで官民共創事業のコーディネーターとなる「パブリック人材」の独自ネットワークを、関東圏を中心に構築。様々な事業のアドバイザーやコンサルティングを手がけてきました。

根底にあるミッションは、「公共を再定義する」。誰もが「自分らしい幸せ」を実現できる社会基盤としての公共の在り方、民間との共創の仕方を提案し続けています。

この度参画する、パブリッククロス社代表取締役 藤井哲也は、官民どちらの経験も持つパブリック人材であり、西日本を中心に雇用労政問題の解決に尽力してきた人物です。その経験から官民の間に立ち塞がる壁の存在と、それを取り払う意義を十二分に理解しており、PdCのミッションに共感・賛同しての参画となります。

藤井氏は今後、パブリック人材を軸とした官民共創を西日本に展開する事業責任者として、新たな自治体や人材とのリレーション強化、マッチング、各種アライアンス等を進めていきます。同時に、共創社会実現に取り組む団体、企業、専門家、個人とのリレーションも深め、多方面からのアプローチやアイデアの創発によるミッションの実現を目指します。


【藤井哲也氏プロフィール】
  • 京都大学公共政策大学院修了。日本労務学会所属。議会マニフェスト大賞受賞。
    2003年に雇用労政問題に取り組むべく創業。2011年に政治家へ転身。8年の議員活動を経て2019年に地方議員引退。東京での大手IT企業にてロビイング活動を経て、2020年に京都で第二創業。PdCの官民共創事業へは、京都から参画。


参画する業務の概要
・SDGs特化型逆公募プロポーザル(企業が関心のある社会課題を提示し、それに対して自治体が課題解決のための企画やアイデアを提案する共創サービス)の事業推進
・自治体DXコンサルティング、民間企業コンサルティングの事業推進
・企業に対するパブリック人材のマッチング(アドバイザー、リサーチ、コンサルティングなど)
・自治体に対する民間プロ人材のマッチング(アドバイザー、リサーチ、コンサルティングなど)
・パブリック人材育成の教育事業
・相互メディアリレーション・コンテンツ提携
・各事業のマーケティング
・各種アワードの実施
・官から民へ、民から官への転職支援、複業支援
・その他

 
  • 会社概要と本件問い合わせ先
社名:株式会社Public dots & Company
代表:伊藤大貴
住所:東京都渋谷区渋谷2-24-12渋谷スクランブルスクエア15F SHIBUYA QWS BOOSTER7
URL: https://www.publicdots.com
メール:info@publicdots.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社public dots & Company >
  3. 【Public dots & Company】西日本へ官民共創事業の規模拡大へ。株式会社パブリッククロス代表取締役が事業責任者として参画。