ミャンマーで技能実習生に係る各種申請が順次再開~新型コロナウイルスによる出入国規制緩和に向けて~

withコロナ時代における技能実習生受け入れの再スタートが近づいてきています

ミャンマー政府認定人材送り出し機関ミャンマー・ユニティ(日本駐在営業部:東京都千代田区岩本町)は、ミャンマー政府が日本語学校の運営再開許認可審査を開始し、デマンドレター受理・ミャウダゴン講習・スマートカード申請を再開したことを受け、入国待ち実習生の出国予測時期の情報を公開いたしました。

 

  • ミャンマーの技能実習生送り出しの状況

日本政府は新型コロナウィルスの感染拡大が収まりつつある国・地域との出入国緩和に向け、ミャンマーなどの国と協議を始めることを公表しています。すでに出入国緩和の交渉を始めているベトナム、タイなどに続く第2弾として、ミャンマーと日本の国際的な往来を再開させる方針です。
ミャンマー政府は日本語学校の運営再開許認可審査を開始し、デマンドレター受理・ミャウダゴン講習・スマートカード申請を再開しております。

ミャンマーから日本への入国、そして、withコロナ時代におけるミャンマー人技能実習生受け入れの再スタートが近づいてきています。

ミャンマー政府認定人材送り出し機関ミャンマー・ユニティにおきましては、6月1日より事務所を再開いたしましたので、書類の受け取りが可能となりました。また、6月15日よりzoomを使用したウェブによる選考面接を再開しております。

 
  • 日本入国待ち実習生の出国予測時期

【在留資格あり・ミャウダゴン講習完了の実習生の場合】

▼残りの必要プロセス
健康診断/スマートカード取得/査証(ビザ)取得/出国72時間前のPCR検査

▼出国予測時期
ミャンマーにおいて出国前に必要なプロセスがほぼ完了している。
もしスマートカード未取得の場合、キャビネット発行後、通常約2週間後に発行される見込み。ミャンマー政府の発表によると、一日140枚を上限としスマートカードを発行していくとの事。
査証取得申請が未だ再開されてはいないが、通常申請後5営業日以内に発行されるため、健康上の問題がなければ日本行きの国際便運航が再開され次第、すぐに日本に入国出来る予想。
ただし、運航再開直後は航空券の予約が混み合い、座席確保が困難になることや渡航費が高額になることが予想される。


【在留資格あり・ミャウダゴン講習未完了の実習生の場合】

▼残りの必要プロセス
健康診断/ミャウダゴン講習及びスマートカード取得/査証(ビザ)取得/出国72時間前のPCR検査

▼出国予測時期
8/24以降に再開されるミャウダゴン講習受講のために予約が必要となる。
ミャウダゴン講習再開後は、現在在留資格を既に保持しているミャンマー人技能実習生のみが対象とされる。
ミャンマー労働省によると、現在COEを保持し出国を待っているミャンマー人技能実習生が約3,000名おり、ミャウダゴン講習は1週間120名の受講者を上限に実施されると発表されているため、8/24から25週間以内にミャウダゴン講習が受講できる見込み。
尚、受講日は、ミャンマー政府が無作為に受講日を割り当てるとの事。
スマートカードは、キャビネット発行後、通常約2週間後に発行される見込み。ミャンマー政府の発表によると、一日140枚を上限としスマートカードを発行していくとの事。
査証取得申請が未だ再開されてはいないが、通常申請後5営業日以内に発行される見込み。
上記から、8/24のミャウダゴン講習再開後、約3週間から5ヶ月後に出国申請が完了する見込み。但し、ミャウダゴン講習の受講者上限は今後改善されると思われます。


【在留資格なし・ミャウダゴン講習完了の実習生の場合】

▼残りの必要プロセス
健康診断/スマートカード取得/査証(ビザ)取得/出国72時間前のPCR検査

▼出国予測時期
ミャンマーにおいて出国前に必要なプロセスがほぼ完了している。
もしスマートカード未取得の場合、キャビネット発行後、通常約2週間後に発行される見込み。ミャンマー政府の発表によると、一日140枚を上限としスマートカードを発行していくとの事。
在留資格取得後、査証取得申請が未だ再開されてはいないが、通常申請後5営業日以内に発行されるため、健康上の問題がなければ日本行きの国際便が運航が再開され次第、すぐに日本に入国出来る予想。
ただし、運航再開直後は航空券の予約が混み合い、座席確保が困難になることや渡航費が高額になることが予想される。


【在留資格なし・ミャウダゴン講習未完了の実習生の場合】

▼残りの必要プロセス
在留資格申請(日本)/デマンドレター申請/健康診断/ミャウダゴン講習及びスマートカード取得/査証(ビザ)取得/出国72時間前のPCR検査

▼出国予測時期
在留資格発行後、8/24以降に再開されるミャウダゴン講習受講のために予約が必要となる。
ミャウダゴン講習再開後は、現在在留資格を既に保持しているミャンマー人技能実習生のみが対象とされる。
ミャンマー労働省によると、現在COEを保持し出国を待っているミャンマー人技能実習生が約3,000名おり、ミャウダゴン講習は1週間120名を上限に実施されると発表されている。
以上の3,000名が優先されミャウダゴン講習が再開・実施されるため、収容人数に変更が無い場合、8/24再開後5ヶ月後以降にミャウダゴン講習の受講が可能になる。
スマートカードは、キャビネット発行後、通常約2週間後に発行される見込み。ミャンマー政府の発表によると、一日140枚を上限としスマートカードを発行していくとの事。
査証取得申請が未だ再開されてはいないが、通常申請後5営業日以内に発行される見込み。
上記から、8/24のミャウダゴン講習再開後、約6ヶ月以上日本入国に時間を要する。但し、ミャウダゴン講習の受講者上限は今後改善されると思われます。

=================

《 注意点 》
① 従来の出国前申請に、出国72時間前のPCR検査受診と陰性証明書取得が加わった。受診に際し、必要プロセスと必要書類は現在確認中。
② 査証(ビザ)の再取得及び新規申請に関する情報は未だ無し。通常、申請後5営業日以内に査証(ビザ)は発給されている。
③ スマートカード発行、査証(ビザ)の発給予測はコロナ前の情報をもとに計算されているため、申請の混雑具合により発行・発給までに多少時間がかかる可能性がある。


《 今後の書類申請について 》
今後、ミャウダゴン講習受講に際し、在留資格が必須となる見込み。
ミャンマーにおいて、8月11日よりデマンドレター申請が再開されたため、監理団体においても、在留資格申請を従来通り面接後に開始していただける。
在留資格発行後、ミャウダゴン講習・スマートカード発行、健康診断受診、査証(ビザ)取得、PCR検査・陰性証明書取得これら全ての出国前申請を経て国際便が運航次第、ミャンマー人技能実習生の日本入国が可能となる。

※スマートカードとは
ミャンマー人がミャンマー国外へ就労するために必要な海外労働許可証のこと。

※ミャウダゴン講習とは
スマートカード取得の際に必要とされる、ミャンマー労働省による2日間の事前講習のこと。ヤンゴンで行われる講習をミャウダゴン講習と呼ぶ。

 
  • ミャンマー国境再開に関する最新情報を無料オンラインセミナーでお届け

​ミャンマー・ユニティでは日本の監理団体・登録支援機関・人材会社の皆様を対象に、定期的に各種無料オンラインセミナーを実施しております。

ミャンマーから日本への入国再開に関する最新情報についても、以下オンラインセミナーにて詳細説明をいたします。セミナーご参加者は直接ご質問いただくことも可能です。


▼在留資格「特定技能」活用セミナー《8/24(月)15時~》
https://us02web.zoom.us/webinar/register/6015960915450/WN_WTvvXrYFQx-hFg6byUtnlg

 

▼外国人介護士雇用セミナー《8/26(水)15時~》
https://us02web.zoom.us/webinar/register/8015953227107/WN_KKllkQ8QQZyEhMRcKuKaeg

▼ミャンマー人技能実習生受け入れセミナー《9/3(木)15時~》
https://us02web.zoom.us/webinar/register/3215965309121/WN_tU_FCpSDT_-x4FkOgQnVcg



 
  • ミャンマー・ユニティについて
 

会社名:ミャンマー・ユニティ(Myanmar Unity Co.,Ltd)
所在地:Unity Tower, YS 3, Kandawgyi Yeik Mon, No.137, Upper Pansoedan Road, Mingalar Taungnyunt Township, Yangon, Myanmar
代表者:代表取締役 チョー・ミン・トン
ライセンス:ミャンマー国政府公認送出ライセンス License No.54/2016
設立:2013年5月
資本金:5,500,000円

【日本駐在営業部】
〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-2-11渡東ビルディングアネックス303
MAIL:info@m-unity.com
TEL:03-5809-2216
FAX:050-5577-5664

会社HP:​​
https://www.myanmarunity.jp/


ミャンマー・ユニティは、今まで1196名(うち介護142名)の優秀な人材を日本企業へ送り出しており、ミャンマー政府より、2019年のミャンマーNo.1人材送り出し機関として表彰されました。ミャンマー・ユニティ運営の「UJLAC日本語学校」および「UKWTC介護学校」では、「1人ひとりを大切に」という教育ポリシーのもと、日本で働くために必要な“生きた日本語教育・日本の介護現場に通用する介護技術の習得”に力を入れた独自のカリキュラムを実施しています。これまで日本へ送り出した技能実習生の職種は、介護、建設、溶接、食品加工、金属加工など多岐にわたり、ミャンマー国民がひとつでも多くのことを学べる社会づくり、もっと多くのことを学びたいと思える環境づくりを創造していけるよう活動しています。
 



■本件に関するお問い合わせ先
ミャンマー・ユニティ
日本駐在営業部(担当:島根)
MAIL:info@m-unity.com 
TEL:03-5809-2216



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 人材送り出し機関ミャンマー・ユニティ >
  3. ミャンマーで技能実習生に係る各種申請が順次再開~新型コロナウイルスによる出入国規制緩和に向けて~