プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

cynaps株式会社
会社概要

「2023年度 最新ホテル経営実態調査」を実施

87.9%が、光熱費の中でも「電気代」が圧迫していると回答

cynaps株式会社

BA CLOUDを運営するcynaps(シナプス)株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役:岩屋 雄介、以下「cynaps」)は、このたびホテル業界に務める管理職者200名を対象に「2023年度 最新ホテル経営実態調査」を実施したことをお知らせいたします。

▼調査全体はこちらから
https://offer.cynaps.jp/report_hotel_2023


調査背景

新型コロナウイルスの影響で、ホテル業界全体が大きな打撃を受けました。しかし、2023年に入り、新型コロナウイルスが徐々に収束し、インバウンドの回復が進む中で、ホテル業界も徐々に回復の兆しが見えてきました。


このような状況の中で、ホテル経営者が直面する新たな課題や、それらに対する具体的な対策状況が、今後のホテル業界の持続可能な発展にとって重要であると考え、調査を実施するに至りました。本レポートではホテル事業経営担当者200社を対象に、新型コロナウイルス収束後の業界の動向や、電気代高騰、人手不足などの現在の課題、各社の対策状況について詳細に調査しました。

ぜひ、ホテル経営に関与する方々にとって、経営上の貴重なヒントとなりましたら幸いです。


調査概要

  • タイトル:2023年最新 ホテル経営実態調査

  • 目的:コロナ後のホテル経営状況を明らかにするため

  • 対象者:以下の条件に該当した方200名

    • サービス業(ホテル/旅館)に勤めている方

    • 自社の経費状況について、把握している/ほとんど把握している/どちらでもないと回答した方

  • 実施期間:8月上旬

  • 調査方法:インターネット調査


調査項目

  1. あなたがお住まいの地域を教えてください

  2. あなたの役職を教えてください

  3. お勤め先のホテル・旅館の形態を教えてください

  4. お勤め先のホテル・旅館の従業員数を教えてください(全店舗の合計人数)

  5. お勤め先のホテル・旅館の店舗数を教えてください

  6. お勤め先のホテル・旅館の客室数を教えてください(全店舗の合計部屋数)

  7. コロナ後の売り上げ状況を教えてください

  8. コロナ後の売り上げが回復した、低迷した、変化がない理由をそれぞれ教えてください

  9. ホテル/旅館(宿泊施設)経営に関して、現状の課題を教えてください

  10. 新型コロナウイルス感染症特別貸付(日本金融公庫)は受けましたか

  11. 経費について最も圧迫しているものを教えてください

  12. 光熱費の中で、最も料金が圧迫しているものを教えてください

  13. 電気代について、1施設ごとの年間の利用料目安を教えてください

  14. 過去一年間における電気代の状況について教えてください

  15. 電気代の値上がりにより、どのような影響がありましたかまたは影響がありそうですか

  16. 電気代削減への対応状況に近いものを教えてください

  17. これまで又は、現在検討されている電気代削減の対策を教えてください


調査サマリ

  1. 経営状況において、68.5%が「コロナ後に売り上げが回復した」と回答し最も多い結果に

  2. 光熱費のなかでも「電気代」(87.9%)が圧迫しているという結果に

  3. 電気代の値上がりによる影響として、「経費・利益の圧迫」「経営の圧迫」「宿泊代の値上げの検討」「節電の対応に時間が取られる」との回答が多かった

  4. 電気代削減への対応状況として、83.5%が「対応してきたがこれ以上打ち手がない」および「対応方法を検討している最中」と回答し、多くの企業が対応を検討している状況であった


調査詳細


68.5%が「コロナ後に売り上げが回復した」と回答


光熱費のなかでも「電気代」(87.9%)が圧迫しているという結果に


電気代の値上がりによる影響として、「経費・利益の圧迫」「経営の圧迫」「宿泊代の値上げの検討」「節電の対応に時間が取られる」との回答が多かった


電気代削減への対応状況として、83.5%が「対応してきたがこれ以上打ち手がない」および「対応方法を検討している最中」と回答し、多くの企業が対応を検討している状況であった




IoTビルオートメーション・システム「BA CLOUD」について

 「BA CLOUD」は、換気状態を監視し自動制御するIoTソリューションです。累計1,000ヶ所以上に導入実績のあるCO2濃度・温度・湿度の複合センサーにより室内の人の減少や不在を検知し、人がいない時の無駄な換気をカットします。1契約で、1部屋だけの小規模な店舗から15階建程度のビルまでカバー可能で、平均的なコンビニであれば、1店舗あたり年間36万円程度、5年間で180万円の電気代削減が期待できます。料金体系は、削減できた電気代の一部をいただくモデルのため、導入に伴う新たなコストが発生しません。また、換気状態を監視する中で、換気設備の故障や老朽化なども検知できるのが特長です。

https://www.cynaps.jp/ba-cloud/


cynaps株式会社(Cynaps Inc.)について https://www.cynaps.jp/

代表取締役:岩屋 雄介

設立:2020年3月

本社所在地:155-0031 東京都世田谷区北沢5-21-5

事業内容:IoTプラットフォームの研究開発及び販売、IoTコンサルティング及び受託開発


このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
調査レポート
関連リンク
https://offer.cynaps.jp/report_hotel_2023
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

cynaps株式会社

39フォロワー

RSS
URL
https://www.cynaps.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都墨田区横川一丁目16番3号 センターオブガレージ Ground08
電話番号
-
代表者名
岩屋雄介
上場
未上場
資本金
1億円
設立
2020年03月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード