アリババグループ、2022年天猫ダブルイレブン・ショッピングフェスティバルを成功裏に終了

マーチャントの質の高い成長を支援

 アリババグループ・ホールディング・リミテッド(銘柄コード:NYSE:BABA、HKEX:9988)は、2022年11月12日、2022年天猫ダブルイレブン・ショッピングフェスティバル(以下、「天猫ダブルイレブン」)を成功裏に終了したことを発表しました。取り巻くマクロ環境の変化による逆風や新型コロナウイルス感染症の影響を受けながらも、昨年に引けをとらない流通総額(GMV)を記録しました。
 今年は世界90以上の国と地域から290,000を超えるマーチャントが天猫ダブルイレブンに参加し、その商品カテゴリー数は7000に達しました。10月31日午後8時(北京時間)に第1弾決済が開始してからわずか4時間で、130以上のマーチャントが1億元(約20億円)以上の売上を記録しました。また、昨年の第2弾開始後の4時間と比べ、売上が100%以上増加したマーチャントは5,600以上でした。


 「天猫ダブルイレブンに参加してくださった全てのマーチャント、そしてアリババエコシステムのパートナー企業の皆様に感謝を申し上げます。お陰様で天猫ダブルイレブンにおいて将来性を感じさせる結果を出し、中国消費市場の堅調さと活力を目の当たりにすることができました。今年の天猫ダブルイレブンではマーチャントの店舗運営の安定性を高めることを目標としました。私たちの支援によりロイヤルカスタマーを育成し、今後の成長基盤を築くことができたマーチャントの姿を見ることができ、非常に嬉しく思います。また、成長性を秘めた新たな消費トレンドを多数発見できたことも嬉しく思います。これからも変化する顧客ニーズを満たすために総力を挙げ、マーチャントに長期的な成長機会を創出するために、サービス基盤の革新と強化を続けます」と、タオバオ(淘宝)とTmall(天猫)の業界開発・運営センターのプレジデント楊光は述べました。

 今年の天猫ダブルイレブンは、クラウドに完全移行して実施する2度目の開催となり、高性能なコンピューティング及び技術革新により、前年比でさらなる効率性向上を実現しました。アリババグループは、2022年4月1日から11月11日までのリソースユニットあたりのコンピューティング費用を前年同期比で8%削減し、天猫ダブルイレブン期間中の5つのハイパースケール・データセンターにおけるクリーンエネルギー使用量を同年同期比で2倍以上にしました。
 
  • 2022年天猫ダブルイレブン・ショッピングフェスティバルのその他ハイライト
・Tmall Global(天猫国際)では1,009の海外マーチャントの売上が前年同期比で100%以上増加。
・今年はアウトドア・スポーツ、ペット用品、コレクターズトイ、宝飾品類の4分野が特に成長。
・3億人を超える消費者がタオバオライブでライブコマースを視聴。62のライブコマースチャンネルにおいて1億元(約20億円)を超える売上を記録、632 のライブコマースチャンネルが1,000万元(約2億円)以上の売上を記録。
・アリババグループ物流部門のツァイニャオ・ネットワーク(菜鳥網絡、以下、ツァイニャオ)が消費者の戸口まで配送した荷物は1億2,000万個。また、ツァイニャオは自律型配送ロボット「小蛮驢(シャオマンリュ)」を700台導入し、前年同期比2倍となる約200万個の荷物を配送。
・ツァイニャオ傘下の中国全土130,000か所のツァイニャオ・ステーションにおいて、11月1日から11日までの期間で約400万個の使用済み段ボールを回収。今年の天猫ダブルイレブン期間中、平均10万人以上の消費者が毎日、ツァイニャオ・ステーションからリユース梱包資材を用いて発送。
・省エネ電化製品だけでなく、衣類や化粧品、食品も含む163万点以上の商品が、環境に配慮した製品の証であるカーボンラベル付き。
・タオバオライブ(淘宝直播)は、農村部において地元の特産品を販売するライブコマースを10万回以上実施。また、農産品販売を支援するキャンペーンも行い、ライブコマースを通じて11月7日までに合計3,549万点の農産品を販売、46,000種類以上の農産品が前年同期比200%超の売上を達成。

###

天猫ダブルイレブン・ショッピングフェスティバルとは
 マーチャントと消費者がオンラインショッピングの価値について認識を深めるためのイベントとして、2009年にわずか27マーチャントの参加で始まりました。2022年天猫ダブルイレブンショッピングフェスティバルに関する最新情報はアリババニュース(https://jp.alibabanews.com/)にてご覧ください。

アリババグループとは
 アリババグループのミッションは、『あらゆるビジネスの可能性を広げる力になる(To make it easy to do business anywhere)』です。アリババグループは未来のビジネスインフラを構築し、102年(3世紀)以上続く良い企業を目指しています。

<注意事項>
 本プレスリリースにて言及されている時間は全て北京時間です。また、特に説明のない場合、2022年天猫ダブルイレブン・ショッピングフェスティバルの統計データは、2022年10月31日から2022年11月11日までの期間における数字です。前年比成長率は昨年の同時期のデータとの比較によるものです。また本プレスリリースにおけるGMVは、アリババグループが運営するタオバオ及びTmallにおけるAlipay決済済みの注文総額です。また、本プレスリリースに記載されているGMVおよびその他の数値はすべて未監査であり、変更される可能性があります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アリババグループ >
  3. アリババグループ、2022年天猫ダブルイレブン・ショッピングフェスティバルを成功裏に終了