世界規模の英語能力ベンチマーク「EF EPI英語能力指数2018年版」が公開

日本の順位は88か国・地域中49位に転落、英語レベルは「低い」を維持

世界116か国で海外留学・語学教育事業を展開する国際教育事業のリーディングカンパニー、イー・エフ・エデュケーション・ファーストは11月2日、世界88か国・地域、130万人の英語テストビッグデータを活用した、英語能力のベンチマーク、「EF EPI英語能力指数2018年版」を発表しました。

 

 

F EPI英語能力指数(EF English Proficiency Index)は、EFが公開・提供する無料のオンライン英語能力測定テストEF SET (www.efset.org/ja/)の受験データを元に、非英語圏の国と地域における英語能力を経年的に計測・追跡するためのベンチマークとして毎年発表しているもの。指数(EF EPIスコア)の世界ランキングと、指数分布をもとに全参加国の英語レベルを5段階に分けた 英語能力レベル、EF EPI指数と外部指標の比較や国・地域別動向をまとめた分析レポートから 構成されており、2011年に初版が発表されて以降、これまでに7版が公開されています。

英語能力レベルの世界分布英語能力レベルの世界分布


調査対象国が8か国増え、全88か国・地域の比較となった2018年のランキングでは、スウェーデンが 3年ぶり4度目の世界ランク1位に返り咲いたほか、シンガポールがアジア圏で初めてトップ3にランクインしました。一方、日本の英語能力指数は、前年より0.54ポイント下落の51.80(前年実績52.34)で、全88か国中49位(同37位)とランキングを大きく落とし、3年連続で「低い」英語能力 レベルにとどまりました。

〇 EF EPI 英語能力指数2018年版の主なポイントは以下の通りです:
​1.全8版を通して日本のランキングは年々下落2011年の初版では、全44か国中14位(EF EPIスコア54.17)であった日本の順位は、8年連続で下落。今年はついに、全88か国中49位にまでランキングを落とし、世界全体との相対的な英語能力の開きが鮮明になりました。



​2.調査対象国・地域、受験者数は88か国、130万人に拡大東欧、中央アジア、中南米地域を中心に13か国の国々が新たに調査対象国に加わり、総調査対象国は88か国・地域に拡大。そのうち8か国では昨年よりEF EPIスコアが2ポイント以上伸び、「非常に高い」英語能力レベルに位置付けられた国々は過去最高の12か国となり、全世界的な英語能力は上昇傾向にあります。

​3.業種間の英語能力の差は減少、あらゆる業界で英語のニーズが拡大2016年には英語能力の一番高い業種と低い業種の差が19ポイントあったのに対し、2018年版では10ポイント前後まで縮小。世界的に、業種間の英語能力の差は縮まっており、あらゆる業種で英語に対するニーズが高まっていることが見てとれます。

​4. 職種別では、法務や経営企画、ITなどの専門職の英語能力がより高い傾向に国、業種をまたいだ職種間の英語能力の比較では、法務の英語能力が最も高い結果に。続いて、経営企画、ITがいずれも「高い英語能力」のレベルに位置付けられています。一方、人事、カスタマーサービス、事務、流通・販売業務の従事者は総じて、英語能力が「低い」または「非常に低い」レベルにとどまっています。

EF EPI英語能力指数2018年版の発表を受け、EFジャパン代表取締役社長、サンチョリ・リーは「世界中で英語教育への取り組みが進む中、日本と他国との差が相対的に開きつつあります。2020年の教育改革に向けては、英語で英語を教える教員向け研修など、EFとしてできる様々な取り組みを加速していきたい」とコメントしています。

なお、EF EPI 英語能力指数2018年のランキングおよびレポート全文は、以下のサイトでご覧いただけます。http://www.efjapan.co.jp/epi/


EF EPI英語能力指数について
EF EPIは、過去に実施された英語能力テストの結果データに基づき、英語能力を経年的に計測、追跡する世界規模のベンチマークとして開発された指数で、無料の英語能力測定テストから得られるビッグデータを利用することで、世界規模の広範かつ標準化された指標データを提供できるのが特徴です。また、CEFRに準じているため、TOEFLやTOEIC、IELTSなど既存のスコアへの換算も可能です。

イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社について
1965年に 『Education First (教育を第一に)』 をモットーにスウェーデンで設立したイー・エフ・エデュケーション・ファーストは、2万人を超える講師を含む、従業員4万6500人を有する世界最大規模の私立教育機関です。現在、世界各地に500を超える事業拠点、および19か国(9言語に対応)に50校の直営語学学校を有し、語学留学プログラム等、グローバルに教育事業を展開しています。EFでは、第二言語習得における学習研究にも注力し、各地の大学と共同研究を進めるほか、独自の英語能力テストや英語能力指数、学習ツールの開発・提供にも努めています。また、50年以上にわたり蓄積されたノウハウをベースに、国内外で様々な教育機関、官公庁、自治体、企業に対する語学トレーニング支援事業も行っています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社 >
  3. 世界規模の英語能力ベンチマーク「EF EPI英語能力指数2018年版」が公開