7000個の厳選カレーパンがパンの都、京都にやってくる

カレーパンマルシェin大丸京都店開催のお知らせ

JCA
 一般社団法人日本カレーパン協会(東京都渋谷区、理事長やすひさてっぺい)は2019年5月1日(水)~7日(火)の7日間、大丸京都店で行われる、カレーパングランプリ受賞のカレーパンだけを集めたカレーパンイベント、『カレーパンマルシェ』と、5月4日(土)・5日(日)の2日間に同時開催されるイベント「家族で遊ぼう!! 謎を解き明かし、カレーパンをゲット!!」をプロデュースいたします。

名称:カレーパンマルシェin⼤丸京都店
⽇程:2019年5⽉1⽇(⽔)〜7⽇(火)(7⽇間)
営業時間:11:00〜なくなり次第終了
場所:⼤丸京都店地階⻄⼊⼝特設売場
住所:〒600-8511 京都府京都市下京区高倉西入立売西町79番地 四条通
個数:31ブランド、カレーパン7000個(7⽇間合計)(予定)
価格帯:400円〜600円(税別)(予定)
主催:⼤丸京都店
プロデュース:⼀般社団法⼈⽇本カレーパン協会

[[[なぜ「⼤丸京都店」とタッグを組むのか?]]]
1717年に京都・伏⾒で創業、1912年より現在地にて店舗を構える⼤丸京都店は変遷する⽇本の商⽂化の第⼀線を⾛り続けています。そんな⼤⽼舗が、新時代を前にして「平成」を総括するにあたり、その象徴のひとつとして「パンブーム」を挙げたのです。振り返れば、平成には「パン」⽂化の⽬覚ましい躍進がありました。2010年頃には、⽇本国内におけるコメとパンの消費⽔準が同等となり、パンは今や、堂々たる⽇本の主⾷となっています。その中で、京都は(パン)消費量において都道府県第⼀位となり、そんな聖地で開催されるパンイベントの数々は、お店とお客様を繋ぐ絆として⼤役を担っているのです。そしてこの度、新時代を迎えるにあたり、「平成を代表するカレーパンを集め、新しい時代を華々しく迎えたい」と願った⼤丸京都店⾷品担当者様の熱い想いを受け、「⽇本の⾷⽂化、ならびにパン⽂化の中核にふさわしいラインアップを」と当協会が賛同し、今回のコラボレーションへと⾄りました。そんな⼀⼤イベントが「カレーパンマルシェin⼤丸京都店」なのです。

[[[なぜ京都でカレーパンなのか?]]]
⼤丸京都店の拠点となる京都(府)の⾷⽂化は、⽇本の歴史と⽂化を⾊濃く残しているため、和のイメージで捉えられがちですが、パンの消費量もまた、堂々の⽇本第⼀位。これは、府⺠が魅⼒的な和⾷をさしおいてまで親しむほどハイレベルなパン⽂化が存在する証明であり、また⼀⽅で、某最⼤⼿ハンバーガー店の⼈⼝当たりの店舗数も⽇本第⼀位につけている事実から、パンがおかずと⼀体になり、ワンハンドでお⾷事を完結できるスタイルが望まれている隠れ背景が⾒て取れます。それらを総合し、理想のおかずの組み合わせを考える際に、京都と⾔えば和⾷、和⾷と⾔えば煮物、煮物と⾔えばカレー、カレーといえば国際⽂化、国際⽂化と⾔えば京都・・・と、この上ないシンクロぶりで⼀択となるのが、カレーパンなのです。

[[[なぜ謎解きイベントなのか]]]
⼤丸京都店は、新時代でのさらなる⾶躍のために「未来を担う⼦供たち」への取り組みに積極的です。今回の「カレーパンマルシェ」の開催⾃体がそうなるのですが、「美味しいだけでなく楽しい思い出を作ってもらいたい、そんな思い出がいっぱい詰まった⼼に残る場所でありたい」とのさらなる願いから、家族いっしょに、⼼から「考える」謎解きイベントを併催するに⾄りました。たっぷり楽しく悩んだ後の、「カレーパン」はさらに刺激的。お客様のゴールデンウィークをより、濃厚に彩ってくれることでしょう。
各⽇30組(保護者同伴)・⼤丸京都店HPにて事前予約が必要となります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JCA >
  3. 7000個の厳選カレーパンがパンの都、京都にやってくる