専用ハウスカード「SDバリューカード」取り扱い開始

電子マネー導入で顧客との関係性を高めリピーター増を目指す

SDエンターテイメント株式会社(札幌市、代表取締役 河野正 JASDAQ4650)は4月1日より株式会社バリューデザインの提供するクラウド型電子マネー発行システム「バリューカードASPサービス」を導入する。「SDバリューカード」はSDエンターテイメントが運営するアミューズメント施設で使用が可能なポイント機能つきのハウスカード。
《SDバリューカード概要》

≪導入背景≫
いつもご利用いただいているお客様の利便性を高め、今まで以上にスガイディノスのファンになっていたけるよう、会員向けサービス内容の見直しを行うとともに販売促進機能を活用し、自社が運営する事業間の送客や来店頻度の向上を目的として導入。
年内にハウスプリペイドカード機能も実装し、使えば使うほど楽しくなるカードを目指します。

《バリューカードASPサービス概要》
「バリューカードASPサービス」はクラウド型電子マネー(プリペイドカード)発行システム。リチャージ可能なハウス電子マネーの発行、従来の紙商品券に代わるプリペイドカードの発行、販売促進ツールとしてのポイント発行など多目的なサービスを一元管理できるプラットフォーム。
 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDエンターテイメント >
  3. 専用ハウスカード「SDバリューカード」取り扱い開始