格安ホームセキュリティ「リーフィー」を提供するStrobo、セキュリティDX領域に進出するエルテス社と資本業務提携を締結

IoT活用の低価格ホームセキュリティ事業の立ち上げをサポートする警備会社向けプラットフォームを共同で展開し、ホームセキュリティ・セキュリティDXのさらなる普及を目指します。

 月額980円から始められる格安ホームセキュリティ「リーフィー」を提供する株式会社Strobo(本社: 東京都文京区、代表取締役: 業天亮人、以下Strobo)は、株式会社エルテス(本社:東京都千代田区、代表取締役:菅原貴弘、以下エルテス)、及び、エルテスの100%出資子会社である株式会社エルテスセキュリティインテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役:菅原 貴弘、以下ESI)と三者間での資本業務提携契約を締結したことを発表致します。
 本資本業務提携により、両社で警備会社のスマートセキュリティ事業の立ち上げをサポートするプラットフォームを展開し、ホームセキュリティ及び警備業界におけるセキュリティDXの普及を目指します。

 アプリとスマート防犯センサーを使った格安ホームセキュリティ「リーフィー」を提供するStroboは、2020年4月にESIと業務提携契約を締結し、リーフィーユーザーがアプリからESIの擁する警備員を呼び出すことができるサービスを都内23区と一部エリアに限定して展開して参りました。
 この度、従来の提携を発展させ、Stroboとエルテス、ESIは三者間で資本業務提携を締結することと致しました。

■ 提携の背景と目的
 エルテスは、2020年11月に、ESIによる株式会社アサヒ安全業務社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:鈴木一法 以下、「アサヒ安全業務社」)の全株式取得、完全子会社化を通じてセキュリティDX領域への本格進出を発表致しました。
 一方、Stroboは、インターネット連動の防犯センサーを開発し、アプリで自宅の状況を確認ができ、外出時にセンサーが異常を検知した際にスマホで通知を受け取ることができる格安ホームセキュリティサービス「リーフィー」を展開して参りました。

 初期費用0円からはじめられ、工事いらずという導入の手軽さから、これまでホームセキュリティの導入が難しかった賃貸アパートなどを含め、幅位広い世帯に普及しています。防犯だけでなく、離れて暮らす高齢のご家族の見守りといった用途でのご利用も増えています。

 リーフィーの普及やESIとの警備員呼び出しサービスの発表を機に、警備会社様からESI同様の取り組みなどについて多く問い合わせを頂いております。
 本資本業務提携の目的は、IoTを活用してホームセキュリティの普及を目指すStroboと警備業界のDXを推進するエルテスが共同することで、警備会社がテクノロジー投資などの初期投資の負担なくスマートセキュリティ事業を立ち上げられるプラットフォームを開発・展開し、警備会社のスマートセキュリティサービスの立ち上げを推進し、ひいては警備業界全体のDXへの寄与を目指すものです。

 このプラットフォームにより、警備会社様は自社が保有する警備リソースを活かして、新規の開発投資を行うことなく低価格ホームセキュリティを展開することが可能になります。
 Stroboとエルテスグループは、警備業界全体のスマートセキュリティ事業の立ち上げをサポートすることで、ホームセキュリティのさらなる普及と、警備業界のDXを推進します。

■ リーフィーについて

格安ホームセキュリティ「リーフィー」は、アプリとスマート防犯センサーを利用したホームセキュリティです。

【リーフィーの特徴】

  • スマホで申し込み完結、最短翌日から利用できる
  • 工事不要、5分で自分で簡単取り付け
  • あと付けで工具不要で自分で簡単に設置可能
  • 月額980円~の低価格
  • 14日間無料体験!いつでも違約金なしで解約OK

 これまでホームセキュリティは、導入時の工事や高額な月額費用があり、普及はオフィスや富裕層などに限られ、普及率は3%程度にとどまります。

 リーフィーは、「工事不要」、「リーズナブルな価格」でこれまで高級品だったホームセキュリティを大衆化し、ホームセキュリティ・安全な暮らしの普及を目指しています。

サービスサイト: https://leafee.me

【簡単導入】
 leafeeは工具・配線不要であと付けでも簡単にとりつけることができるため、これまでホームセキュリティを利用できなかった賃貸・一人暮らしの方でも簡単に導入することができます。

【スマホで窓の戸締りなど安全を確認】
 外出先でも窓や扉の開閉を確認。侵入者との鉢合わせを防ぎますleafee magが検知した開閉情報はスマートフォンに連動され、
 

・外出先から窓の開閉状態をチェック
・不審者の侵入を検知してスマホに通知


ができるようになります。
外出中に戸締まりが気になった際にすぐに確認ができ、侵入者の検知や、鉢合わせの防止などに利用できます。

【もしものときの防犯警報・通知機能】
警報音で侵入者を威嚇。警戒モード中にセンサーが反応した際にはゲートウェイ(スピーカー付きゲートウェイ)が警報音を鳴らし、侵入者を威嚇します。

【製品関連リンク】


■株式会社Stroboの概要
社名     :株式会社Strobo
代表者    :代表取締役 業天 亮人
所在地    :東京都文京区本郷4-1-3
創業     :2015年2月
事業概要   :家庭向けインターネット連動家電製品の開発・販売等

■株式会社エルテスセキュリティインテリジェンスの概要
社名     :株式会社エルテスセキュリティインテリジェンス
代表者    :代表取締役 菅原 貴弘
所在地    :東京都千代田区霞が関3-2-5
創業     :2017年8月22日
事業概要   :AIセキュリティ、警備業・警備コンサルティング、デジタル信用調査等

■株式会社エルテスの概要
社名     :株式会社エルテス
代表者    :代表取締役 菅原 貴弘
所在地    :東京都千代田区霞が関3-2-5
創業     :2004年4月28日
事業概要   :リスク検知に特化したビッグデータ解析によるソリューションの提供

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Strobo >
  3. 格安ホームセキュリティ「リーフィー」を提供するStrobo、セキュリティDX領域に進出するエルテス社と資本業務提携を締結