優れたキャンプ用品・サービスを表彰する「hinataアウトドア大賞 2021 」 テント部門は「ゼインアーツ オキトマ2」が受賞

アウトドアWEBマガジン「hinata」が5部門で年間大賞を発表

国内最大級のアウトドアWEBマガジン「hinata(ヒナタ)」 を運営するvivit株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:那須義生)は、その年に発表された優れたキャンプ用品・サービスを表彰する「hinataアウトドア大賞」を創設しました。機能やデザインの斬新性のほか、アウトドアの裾野拡大への貢献を評価し、テントや焚き火台などの5部門を決定。選定の理由とともに発表します。

「hinataアウトドア大賞」を創設

その年に輝いた商品・サービスを表彰


hinataアウトドア大賞は、hinataの読者やスタイリストの推薦、掲載した記事の反応、キャンプ業界での反響を加味しながら、編集部がその年に発表された商品・サービスを独自に選定する表彰です。キャンプでの実用的な機能性はもちろん、デザインや発想の斬新性、アウトドアファン拡大への貢献を評価して決定します。2021年が1回目となり、今後も年末に発表していく予定です。


 

◆第1回 「hinataアウトドア大賞 2021」を発表◆
表彰はテントや小物など5部門

 

●テント部門

ゼインアーツ(長野) の小型ツールームテント
【オキトマ2】


商品概要

キャンプでくつろぐ時間と睡眠を快適にできるようにした小型の1〜2人用テント。テント内で効率的に過ごせるように、前室(リビング)と寝室(インナーテント)の配置を縦分割に設計し、これまでに無い発想のテントを実現しました。フレームを組むだけで完全に自立するので、ペグが打ちにくいキャンプ場でも、石などの重しを使って柔軟に設営ができます。

選定理由
ツールームテントの室内をたてに分割して配置する斬新な発想で、快適、効率的に楽しめるソロ・デュオキャンプを提案している点を評価しました。キャンプ用品の価格が全体的に高くなっている中でも、洗練されたデザインとコストパフォーマンスの良さを両立。キャンプの裾野をさらに広げようとする心意気が感じられます。


詳細はこちら:ゼインアーツ公式サイト
https://zanearts.com/products/okitoma-2/

●キャンプ小物部門
SOTO(愛知) のテーブル用ガスランタン
【Hinoto(ヒノト)】

商品概要
炎のゆらぎを手軽に感じられるテーブル用のガスランタン。本体に取り付ける専用のガスタンクは、CB(カセットボンベ)缶とライターガス缶から直接、OD(アウトドア)缶は別売の専用アダプターで充填できます。OD缶単体での使用も可能です。外径38mmとキャンプ用のテーブルの上でも場所をとらないコンパクトな設計。オンとオフ、炎の調整が外周のリングでできるスマートな仕様になっています。

 

選定理由
テーブルランプ向きのガスランタンの勢力図が固定化していた中で、充填式のタンクとOD缶の両方を使えるようにした汎用性の高さはもちろん、スタイリッシュでコンパクトなデザインで、ランタンの新たな価値を創造しました。

詳細はこちら:SOTO公式サイト
http://www.shinfuji.co.jp/soto/products/sod-251/
 

●焚き火部門
トリパスプロダクツ(北海道)の組み立て式薪割り台
【ファイヤーサイドコックピット】

 

商品概要
ギアハンガーを兼ね備えた組み立て式の薪割り台。ブレードを山型にすることで、薪が頂上部に刺さって固定されます。頂上部のリングが薪を安定させ、子どもや初心者の女性でも手軽に薪割り体験が楽しめるようにしました。
使い終わったハンマーやグローブなどの焚き火周りのギアをかけられ、必要なものがすぐに手に取れる「焚き火のコックピット」のような役割を果たしてくれます。

選定理由
キャンプに関するありとあらゆるギアが発売されている中で、組み立て式の薪割り台という新ジャンルを開拓。ギアハンガーという付加価値をもたせた唯一無二の発想で、焚き火の新たな楽しみとともに、キャンプギアのさらなる発展の可能性を示しました。コアなキャンプ愛好者が「こんなのがほしかった」となんとなく思っていたことを具現化。金属系キャンプギアのリーディングブランドとしてのプライドが感じられました。


詳細はこちら:トリパスプロダクツ

https://tripathproducts-shop.jp/?pid=164297918

●ごはん・調理部門
Orange(オレンジ、和歌山)のアウトドア向け万能調味料
【アウトドア スパイス ほりにし プレミアム」(金のほりにし)】

 


商品概要
2019年の発売から、アウトドア向けの万能調味料の先駆け的な存在となった「アウトドアスパイス ほりにし」。辛口のレッドに続いてリリースしたのが、香りの良い「白トリュフソルト」をブレンドした「ほりにし プレミアム」(金のほりにし)です。テイスティングテストを繰り返し、構想から1年を経て完成した「究極のスパイス」。卵やチーズ、野菜と相性が良く、少量を振りかけるだけで、リッチな味わいが楽しめます。

選定理由
アウトドア用の万能調味料が数多く販売されている中でも、同分野を開拓した「ほりにし」ブランドを裏切らない、クオリティの高いスパイスに仕上げ、キャンプ愛好者に新たな感動を与えました。「ほりにし」シリーズを通して、キャンプ料理の時短化で、家族の団らんや、贅たくなおひとりさま時間を増やすことに貢献している点も加味しました。

詳細はこちら:
オレンジ公式オンラインショップ
https://www.shop-orange.info/c/gr1132/horinishi-023

●サービス部門
MOKKI(モッキ、東京)の会員制アウトドア森林フィールド

【MOKKI NO MORI(モッキノモリ)】

サービス概要
MOKKI NO MORI(モッキノモリ)は、東京都檜原村で2021年10月にオープンした会員制のアウトドア森林フィールド。林業事業者の生産林や山主が持て余していた山林の集合体(約45ヘクタール)を、プロの林業家が整備。源流部や広葉樹の雑木林など4つのフィールドで構成され、年会費を払えば何度でも無料で使えます。

選定理由

林業者の減少によって、全国的に難しくなっている森林の維持・管理。MOKKI NO MORIではアウトドア愛好者の会員にも手伝ってもらうことで、持続可能なモデルを示そうとしています。電源や温水洗浄便座のあるトイレなどがそろった利便性の高い環境でのキャンプが注目を集めるなか、自然の中に入るアウトドア本来の楽しさをあらためて提示。サービスは2021年10月に始まったばかりですが、アウトドアを通した地方創生の取り組みのモデルになる期待感も込めて選定しました。

詳細はこちら:MOKKI NO MORI公式サイト
https://mokki.jp/
 

 

◆受賞した商品・サービスの詳細と、ブランド・企業の開発エピソードとコメントは、アウトドアWEBマガジン「hinata」で2021年12月27日(月)から商品・サービスごとに順次連載します。
https://hinata.me/

【アウトドアメディアhinata】



アウトドアWEBマガジン「hinata」は2015年6月にスタート。キャンプを中心に、初心者から熟練キャンパーまで幅広いユーザーが楽しめる情報を配信。月間ユーザー約360万人、SNSフォロワー約30万人までに成長し、雑誌やウェブメディアの中でも多くのキャンプ好きに支持されています。

近年はカヌーや釣りなど、キャンプと組み合わせたアクティビティを積極的に発信。四季折々の自然や地域の魅力を発見できる、アウトドアの楽しみ方を提案しています。

アウトドアメディアhinata
https://hinata.me/






<会社概要>
vivit株式会社
事業内容:Webメディア/コンテンツの開発、運営、アウトドア用品のレンタル・販売、リユース事業
代表者:代表取締役 那須義生
所在地:〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-1-11 目黒東洋ビル 4階
設立:2014年1月
https://vivit.co.jp/

<本リリースに関するお問い合わせ先>
vivit株式会社(アウトドアメディアhinata)
電話:03-6416-5872
メール:partner@vivit.co.jp
担当:石田礼(ブランドマネージャー)
  1. プレスリリース >
  2. vivit株式会社 >
  3. 優れたキャンプ用品・サービスを表彰する「hinataアウトドア大賞 2021 」 テント部門は「ゼインアーツ オキトマ2」が受賞