82日間でのべ106,624世帯が参加、総節電効果は約32.9万kWh!「夏の電気バカンス大作戦2019」

~クールシェアで約182.6tのCO2削減効果も実現~

株式会社 東急パワーサプライ(以下、東急パワーサプライ)は、6月10日(月)から8月31日(土)までの82日間、電力ピークオフや外出によるクールシェアを促進する「夏の電気バカンス大作戦2019」(以下、本キャンペーン)を実施し、キャンペーン期間中のべ106,624世帯*1にクールシェアを体験いただきました。

 本キャンペーンは、夏の電力需要が高まる時期の日中や夕方の電力ピークオフを目的に、東急線沿線の方々が商業施設にお出かけして涼しく過ごすこと(=クールシェア)に対し、オトクな特典を用意して、家庭の電気を「お休み=バカンス」させる取り組みです。4回目となる2019年は、東急線沿線に多くの店舗を構える東急ストアと、本年3月より再生可能エネルギー100%による運行を開始した東急世田谷線をクールシェアスポットに設定しました。

 東急でんき&ガスにご加入いただいている全ての方に、東急ストア及びプレッセ全店舗で使えるクーポン券と東急世田谷線の一日乗車券をもれなくプレゼントしたほか、応募抽選で当たる参加体験型の特典についても、昨年ご好評をいただいた「農業収穫体験」に加え、普段なかなか見学することのできない地熱発電所の体験ツアーをご用意して、再生可能エネルギーについて学べる特典としました。

 この取り組みに、キャンペーン開催中の82日間でのべ106,624世帯が参加、約32.9万kWh*2相当の総節電効果、また、約182.6t*3相当のCO2削減効果を実現したと考えられます。

 東急パワーサプライでは、「新しい生活体験を、エネルギーとともに。」という企業スローガンの下、今後も東急線沿線の方々と一緒に、エネルギーと暮らしの新しい関係を考え、そして創り出してまいります。

*1算出方法:クーポン券および一日乗車券の使用枚数、参加体験型特典への参加人数より世帯数を算出
*2算出方法:0.6kW(時間当たり想定削減消費電力) × 5時間(お出かけ時間、一部特典は8時間)×のべ106,624世帯
時間当たり想定削減消費電力については、平成23年5月資源エネルギー庁家庭の節電対策メニューを参照
*3算出方法:約32.9万kWh(総節電効果)×0.555kg-CO2/kWh(2019年度の東急パワーサプライCO2排出係数計画値)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 東急パワーサプライ >
  3. 82日間でのべ106,624世帯が参加、総節電効果は約32.9万kWh!「夏の電気バカンス大作戦2019」